ニコッとタウン

無料ブログはココログ

« 何の話してるのかな | トップページ | 風の力 »

2017/06/03

はまかぜに乗って竹田城址を歩く

田んぼが見たいな~、

綺麗な景色も見たいな~~、
 
朝起きて、今日のお出かけどこにしよう???と迷っていましたが・・・。
 
『そうだ 竹田城へ行こう』 
 
竹田城址は、兵庫県の、どちらかといえば日本海に近いところにありますので、夫には今日は帰るの遅くなるけど、ごめんね。とだけ伝えて、家を飛び出しました。 
 
携帯で検索すると、朝9時38分大阪発の特急「はまかぜ1号」が竹田駅に停車するらしく、ダッシュで大阪駅に向かいました。 
 
うーん、これってもう散歩じゃないですね。旅ですねー。
 
 
Photo
 
特急「はまかぜ」は季節限定で竹田駅に停車するそうです。
 
良い季節で良かったnote
 
乗ってから気が付いたのですが、「はまかぜ」は気動車でした。
 
なんて良い音なんだろう・・・。
 
音にうっとり 景色にうっとり 乗り心地にうっとり。
 
大阪から姫路を経由して播但線の竹田駅で下車。
 
乗り換えがないってステキ。
 
すごく混んでるのを予想していましたが、駅で降りられた方は十数名程でした。
 
駅の案内所で登山道及び城址には自動販売機は一切ないので、駅前で準備して行って下さい、と教えてもらいました。
 
お昼前だったので、駅前にある可愛いパン屋さんでパンも買い、いざ、登城。
 
 
Photo_2
 
竹田城に向かう道は「駅裏登山道」と「表米神社登山道」があり、「駅裏登山道」で城に向かう事にします。 
 
Photo_3
 
登山道入り口に「登城の心得」という立て看板が。
 
片道40分、距離700メートル。
 
気を引き締めて、いざ。
 
Photo_5
 
わー、お城の登城道って感じー(この時はまだ余裕)
 
 
Photo_6  
 
わー、なんか石段の道があるよー(すこしゼイゼイ)
 
 
Photo_7
 
わー・・・あはは・・・  ゼイゼイ・・・
 
 
Photo_8
 
もう階段ちゃうし!!ゼーゼーゼー・・・・
 
 
そうだった、ここは登山道だった・・・。
 
山城の道を実感できる登山道です。 
 
Photo_9
 
途中、何度も休憩をし、その時に木々にいろんな札が付けてあるのに気が付きました。
 
秋には赤い実がつくの?へえ・・・どれどれ。
 
Photo_10  
 
あら、ホントに小さな実がなってるよ。
 
Photo_11  
 
100メートル毎にあと何メートルと表示してくれてあり、疲れがちょっと和らぎますね。 
 
Photo_12
 
とうちゃこー!!(違う)
 
入城料500円でいよいよ山城「竹田城址」へ。
 
 
Photo_13
 
Photo_14
 
Photo_15
 
Photo_16  
 
竹田城址は、私の拙い写真では伝えられません。
 
実際に足を運んで、絶妙に積み上げられた石垣と、その上に残された空地と、吹き渡る風と、そして周りの景色を見て、自分なりの感慨を抱く場所だと思います。
 
何故石垣だけになったのか。
 
現地ボランティアさんが大勢おられて、親切に詳しく説明して下さいますので、その説明を聞きながら、城跡を見てみて下さい。
 
 
Photo_17
 
周辺の景色も絶景です。
 
Photo_18
 
たんぼがパッチワークheart02 
 
Photo_19  
 
下山の道は舗装された「南登山道」で帰ります。
 
城を出てすぐの所に「スタッフ駐車場」という所があり、そこでトイレ、自動販売機が利用できます。 
 
南登山道、きれいに舗装されていますが、車はタクシー以外通りません。
 
Photo_20
 
南登山道の入り口には車両通行禁止の看板が。
 
竹田城址への車でのアクセスは、城の北西約2キロの所にある「山城の郷」の駐車場のみ。そこからほぼ徒歩で城に向かうらしいです。
 
皆さん、そこから殆ど歩いて来られてたみたいですね。
 
 
午後3時頃に駅に着いたら、もうすぐ大阪行の「はまかぜ」が到着するって。
 
帰りも「はまかぜ」に乗れちゃったー!
 
ほぼ爆睡してましたけどねnightオヤスミナサイ。
 

« 何の話してるのかな | トップページ | 風の力 »

きょうはどこまで?」カテゴリの記事

コメント

ようこそ竹田城跡へ。happy01
数年前までは殆ど人が訪れるような場所ではなくて
当然入山料が要る訳でもなく、
石垣のすぐ下まで車で行くことが出来たので、
よく城跡に登っていましたが、大勢の観光客が来られるようになり、
有料化になってからは「年間パスポート」は毎年購入しているのですが
一度も登ったことがありません。
以前からみると、すっかり様変わりした城跡ですが、
こうやって最近のお写真を拝見すると、
またぶらりと登ってみようかなぁ... と思います。
ありがとうございました。
また但馬にお越しくださいませ。

但馬の風さんへ

登ってみて、城内の道が全てラバー素材のようなもので覆われているのを見て、随分と踏み荒らされたのかしら・・・と思いました。
徳川時代以降、「忘れ去られた城」だったとボランティアの方が仰っておられました。
でも、知っている方は行かれてたという事ですね。
本当にお城から見る景色は素晴らしかったです!!!
数年前までは石垣の傍まで車で行けたんですね。
奈良の石舞台古墳も、学生の頃行ったときは石積みの中に入って見れましたが今は遠くから見るだけだそうな。

播但線にも一度乗りたかったので、乗れてよかったです。
車窓の景色にずっと見とれておりました。
以前、豊岡の円山川沿いで泊まったことがありますが、翌朝の、朝霧の美しさに魅入られました。
その時はゆっくりできなかったので、次こそはあの朝霧の中を歩いてみたいと思っております。
コメント、ありがとうございました!

ナニワ さま
 失礼、間違えました...
竹田城跡、有料になってから一度だけ登りました。
実は私、有料化になって入山者第一号なのです。
あの時以来、山城の郷には時々行きますが
城跡までは登っていません。
100万人目の入山者には記念品があったみたいで
新聞に出ていましたが、一番目は何も貰えませんでしたねぇ...coldsweats01
また一度、暇をみて登ってみたいと思います。happy01

但馬の風さまへ

ええええ~~。
第1号だったのですか!!
私が登った時、案内される方がたくさん居られましたが、その方たちが拍手でお迎えして下さったとか・・・???
百万人はあるのに、第一号にはなにもなかった、というのもちょっと淋しいですね
crying
山城の郷には、夫が車で連れて行ってくれましたが、朝早すぎてなにも開いておらず、開城の10時を待たずして下山しました。
何度も行かれるほど、山城の郷も良い処なんでしょうね!
また行ってみたい場所です。

竹田城は一度は行きたいですが、大変そうですねpencil

入場料ならぬ入城料が必要なのですか。

名物の「雲海」が見られるのは「運かい」・・・

ヴォルフィーさまへ

お返事遅くなってごめんなさいー!!
竹田城の雲海、運でしょうねー。
但馬の風さまが書いて下さってますが、以前は無料だったみたいですが、大勢のお客さんが来られるようになって、地面が荒れて補修したりされてまし、いろいろ出費があるんでしょうね。
でも、素晴らしい景色でした。

再度 ヴォルフィーさまへ

竹田城址、私は駅から歩きましたが、駅からバスが出ていて「山城の郷」という大きな駐車場まで連れて行ってくれますし、乗用車もそこまでいけます。
そこから少し歩くみたいです。
ただ、駅から歩くことを思えば坂道もそれほどきつくない(と思う)し、一度訪ねてみて下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36312/65365827

この記事へのトラックバック一覧です: はまかぜに乗って竹田城址を歩く:

« 何の話してるのかな | トップページ | 風の力 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

すてきなブログ

お気に入りWEB

11月1日のはなし

  • Photo_7
    uluさんの童話に 絵を付けてみました。

お絵かき

  • 1a
    ウィンドウズのペイントで描いたお絵かきです。 拙い絵ばかりですが・・。

楽天トラベル

  • モーションウィジェット