ニコッとタウン

無料ブログはココログ

大和葛城山

2017/08/27

雨上がりの空

金曜日の夜半に雷雨があり、明けた土曜日の朝はちょっと曇り気味だけど、雨が埃を洗い流したように思えます。

 
そんな日は、大和葛城山に行ってみよう。
 
Photo_4
 
Photo  
 
Photo_3
 
あー、やっぱり空気が澄んでて良い景色。
 
ロープウェー乗り場にある頂上の情報は「視界良好」。
 
なかなかこんな日はないですよ。
 
Photo_5
 
初夏には山つつじのお客さんでいっぱいになる桟敷には誰も居ないので、一人でのんびりお昼のお弁当を食べていたら・・・。
 
Photo_6  
 
ボカッ。
 
帽子になにかぶつかった?
 
落ちてきたのはカミキリムシ。
 
ゴマダラカミキリムシかなあ?
 
 
Photo_7  
 
気を付けようね。 注意書きにもあるよ。
 
しばらくほっておいたらどこかに飛んでいきました。
 
Photo_8  
 
山頂は昆虫天国です。
 
バッタは歩くたび足元から羽ばたいて逃げて行きます。
 
Photo_9  
 
遊歩道はトンボのたまり場になってます。 
 
Photo_10
 
綺麗な空が見れて、満足まんぞく。
 
 
 
 
 

2016/08/28

晩夏の葛城山

夏が終わる前に、葛城山に登ってみました。

 
ロープウェーの山頂駅に着くと、気温は20度。
 
やっぱり山は涼しいです。
 
台風が近づいているので、雲が低かったのですが、山頂に着くと不思議な光景が目の前に。
 
 
Photo
 
逆さ雲海とでも言ったらいいのでしょうか?
 
雲の下に町が見えています。
 
でも、天気が悪いわけでもなく、雲の蓋が出来てるみたいでした。
 
登ってきた人たちは、一様に「面白いねー」と写真を撮られてました。
 
 
Photo_2
 
ベルのような小さい可愛い花が咲いていました。 
 
調べたら「ツリガネニンジン」の花だそうです。 
 

 
Photo_3  
 
赤い粒がたくさんついているような花。
 
これも調べたら「ミズヒキ(水引)」なのだそうです。
 
蕾で、咲いたら上(表)は赤、下(裏)は白の綺麗な花が咲くそうです。
 

 
Photo_4  
 
前日か早朝に雨が降ったのでしょうか。
 
張られた蜘蛛の巣に、水玉が乗っていて、これも素敵な光景だったので・・・。
 

 
 
Photo_5
 
もうすぐ黄金の波が見れる葛城山。
 
 
Photo_6
 
三か月前は赤一面の丘でした。
 
 
 
Photo_7
 
私は、ススキの波がゆれる葛城山の方が好きです。
 
今年も見れるかな。
 
 

2016/05/15

大和葛城山のつつじを見に

大和葛城山のつつじを見に行きました。

「一目百万本」と謳われる葛城山のつつじ。
 
楽しみだなあ!
 
 
Photo
 
近鉄阿部野橋駅に着くと、なんと臨時列車が停まっていました。
 
「葛城高原号」 9時30分発。
 
何時もは尺土駅で御所線に乗換えるのですが、この列車は御所駅まで直通です。 
 
乗り込むとき、「葛城山のロープウェーは現在30分待ちです」というアナウンスが。
 
到着時には何分待ちになっていることやら。 
 
10時7分、御所駅到着です。
 
早速ロープウェー乗り場行のバス乗り場に行くと・・・・。
 
Photo_2  
 
奈良交通の職員さんが数人待機していて、バスに乗る前に説明がありました。
 
①バスは増発しているが、道路が渋滞していてバスが停留所にいつ帰ってくるか分からない。
 
②渋滞のため、ロープウェー乗り場に1時間以上かかる可能性あり。
 
③歩いて行った方が早い場合もあります。
 
ん~~、じゃ、歩こうかしら! 
 
 
Photo_3
 
 
そう決めて、歩く前にトイレに行ってたらバスは来てたんですけどね(ノ∀`) アチャー
 
ロープウェー乗り場への道路は狭いので、バスも小型です。 
 
バスと徒歩と、どっちか早いか競争だあ。 
 
結構たくさんの人が歩いておられたので、道に迷うことはありませんでした。
 
 
Photo_4
 
櫛羅の交差点。
 
ここから登山道になります。
 
道幅が狭く、普段はすれ違う事のない路線バスの離合にも一苦労なため、バスはなかなか進んでいません。
 
Photo
 
途中、車道と別れて別の登山道へ登って行きます。
 
「葛城の道」というそうです。
 
金剛葛城両山一帯の扇状地に広がる古道で、全長約13km。
 
歩いた道は六地蔵と不動寺に繋がる道のようでした。 
 
車が走っていない道なので、歩きやすいです。
 
勾配はちょっとありましたけど・・・(*´д`*)ゼイゼイ
 
 
Photo_3
 
Photo_4
 
歩くって良いですね。
 
こんな道があることを知りましたから。 
 
 
1時間弱あるいて、やっとロープウェー乗り場に着きました。
 
バスには・・・勝ったと思うヽ(´▽`)/
 
待ち時間は・・・・ 
 
「1時間30分」
 
やっぱりね~~。
 
整理券を貰って、乗車券を買ったのですが、時間を確認すると家に帰る時間が4時を回りそう。
 
デイサービスの時間が気になるなあ。
 
家に電話したら、娘が居てくれたので任せることに。 
 
1時間30分待ってロープウェーに乗り、山頂駅からさらに15分歩いてやっと着きました。
 
Photo_5
 
つつじ百万本!!
 
ん・・・
 
ちょっと色褪せてるような・・・
 
ポスターでは真っ赤だったような。 
 
Photo_6
 
満開を過ぎてました。 
 
 
Photo_7
 
でも、綺麗でした。
 
大和葛城山はいつ来ても、その季節の顔を見せてくれる山です。
 
あー。一度でいいからロッジに泊まって、夕焼けと夜明けを見たいなあ。
 
 

2015/10/03

大和葛城山 ススキとパラグライダー

そろそろススキが見ごろかな?

大和葛城山に行ってきました。
 
 
Photo
 
 
Photo_2
 
銀の波です。
 
 
 
Photo_3
 
まだ最盛期ではないそうですが、十分美しいです。
ススキを見に登ってきた人々が思い思いにお弁当を広げていました。 
 
 
 
 
Photo_4
 
あれ? 何かが飛んでる?
 
 
 
Photo_5
 
あ!パラグライダー。
 
良い風が吹くまで待っている様子です。

トライしては、やりなおし・・・を何度かやってました。

いつの間にか集まったギャラリーにちょっと照れつつリトライするパラグライダーズ。
 
 
 
Photo_6
 
程よい向かい風をつかまえた!
 
 
 
Photo_7
 
あっというまに帆は舞い上がり、搭乗者はするするする~と斜面を這うように滑って行きます。
 
 
 
Photo_8
 
この場所は風の通り道なのか、結構強い風が吹いています。
 
その風をうまく捉えて空の中へ。
 
 
 
Photo_10
 
背中に大きな緩衝装備を背負っているとはいえ、見てるだけでも怖そうです。
 
 
 
Photo_11
 
ススキとパラグライダー。
 
風を捉えるのって、気持ちいいんでしょうね~。
 
 
 
 
 
 
Photo_14
 
大阪方面を見ると、あべのハルカスが見えています。
 
 
 
Photo_15
 
大阪に戻って、あべのハルカス展望台から見える大和葛城山。
 
 
 
あの空の上からはどんな風に見えてるんでしょうね~。
 
Photo_16
 
 
 
 
 
 

2014/10/05

美しすぎて降りられないの

10月最初の土曜日は、行き先が決められず、どうしよ?と思いつつ、近鉄の吉野線に乗っちゃってました。

行き方はもう覚えちゃった。
尺土駅で御所線に乗り換え、終点の御所駅から葛城山ロープウェイ乗り場行きバスに乗り換え、バス終点でロープウェイに乗り換えて、また行ってしまった葛城山。
ススキが見たいな~~と思ったので・・・。
 
 
Photo
 
ロープウェー山上駅から、頂上を目指して登りきると、素晴らしいススキの群生が。
 

 
Photo_2
 
この景色を見ながら、念願のお弁当(惣菜パンとお茶)を食べ・・・。
 
 
 
Photo_3
 
山頂にある、奈良方面の展望図を見ながら地形を確認し・・・。
 
 
 
Photo_4
 
 
今までぼんやり見えていた海は、尾鷲の海ではなく大阪湾であったことを初めて知り・・・(遠くに見えているのは和歌山方面)
 
 
 
 
Photo_7
 
 
連なる山々の稜線を眺め・・・・。
 
 
 
 
Photo_5
 
あとはただ、一面のススキに呆けて時間を忘れ・・・・。
 
 
 
Photo_6
 
Photo_8
 
 
Photo_9
 
春はつつじ、秋はススキ。東に奈良、西に大阪を一望。
葛城山は、国定公園にも指定されており、景色を楽しむことが出来る素晴らしい山です。
 
 
景色が素晴らしすぎて、山を下りるのをずるずる伸ばしていたら、1時間に1本の御所駅行のバスに乗り遅れてしまいました。
 
1時間待つのなら、駅まで歩いてしまえ~~~!
ロープウェーのチケット売り場の方に、駅までの地図ありますか?と尋ねると、お忙しいのに探して出していただきました。ありがとう!
 
Photo_10
 
ほぼ真っ直ぐ行けば駅に行く見たいです。
 
 
Photo_11
 
下りの道から見える大和三山。
 
 
Photo_12     
 
周りの景色を楽しみつつ、駅までテクテク。        
 
 
夫には少し帰るのが遅くなる、と連絡入れましたが、姑が帰ってくる数分前に帰宅出来たので、セーフ!!(という事にしておいてcoldsweats01
翌日、下りの道で普段使わない筋肉を使ったのか、お尻のあたりの筋肉が痛いですけどね~~。                                        
 
奈良、和歌山方面に台風が近づいているそうです。
被害が出ないことを祈ります。

2014/08/24

山の天気は変わりやすいのよ

以前、つつじ群生でごった返していた葛城山に、再度訪れてみました。

近鉄阿倍野橋駅から南大阪線で尺土駅で御所線に乗り換え。
 

Photo_2

田んぼに囲まれた尺土駅ホーム。
稲の汗臭い匂いと、イチジクの匂いが懐かしい。
駅の側で農作業しているおじさんたちがお元気そうでなにより。
 
 
Photo_3

尺土駅と御所駅を往来する2両編成のワンマンカー。
発車時刻まで引き込み線で待機していたのが入線してきました。
 
 
 
 
Photo_4

御所駅。
葛城山ロープウェー乗り場までのバスは、40分待ち。
その間に、義母がディサービスから帰ってくるまでに帰宅出来るダイヤをチェック。
 
 
Okitakunn

普通車でも離合するのがやっとの道を、そこのけそこのけマイクロバスが通る。
土地の皆さん、結構バスに道を譲ってくれている。
 
 
 
Photo_5

ロープウェー乗り場のバス乗降場。
可愛いバスです。                                 
 
 
 
 
Photo_6                  

大和三山、一望で~すnote
 
 
 
 
Photo_7                   

葛城山山頂付近です。
大台ケ原の方角ですかね~。
山が連なっているのを見るのは好きです。
トンボやバッタがいっぱい、親子連れの小さな子供たちは虫取りに夢中です。
私は、景色が良く見えるところに腰を下ろして、持ってきたパンと缶コーヒーでお昼にしようと思っていたら。
ごろごろごろ・・・・・・・・。
 
 
Photo_8

雷鳴を伴って、尾鷲あたりから雲が押し寄せてきます。
虫取りの親子連れは急いで逃げていきます。
私も逃げなきゃ~。
近くに葛城高原ロッジがあったので、そこで雷避けをお願いしたら、どうぞ、空いてる席に座ってください、と食堂にいれてもらえました。
 
 
 
Photo_9                   

雨だけなら、傘をさして散歩出来るんですが、雷は怖い。
ちょうどお昼だったので、むぎとろ定食、頂きました。美味しかった~。
 
 
 
Photo_10                  

食べ終わったころ、雷鳴も収まったようなので、傘をさしてロープウェー乗り場まで急ぎます。
だいたい何なのよ、この天気。
私は、雲と山を見ながら、コンビニで買ったパンを食べる予定だったのに。
雷さえなければ、こんな天気もいいけどさ。
むぎとろも美味しかったけどさ・・・・。
 
 
 
Photo_11                   

またまた雷鳴が聞こえたので、展望台を兼ねた食堂の軒先に避難。
も~~。怖いんだから。
周りにも、避難している人たちがちらほら。
 
 
 
 
Photo_12                   

ロープウェイが動いていて良かった。
すぐに下山。
でも、その間に天気は瞬く間に回復し・・・・。
 
 
 
Photo_13     

すっきり。
なんか悔しい。
次こそ、山頂でお弁当食べてやる~~。
 
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

すてきなブログ

お気に入りWEB

11月1日のはなし

  • Photo_7
    uluさんの童話に 絵を付けてみました。

お絵かき

  • 1a
    ウィンドウズのペイントで描いたお絵かきです。 拙い絵ばかりですが・・。

楽天トラベル

  • モーションウィジェット