ニコッとタウン

無料ブログはココログ

« 夏の終わりの葛城山 | トップページ | 淀川の先陣争い »

2015/08/29

とってもマンガ的たっだ今年の夏の想い出

8月のある日曜日、夫が留守で、家には私と義母二人。

退屈そうな義母を、そうだ高野山に連れて行ってあげよう、と思い立ったらさっそく車いすに義母を乗せ、高野山行き特急「こうや号」に乗れる南海電車の「天下茶屋駅」に行きました。
 
南海電車は大きく分けて和歌山、関西空港方面の「本線」と、高野山方面の「高野線」があります。
 
Photo
 
南海電車は、始発の「難波駅」から「天下茶屋駅」までは「本線」と「高野線」が並行して走っていて、「天下茶屋」駅からそれぞれの方面に分かれていきます。
 
当然高野山行の電車は「高野線」のホームに停まりますよねー。
 
さて、高野山行の特急の切符も買ってあとは乗るだけ。
 
ホームには、関西空港行の特急がまもなく出発するところです。
 
乗る特急は一分後に同じホームに入ってくる・・・はずだった。
 
 
その時。
 
 
Photo_5 ※今年はこうや号は高野山開創1200年記念ラッピングです。
 
反対側のホームに、乗る「こうや号」が入ってきたときの衝撃ったら・・・
 
・・・・・頭、真っ白。
 
最近、特急に乗って関西空港に行くことが多かったので、特急は「本線」のホームに停まると勝手に思い込んでいたんですね。
 
でも同じホームに一分後に特急って、ありえない考えですよね~┐(´-`)┌
 
車いすを押して、反対側のホームへ1分で移動するなんて、無理です。
いや車いすがなくても無理です。
 
仕方ないので、窓口に行って「ホーム間違えました」と伝えると、すんなりと特急料金を払い戻して頂き、次の急行に乗って行けますから、と急行切符に替えて貰えました。
 
案外、ホームを間違える人が多いのかな~~????・・・
 
 
この後、大丈夫かしらん・・・とちょっと不安になったのですが、車いすを押しているのを見た駅員さんらが連絡を取ってくれたみたいで、高野山行ケーブル駅でのエレベーターへの誘導、帰りの特急の切符の手配等を色々手助けしてもらいました。
 
お陰で帰りは満員の特急にちゃんと座って乗れて、終点までぐっすり眠って帰ることが出来ました。
 
 
 

« 夏の終わりの葛城山 | トップページ | 淀川の先陣争い »

きょうはどこまで?」カテゴリの記事

旅先で出会う鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36312/62180217

この記事へのトラックバック一覧です: とってもマンガ的たっだ今年の夏の想い出:

« 夏の終わりの葛城山 | トップページ | 淀川の先陣争い »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

すてきなブログ

お気に入りWEB

11月1日のはなし

  • Photo_7
    uluさんの童話に 絵を付けてみました。

お絵かき

  • 1a
    ウィンドウズのペイントで描いたお絵かきです。 拙い絵ばかりですが・・。

楽天トラベル

  • モーションウィジェット