ニコッとタウン

無料ブログはココログ

空・雲

2017/01/04

初日の出

あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします。
 
今年は初めて「初日の出」を見に行きました。
 
Photo
 
長ーい長ーいエスカレーターに乗って、展望台へと向かいます。
 
 
Photo_2
 
東の空が徐々に暁に染まって行きます。
 
 
Photo_3
 
午前7時1分。和歌山県那智勝浦冲の日の出です。
 
穏やかな年でありますように。
 

2016/08/06

雷はなぜ光るのですか

8月5日の夕刻、大阪では凄まじい雷光が見えました。

市内に居た娘が「花火大会かと思った」というくらい、雷光の大連発でした。
 
Photo_15
 
Photo_16
 
ホワイトアウト!!
 
わたくし、雷光シャワーを写真に撮るということをやったことがありますが、何百枚と撮って写っていたのは1.2枚という過酷さだったので今回は動画をスクリーンショットしています。
 
 
雷はなぜ光るのでしょう。
 
鉄を熱すると赤く光るように、物質は熱せられると光る。雲の中を通った電流に触れた空気は高温になり、熱くなった空気が光る(学研サイト)
 
この時の温度が三万℃くらいあるそうで、光ると同時に高温になった空気が音速を超えて膨張したときの衝撃波が雷鳴。
 
 
Photo_18
 
Photo_19
 
 
Photo_20
クワガタムシの放電。
 
Photo_21
もういっちょ!
 
放電は雲のなかをむりやり通るので、ぐねぐね曲がるのだそうな。
 
 
 
Photo_23
助走。
 
Photo_24
走り幅跳び!
 
Photo_25
記録出ましたでしょうか。
 
 
 
Photo_26
 
 
Photo_27
 
 
Photo_28
三万℃の光。
 
 
 
 
 
21
 
 
小学生の頃は雷が怖くて、鳴りだすと押入れの中に隠れたりしたものです。
 
大人になると、観察したいという意欲の方が大きいです。
 
でも、雷は甚大な被害が出たりしますから、近くで雷が鳴りだしたら安全な場所に逃げるのが一番ですね。
 

2014/11/03

300メートルの高さから台風を見る

今年も台風が多い年でしたね~。


来年は控えて欲しいな、と思ってる矢先にまたまた台風が来てるみたい・・・。

10月に大阪に台風が接近中に、所要で出かけていたのですが、帰りにハルカス300にちょっと登ってみました。

何故か、というと、恐ろしいくらい大気が澄んでいるのに雲は様々な姿をして、押し寄せてくるのが見えたから。

そして、こんな天気なので待ち時間無しで登れたから~~。

Photo
 
六甲山の方角。

山の稜線はくっきりですが、その上に雲がのしかかっています。
 
 
Photo_2
 
生駒山脈の方角。                
 
こちらも、分厚い雲を後ろに控えさせて稜線をくっきり見せています。    
 
 
Photo_6
 
 
京都の方角。              
 
こちらはすでに、雨が降っているのが分かります。     
 
 
 
 Img_1139
 
大阪南部のあたりでも、雨柱が立っています。
 
 
この後、この雨は大阪市内にやってきて・・・。
 
 
Photo_4
 
雨が滝のように窓ガラスを伝って落ちて行ってます。

地上からは展望台は雲に隠れて見えていないのかも知れません。
 
 
Photo_5
 
そしてホワイトアウト。
 
展望台に上がって20分も経たないうちにこんな光景になりました。
 
 
 

2014/09/16

晴天の大粒の雨

9月11日の木曜日、昼下がり。

晴れていたと思っていたのに、窓の外で雨の音。
大粒の雨がばしゃばしゃと降り注ぐ。
Photo_5
レンズにも雨粒が。
 
 
 
Photo_6
雨上がりには天使の梯子。

2014/08/24

雨雲

大雨で広島や福知山に大きな被害が出ました。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。
行方が分からない方の一刻も早い救助を願います。
被災された方々が、少しでも早く平安な生活が戻ってくることをお祈りします。
 
まだまだ雨はやみそうにありません。
でも、雨が降って欲しいと願ってる地域もあるわけで、各地を平均に潤してくれる雨だったら良いのになあ、といつも思います。
 
 
日本で一番高いビルの「あべのハルカス」の上を雨雲が通過。
展望台の光を反射して、湯気が上がっているようにも見えました。
 
Photo_14

夏の夕暮れ

Photo

綺麗な夕焼けが見えたので、全景が見れるところまでカメラをもって走って行ったら、同じように写真を撮っている人が数名。

2014/08/17

雲に突入したくなった

というわけで、雲に覆われた六甲山に行ってきた。

六甲ケーブル下駅に行くと、山上は「視界0m」とある。                              
 
 
 
Photo_7
それはそれで趣があると思う。
六甲山ガーデンテラスにて。
時折激しい雨になったけれど、細かい氷の粒が肌にあたって気持ちいい。                                 
 
 
 
Photo_8                     花も幻想的に。
 
 
 
Photo_9  
イングリッシュガーデンも、いい雰囲気。
 
 
 
Photo_10                     霧中のケーブルカー。
 
 
下山したら、むっとした暑さに覆われてしまった。
夏は山が気持ちいいです。            
 

2014/07/08

空に文字

空に文字
キ?
台風が近づいている空。

2014/05/14

美保湾付近の空

皆生温泉の宿の部屋からは、夕陽と朝日をみる事が出来ました。

Photo
西に沈んだお日様が♪

 

 

Photo_2
東から昇る~~♪

それでいいのさ~♪

残念ながら、夜明け前に目を覚ませなかったです。
夜明け前からこの光景を見ながら、ドビュッシーの「海」の「海上の夜明け」を聞きたかったbearing ウォークマン持ってたのにねえ~。

 

Photo_3

空と海のハーモニー♪

 

Photo_4大山に向かう車の窓から、ハロが見れました。つまり今後天気が悪くなるということですね。でも、この日はお天気は持ちました。

 

Photo_5
大山の空。                                                 

 

Photo_6
翌日、ハロが予言したとおり雨模様でした。

大山のホテルから美保湾の上に覆いかぶさる雲が見えています。

 

2012/09/28

雷光と雷鳴

雷光と雷鳴、といえばヨハン・シュトラウスのポルカですね。

雷がピカッ、どっしゃーん!!と鳴っている筈なんですが、何故か楽しそうです。ポルカだもんね。

で、またまた写真に撮ってみました。夜の雷光。

空を這うように雷光が走ってましたので、獲れました。これが垂直だったら怖くて窓も開けられないです。

直前。

016

直後。

019

目で見た時は稲妻の形がはっきり見えていたのに、写真に撮るとハレーションを起こしていて、殆ど見えていません。

枝の部分だけがなんとか写ってます。

019_2

やっぱり、雷光のエネルギーって凄いんですね!これを電力に変換・・・┐(´-`)┌

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

すてきなブログ

お気に入りWEB

11月1日のはなし

  • Photo_7
    uluさんの童話に 絵を付けてみました。

お絵かき

  • 1a
    ウィンドウズのペイントで描いたお絵かきです。 拙い絵ばかりですが・・。

楽天トラベル

  • モーションウィジェット