ニコッとタウン

無料ブログはココログ

古典コテン

2008/02/14

オリジナルってどんなの

日本人に限らないとは思うけれど、やっぱり日本人は自分風カスタマイズが好きな国民性だと思います。

土木技術、芸術を輸入しても、自分風に変えてしまう。その性格が今の技術大国を育んでいるのかも・・と、それはさて置き。

昔から残る文学。「古事記」とか歴史モノは横に置いといて(そればっかりですが)「竹取物語」とか、「御伽草子」とか大いに想像力をかきたてられるモノなどは、印刷技術がまだ未熟な時代、書き写つして保存するのが主流だったのですが・・。

例えばですね、「竹取物語」。

竹取の翁の所の姫君に五人の求婚者が現れます。月の姫君は地上の人間と契れないので、難題吹っ掛けて過激にお断りするのですが。

もしかして、求婚者は一人だったかも知れない。Photo

これを書き写した人が、もう一人いても良いんじゃない?と二人目を創造して書き込んだ。

これを書き写した人がもう一人増えたほうが面白いんじゃない?と三人目を書き込んだ以下省略して、五人になっちゃった・・・なんてことがあったんじゃないかな~と思うわけですよ。

Photo_2

婚約成立必須アイテムも当然増えていきますね。

古今東西どこ探してもありえね~アイテムを探し求める冒険談も追加出来るわけで、書き写す楽しさ倍増!になったのかも・・・あくまで想像ですよ~。

最初から五人そろってたら、オリジナルの作者さん御免なさい。

2008/02/07

女王とカリスマ?

ブルーデージーさんの提案で、アクセス解析にてどのキーワードでここにきて貰っているか、調べてみました。

「星すば(アンさんから頂きました)」で今話題沸騰中の「大根」は、実は殆どありませんでした!!がが~ん!!

多かったのは「すばる」と「清少納言」

今年、著名な文化人さんらが「源氏物語1000年紀」を掲げて色々イベントがあるみたいですね。

でも源氏よりも早くに世に出た「枕草子」にはそんなイベントあったかな~?って感じですが、戦前までは清少納言は男の鼻っ面を折るとかで男性学者にはあんまり評判良くなかったらしくて、現在でもそう思われているのかも。

でも、田辺聖子の「むかしあけぼの」を読むと、清少納言のイメージ、ちょっと変わります。

Photo_2 子供達と源氏物語と枕草子について話してたときに、「枕草子」は日記というか思いついたこと色々書き留めてるみたいなので、現代ならさしずめ、

ブログの女王。

「源氏物語」はある程度書けると、恐らく宮中で回覧したであろうということから、

同人誌のカリスマ

という素人の浅はかな想像を親子でぶっちゃけておりました。

両作とも宮中で回覧されてたとは思いますが、ニュアンス的に、という事で。

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

すてきなブログ

お気に入りWEB

11月1日のはなし

  • Photo_7
    uluさんの童話に 絵を付けてみました。

お絵かき

  • 1a
    ウィンドウズのペイントで描いたお絵かきです。 拙い絵ばかりですが・・。

楽天トラベル

  • モーションウィジェット