ニコッとタウン

無料ブログはココログ

« 大和葛城山 ススキとパラグライダー | トップページ | 四国徳島 恐怖の登り道の宿 »

2015/10/14

四国徳島 漁港の宿 

10月の連休、義母を連れて四国徳島に行きたい!!と夫がいうので、宿サイトで空き室を探します。

最優先すべきは「釣りがしやすい宿」で、海岸沿いの宿。
 
「2階から釣りが出来る宿」というキャッチフレーズのお宿に空室が残っていたのでチェック。
 
お宿の名は民宿「くすみ」さん。
 
鳴門海峡に近い「堂浦」と呼ばれる湾内の漁港のすぐそばに建っています。
 
堂浦は夫が息子を連れてよく釣りに行く場所だったようです。
 
昼の2時過ぎに着いたのですが、快くお部屋に通してもらいました。
 
 
 
窓の下はすぐ海。
 
釣り糸も垂らせそうです。
 
さっそく前に見えている堤防で夫と娘(急きょ参加表明)が釣りをしてました。
 
釣果は小さなべらが3匹。
 
義母と息子(急きょ参加表明)は部屋でのんびり寝てました。 
 
 

Photo_2
 
人通りも少ない、静かな漁村でしたdownwardleftココ重要!!
 
晩御飯は、新鮮なお魚が並び、徳島では「ぼうぜ」と呼ばれる大きなうおぜの付け焼きが美味しかったですね。
 
夜半、目が覚めて海を見るとなにやらぶちぶちという音が聞こえてきます。
 

Photo_8
 
Photo_9
 
数万はいるかと思えるほどの小魚が、水面に溢れんばかりに群れています。明かりに集まってきたプランクトンを食べに来たのでしょうか。
 
ここは本当に豊かな漁場なんだなあ。
 
その小魚が集まってきた頃、港の方から今度はざわざわと音が聞こえてきました。 
 

 
Photo_10
 
あの静かだった港町が、一気に繁華街になってます。
 
 
 
Photo_11
 
車が次々と狭い漁港に入ってきたかと思うと、数万と思える(うそです)人々が、釣り道具をどしどしと船に積んで乗り込みます。
 
 

 
Photo
 
準備の出来た船から、次々と出航していきます。
 
 

 
Photo_3  
 
夜も明けるころ、あのぶちぶち言っていた数万の魚の群れも、ざわざわ言っていた釣り人の群れもいなくなり、静かな漁村に戻っていました。
 
漁港に泊まるって面白いです。
 
 

« 大和葛城山 ススキとパラグライダー | トップページ | 四国徳島 恐怖の登り道の宿 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36312/62470419

この記事へのトラックバック一覧です: 四国徳島 漁港の宿 :

« 大和葛城山 ススキとパラグライダー | トップページ | 四国徳島 恐怖の登り道の宿 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

すてきなブログ

お気に入りWEB

11月1日のはなし

  • Photo_7
    uluさんの童話に 絵を付けてみました。

お絵かき

  • 1a
    ウィンドウズのペイントで描いたお絵かきです。 拙い絵ばかりですが・・。

楽天トラベル

  • モーションウィジェット