ニコッとタウン

無料ブログはココログ

ハルカス300

2016/09/23

雲上のふすま絵

関西マーチングコンテストの帰り、天王寺に立ち寄ったのでハルカス展望台に登ってみました。

 
Photo_2  
 
雲が低く四方に広がっておりました。
 
京都方面は雲の波に覆われてしまっています。 
 
 
 
Photo_3  
 
六甲山も雲のベールに隠されていました。
 
 
 
Photo_4  

大阪市内も、ビルの上を低い雲が流れています。 
 
 
Photo_5  
 
ハルカス展望台の窓。
 
なんとなく、ふすま絵のように見えませんか?

2016/07/20

夕暮れ写真

昨年9月のお彼岸の頃、あべのハルカスの展望台「ハルカス300」から撮った夕暮れの写真。

水都大阪の港湾に反射する夕陽が綺麗だったので撮ったものです。
 
Photo
 
その年の年末に、ハルカス300から撮った写真のコンテスト、という公募イベントがあり、この写真を応募しました。
 
その他にも夜部門、昼部門、雨の日部門があり、それぞれ応募しましたがいずれも入賞にはならず。
 
分かってましたけど・・・・。
 
懸賞品のUSJの年間パス、欲しかったなっcoldsweats01(図々しいヤツ┐(´д`)┌ヤレヤレ)
 
 
 。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚
 
さて、それから半年以上過ぎ・・・・。
 
 
先日ハルカス300に昇ろうとエントランスを通り過ぎるときにふと、そこに展示された写真パネルに目が留まりました。
 
白いパネルにはA3位のサイズの写真が十数枚貼られてありましたが、その中の一枚に見覚えが?
 
Photo_2
 
え??
 
えええええ?
 
もしかして・・・
 
取りあえず、写真に撮って、家に帰って確認したら、ほぼ同じ写真。
 
入賞以外の写真は、随時展示しますとコンテスト応募要項にありましたが、そんなのすっかり忘れてましたよ。
 
同じかな?でも違うかも・・・でも、気になるな・・・
 
数日後、再びハルカスを訪れ、展望台エントランスの係りの方にこの写真の撮影者は分かりますか?とたずねてみますと、お忙しいのに誠実に対応して頂き、分かり次第電話でご連絡します、と仰っていただきました。
 
迷惑な客ですねーsadsweat02
 
 
で、翌日に回答を頂き、私の写真であることが確認できました。
 
いやー・・・嬉しいですね!!!
 
 
旦那様、夕飯時に出かけさせてもらってありがとう!ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…
 
 
 
Photo
 
先日の写真。昔あった「○曜ロードショー」のタイトル映像みたいな景色だな、と思いつつパシャ。
 
 
これからは夕焼けが綺麗な季節です。うふふふふふふふψ(`∇´)ψ
 
 
 

2015/11/15

大きなのっぽの日時計

10月の終わりごろ、夕焼けを見にハルカス展望台に上がりました。

日が西の六甲山の方にかなり傾いたころ・・・。
 

Photo
 
東の生駒山地の方角には、ハルカスの大きな影。
 
大きな日時計の様に見えます。
 
 
Photo_2
 
日時計の先が生駒山地の麓に届きそうになる頃・・・。
 
 
Photo_3
 
六甲山の向こうへ、太陽が落ちていきました。
 
 
Photo_4
 
真っ赤な夕焼けも美しいですが、私は日が落ちた後の残照が好き。
 
 
Photo_5  
 
夕焼け時には多くのお客さんが西の窓に集まって、日が落ちるのを見ています。
 
朝陽も見てみたいですが、それを見れるのは、ハルカス上層階にあるマリオットホテルに泊まったお客さんと、そこで働いておられる方たちだけですね。

2015/09/18

ハルカス300 夜のヘリポートツアー

dangerヘリポートツアー、営業再開しましたが、1名での参加は出来なくなりました。2名以上で参加できます。

Pass01

年間フリーパスを手に入れた! という事で何度も足を運んでるあべのハルカス展望台。
 
夜に行くことが多いのですが、たまたまその日最終のヘリポートツアーの受付が行われていたので、さっそく申し込みました(一人なのに・・・周りはほぼグループ、カップル)
 
今回の参加時間は夜8時~8時半の30分間。定員は30名、参加費は500円。
 
移動時間や注意事項の伝達等で、実際にヘリポートの上に居られる時間は15分程度。
 
集合時間が来て、さっそく屋上のヘリポートへと狭い階段を上って移動します。
 
 
Photo
 
案内人は、女性スタッフが2名。
 
屋上にも男性警備員が1名います。
 
ヘリポートに上がる際には、手荷物はショルダーバックのみ、他の荷物はロッカーに預けます。
 
カメラは持ち込みOKですが、外壁フェンス際での撮影は禁止、フェンスから1mほど内側のラインからの撮影のみOKとなります。
 
ただし、記念撮影等で撮影対象者がフェンスに近寄るのはOK。
 
ヘリポートの上に上がり、注意事項を伝えられたあとは自由に動くことが出来ます。
 
 
Photo_9
 
ヘリポートへの出入り口。
 
 
Photo_2
 
夜の大阪のまち。
 
 
 
Photo_3
 
展望台から見る景色とさほど変わりはないですけど、こんな街のど真ん中で、300メートル上空の空気に直に触れている実感は、なかなか味わえないです。
 
 
Photo_4
 
女性スタッフと警備員が見守る中、皆思い思いの方向を見ています。参加者はスタッフに、京都タワーはどこ?明石大橋は?と、いろいろ聞いています。私も教えてもらいました。
 
 
Photo_7
 
赤く光る高いビルの後ろにうっすらと見える明石大橋のケーブル。
 
 
Photo_8
 
中央、遠く泉州沖に浮かんで見える関西空港。
 
 
 
 
Photo_5
 
終盤、出入り口以外の照明を消して、夜の景色がより一層見えるようにしてくれます。
 
Photo_10
 
この日は夏の暑さも過ぎ、少し涼しいくらいでしたが、真夏の日中、ここは45℃にもなる灼熱地獄だったそうな。
 
 
Photo_6
 
この高さに建造物があるよ、と点滅するライト(航空障害灯というのだそうです)はこんな形をしていたのね~。
 
 
すごく気持ち良かったです!
 
 
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

すてきなブログ

お気に入りWEB

11月1日のはなし

  • Photo_7
    uluさんの童話に 絵を付けてみました。

お絵かき

  • 1a
    ウィンドウズのペイントで描いたお絵かきです。 拙い絵ばかりですが・・。

楽天トラベル

  • モーションウィジェット