ニコッとタウン

無料ブログはココログ

« 米寿電車に乗っちゃった | トップページ | 真冬の蜘蛛 »

2016/01/15

頭の中にピアノが鳴り響く

大阪フィルハーモニーのメイト会員になって3年。

1月の最初に開催される新春名曲コンサートの招待券を毎年送ってもらっていたのですが、今年ようやく参加することが出来ました。
 
開園1時間前から、座席チケット交換のために並んだ場所で、後ろに並んだ方とコンサート談話で盛り上がったりして、けっこう楽しい時間を過ごせました。
 
演目は、有名どころの音楽が並んでいて、2曲目にチャイコフスキーの「ピアノ協奏曲第1番、第一楽章」が入っておりました。
 
この曲には思い出があり、30年近く前、同じ曲をピアノ演奏者と指揮者は忘れましたが、N響で、コンマスは徳永二男氏でチケットを取っていたのです。
 
でも、急用ができ、泣く泣くチケットを手放して、それ以後生演奏を聴く機会もなく今日に至ってます。
 
生で聴くチャイコのピアノ協奏曲は、どんなのかしらん・・・ワクワクワクhappy01
 
演目は・・・
<曲目>
デュカス/バレエ音楽「ラ・ペリ」より ファンファーレ
チャイコフスキー/ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調より 第1楽章
オッフェンバック/喜歌劇「天国と地獄」序曲
ワーグナー/歌劇「タンホイザー」より “歌の殿堂をたたえよう”
モーツァルト/モテット「踊れ、喜べ、汝さいわいなる魂よ」より アレルヤ
プッチーニ/歌劇「マノン・レスコー」より “見たこともない美人”
レハール/歌劇「メリー・ウィドウ」より ヴィリヤの歌
レオンカヴァッロ/歌劇「道化師」より “衣裳をつけろ”
ヴォルフ=フェラーリ/歌劇「マドンナの宝石」間奏曲
バーンスタイン/映画「ウエストサイド物語」より “トゥナイト”
エルガー/行進曲「威風堂々」第1番
 
 
指揮は『お父さんにしたい指揮者№1』(ホントですか?)円光寺雅彦氏。
 
コンマスは崔文洙さん。崔(チェ)さん、今は主席客演なのねー。この方の音は大好きです。
 
チェロに近藤さんの姿がないな・・今日は来てないのね。
 
ピアノは十九歳のうら若き女性、松田華音さん。
 
4歳からピアノを弾いて、小学生でロシアに留学。すごいですね!
 
演奏が始まってあれ?と思ったのは、ピアノの音が少し小さいかな?と思った事。
 
お隣の方とも、これからの人なのねーとかお話していました。
 
しかし・・・
 
コンサートが終わってからも、数日絶ってからも、頭の中で鳴り響くのはあのピアノ協奏曲。
 
私は普段、この曲を聴いていなくて、コンサートで久しぶりに聴いたのですが、細かい部分まで頭の中でピアノと管弦楽が聞こえてきます。
 
これが華音さんの実力なのかっ!
 
これからの松田華音さんの活躍に注目ですね~。
 
 
 
他の演目ももちろん素晴らしくて、第一曲目の「ラ・ペリ」の『ファンファーレ』は富田勲氏のアルバム「BACK TO THE EARTH」の『ファン・ファーレ』の曲だったのか、と。
 
出だしいきなりのトランペット、緊張するんでしょうねー・・
 
 
このコンサートは大フィル合唱団も参加しており、「威風堂々」の合唱付きなんてのは、なかなか生で聴く機会も少ないのでは、と思います。
 
 
3曲目、「天国と地獄」の『序曲』をフルで。
 
前半は、甘い素敵な音色を奏でるヴァイオリンが後半リズムだけの無駄遣いされている(いや、無駄ではないのですが、とても贅沢な、というか・・・)ギャップが楽しめる曲ですね。
 
 
市原愛さんのソプラノ、福井敬さんのテノールも素晴らしかった!
 
お二人はアンコールにも加わり、「乾杯の歌」を二人の独唱で。
 
そして締めくくりは、ラデツキー行進曲。
 
「観客手拍子可」のウィーン新年コンサートでもお馴染みの曲ですね。
 
楽しかったです!
 
来年も行けたら行きたいなー。
 

« 米寿電車に乗っちゃった | トップページ | 真冬の蜘蛛 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
あっという間に1月も10日余りとなりましたね。

コンサートを楽しまれて何よりでした。
曲目もポピュラーなものが多くて安心?して
聴けますね。
notesピアノが頭の中に残っているのは
それだけ素晴らしい演奏だった事と思います。
生は一番いいですね。
私は外出もままならずになってコンサートからも
遠のいております。

楽しいコンサートだったようですね。
大フィルは残念ながら生を聴いたことがありません。
円光寺氏も一回だけかな?顔を思い出しませんsad

新春コンサートはウィンナワルタだけだと飽きるので、このようにピアノあり、歌ありの方が楽しめますね。それに「威風堂々」の合唱付きなんて滅多に聴けません。
チャイコの1番も第1楽章だけ、というのもいいですね。

大フィルもなかなかやりますね。

マコママさんへ

こんばんは!
寒さが一層増してきましたね。
お返事遅くなってごめんなさい。

コンサート、知ってる曲だとメロディ追えるので、気軽に聞けますね。
知らない曲でも、あら、素敵なメロディheart01こんな曲もあったのねnoteと、嬉しくなります。

ピアノの表現力ってすごいなって思いました。
華音さんというお名前は、お母さまが付けられたらしいですが、音楽は関係なくて、ただかのん、という音が良いと思ったからだそうです。

名の如く華やかな音で魅了させてくれた松田華音さん、これからますます頑張って欲しいですね。
 
 
  
ヴォルフィーさんへ

こんばんは!
毎朝、布団から出るのが辛い毎日になりました。
 
大フィルのメイト会員ですので、たまに聞きに行きます。
でも、毎回趣向が凝らされているし、指揮者も演出をいろいろ考えてくれているので、楽しめるコンサートをよくやってくれます。
ただし、定期演奏会は行ったことがないんですよ。
 
新春コンサート、初めて行きましたが、こんなにもバラエティ豊かだとは思いませんでした。
威風堂々は合唱があったほうが断然良いですよね。
アンコールまでいろいろやってくれましたから、とても楽しかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36312/63070650

この記事へのトラックバック一覧です: 頭の中にピアノが鳴り響く:

« 米寿電車に乗っちゃった | トップページ | 真冬の蜘蛛 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

すてきなブログ

お気に入りWEB

11月1日のはなし

  • Photo_7
    uluさんの童話に 絵を付けてみました。

お絵かき

  • 1a
    ウィンドウズのペイントで描いたお絵かきです。 拙い絵ばかりですが・・。

楽天トラベル

  • モーションウィジェット