ニコッとタウン

無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015/08/30

「創造のひみつ」展

土曜日おでかけ、淀川大橋を往復したあと、梅田からJR,近鉄と乗り継いで奈良にある「松柏美術館」に行ってきました。

 
Photo_7
 
池の畔の庭園の中に建つ松柏美術館。
 
上村松園画伯の絵は好きで、画集も持っていますが、画伯の美術館が奈良にあるのを知ったのはつい最近です。
 
御子息の上村松篁画伯、上村淳之画伯の作品もともに展示されています。
 
 
Photo_8
 
三画伯の、資料、スケッチ、クロッキー、下絵を完成作品と共に展示して、制作の過程や完成に至るまでの軌跡を見るという、普段なかなか見れない内容でした。
 
ちらしの絵は「花がたみ」。
 
上の絵を見ても分かるように、女性の目の焦点があっていないのが印象的な絵です。
 
「花がたみ」は女性が持っている「花籠」を指します。
 
その花籠は今は帝となった男性が、まだ皇位につく前に女性に贈ったもの。

今は側に居ることを許されない地位に昇った帝の前で、贈られた花がたみ(花籠)を手に狂ったように舞う女性の姿を描いていますが、この女性の姿をどのように描こうかと迷ったスケッチが何枚も何枚もありました。
 
駆け寄ろうとしていたり、泣き崩れていたり・・・。
 
日本画は描き始めると描き直しが出来ないので、本絵と同じ大きさの下絵があり、そこにもいろいろな試行錯誤がみられました。
 
その下絵の女性の目は、本当に狂気の目でした。
 
本絵になると、狂気の上に、美しさが重なって、本当に美しい絵になっています。
 
色んな作品に使うように、墨で描かれたいろいろなスケッチも残っているのですが、線が細かい。
 
道端に咲く花も、和紙にスケッチ、彩色されたものが綴られてありました。
 
一枚の和紙を大事に使って、余すところなく観察して描かれていました。
 
息子さんらも幼児のモデルとなっていて、たくさんのスケッチがありました。
 
松篁、淳之各画伯の作品も、同じく下絵、スケッチと共に展示されています。
 
日本画(大和絵)が出来るまでの、画材なども展示されています。
 
小さな美術館ですので、展示作品数は多くないですが、その分一つ一つの作品をじっくり見ることが出来ます。
 
松園画伯の代表作の多くがここに集められているので、切手のデザインになった「序の舞」もここにあります。
 
本当に素敵な美術館です。
 
 

淀川の先陣争い

土曜日お出かけ。

奈良にある美術館に行く前に、ちょっと立ち寄ったところがここ。

Photo
 
十三大橋。
 

淀川に架かる橋ですが、その横を阪急電鉄の線路が走っています。
 
京都線、宝塚線、神戸線の3線の複複複線。
 

 
早朝深夜と通勤通学時間帯を除く毎時0分から10分おきに、梅田駅から3線の特急、急行が同時に発車します。
 

途中の中津駅には停まりませんので、三線の電車が淀川鉄橋に先陣争いをする姿が、横に架かっている十三大橋から見ることが出来ます。
 

その先陣争いを見に、十三大橋を往復しました・・・(あほですね)
 
午前10時丁度に梅田を発車した京都、宝塚、神戸の各列車。
 

さて一番最初に先陣を切ったのは。
 
←十三駅                          梅田駅→   
 Photo_2
 
おおっ!京都線です。
 

戦前まで京阪電鉄の路線であったため、中津駅が存在せず駅通過の減速がないので、トップを走ってましたーー!
 
 
Photo_3
 
次淀川に駒を進めたのは、神戸線!
 

神戸方面にはJR、阪神と競合路線がありますが、唯一高級住宅街の中を通るハイカラ路線。
 
Photo_4
 
最後に駒を進めたのは、宝塚線~。
 

山沿いや田畑の、何もない処に住宅地や娯楽施設(温泉、歌劇場等)を造り、乗客を確保して阪急電鉄の祖となった路線です。
 

 
結婚する前は、阪急を利用していたのでこの光景は電車の中からいつも見ていたのですが、こうやって外から見たのは初めてです。
中々面白いですねー!
 
順位は毎回変わるそうなので、次の順位は・・・と予想するのも楽しいかも?( ´,_ゝ`)ハイハイ
 
この後すぐに、十三駅から発車した各線が梅田駅に向って再びデットヒート(笑)を繰り広げたのでおまけ。
 
Photo_5
 
一番で鉄橋を渡ってきたのは神戸線の普通(各駅停車)
 
Photo_6
 
そのあとを京都線と宝塚線が追うように渡ってきました。
 

 
阪急の車体カラーは「チョコレート色」でも「茶色」でもなく「阪急マルーン」色なのだそうで、昔から一度も変わらないこの色の阪急電鉄が、実は一番好きな鉄道だったりします。
 
 

2015/08/29

とってもマンガ的たっだ今年の夏の想い出

8月のある日曜日、夫が留守で、家には私と義母二人。

退屈そうな義母を、そうだ高野山に連れて行ってあげよう、と思い立ったらさっそく車いすに義母を乗せ、高野山行き特急「こうや号」に乗れる南海電車の「天下茶屋駅」に行きました。
 
南海電車は大きく分けて和歌山、関西空港方面の「本線」と、高野山方面の「高野線」があります。
 
Photo
 
南海電車は、始発の「難波駅」から「天下茶屋駅」までは「本線」と「高野線」が並行して走っていて、「天下茶屋」駅からそれぞれの方面に分かれていきます。
 
当然高野山行の電車は「高野線」のホームに停まりますよねー。
 
さて、高野山行の特急の切符も買ってあとは乗るだけ。
 
ホームには、関西空港行の特急がまもなく出発するところです。
 
乗る特急は一分後に同じホームに入ってくる・・・はずだった。
 
 
その時。
 
 
Photo_5 ※今年はこうや号は高野山開創1200年記念ラッピングです。
 
反対側のホームに、乗る「こうや号」が入ってきたときの衝撃ったら・・・
 
・・・・・頭、真っ白。
 
最近、特急に乗って関西空港に行くことが多かったので、特急は「本線」のホームに停まると勝手に思い込んでいたんですね。
 
でも同じホームに一分後に特急って、ありえない考えですよね~┐(´-`)┌
 
車いすを押して、反対側のホームへ1分で移動するなんて、無理です。
いや車いすがなくても無理です。
 
仕方ないので、窓口に行って「ホーム間違えました」と伝えると、すんなりと特急料金を払い戻して頂き、次の急行に乗って行けますから、と急行切符に替えて貰えました。
 
案外、ホームを間違える人が多いのかな~~????・・・
 
 
この後、大丈夫かしらん・・・とちょっと不安になったのですが、車いすを押しているのを見た駅員さんらが連絡を取ってくれたみたいで、高野山行ケーブル駅でのエレベーターへの誘導、帰りの特急の切符の手配等を色々手助けしてもらいました。
 
お陰で帰りは満員の特急にちゃんと座って乗れて、終点までぐっすり眠って帰ることが出来ました。
 
 
 

2015/08/22

夏の終わりの葛城山

今日はどこに行こうか迷った時は、葛城山についつい足が向いてしまいます。

 
Photo
 
下界から見た葛城山の山頂付近には雲を纏っていましたが・・。
 
 
Photo_2
 
山頂に来てみれば、雲もなく、以前に出会ったような雷雨にも会わず。
 
駅を降りた時の気温は30℃前後だったと思いますが、山上は22℃。とっても涼しいです。
 
 
Photo_3
 
ハイカーに向けての色んな情報版がありますが、野鳥の声の「聞きなし」一覧がありました。
 

ロープウェー乗り場近くではさえずりが聞こえたので、聞き入ってみましたが、皆ホオジロの「一筆啓上・仕り候(いっぴつけいじょう・つかまつりそうろう)」風にしか聞こえません。
 
鶯なら聞きなれているので、聞き取れるのですけどねー。
 
 
Photo_4  
 
春には「一目百万本」のつつじ、秋には金の野原のススキの群生地。
 
今は緑豊かに山を包んでいます。
 

 
Photo_10
 
群生地の向こうから、千切れた雲が流されていくのを眺めていました。
 
 
 
Photo_5      
 
Photo_6   
 
食事に忙しい蝶。
 
 
Photo_7
 
バッタとにらめっこ。
 
 
Photo_8
 
大和平野を見下ろして飛ぶトンボの群れ。
 
 
 
Photo_9
 
崩れかけたような積乱雲に、夏の終わりを感じた葛城山でした。
 

2015/08/17

鳥羽に行きました。

お盆休みに、三重県鳥羽に義母と夫婦の3人で行ってきました。

鳥羽に泊まるのは初めてで、夫はさっそく鳥羽港で釣り。
 
Photo
 
10センチ程度の豆あじが少し釣れました。帰宅後、南蛮漬けにして美味しく頂きました。
 
そのあと、パールロードを走って鳥羽展望台へ。
 
 
Photo_2
 
この展望台のレストランから見える景色は絶景で、空気が澄んでいれば富士山の山影も望めるそうです。
 
 
Photo_3
 
この日はあいにく霞があり、遠くまで見通すことは出来ませんでした。
 
 
泊まる宿は鳥羽駅の近くなので、そこまでまた引き返します。 
 
朝食付き6300円のビジネスホテルですが、家族、グループ用の和室もあり、その部屋に泊まります。
 
夕食後、一人で散歩に出かけます。
 
 
Photo_4
 
雲間から漏れた残照が放射線状になっていて、ちょっと不思議な景色。
 
 
Photo_7
 
夜の鉄道も一味違った風景に。
 
 
 
 
Photo_6
 
翌朝、鳥羽水族館に行くつもりで停めた駐車場から見える伊良湖岬行フェリー。
 
昨日夫が釣りをしていたのは、このフェリーの桟橋に続く波止場でした。
 
急きょ、水族館に入るのはやめて、フェリーに乗ることに。
 
人だけだと往復で水族館に入る料金とさほど差がないので、こっちのほうが面白そう!
 
Photo_8
 
伊勢湾フェリー、鳥羽~伊良湖間は約50分。
 
伊良湖へ向かう時はずっと甲板に出て、磯風に吹かれていました。すごく気持ちいいし、景色も素晴らしい。乗ってよかったなあ~。
 
伊良湖岬では、義母もいるので近くのリゾートホテルで休憩して、再び鳥羽まで船の旅。
 
帰りは客室のごろ寝エリアで爆睡してました。気持ち良かった~。
 
鳥羽は見て良し、食べて良し、乗って良し。海鮮丼、美味しかった~。
 
 

2015/08/08

熱湯甲子園

土曜日お出かけ、行き先は甲子園に決めました。

毎年、夏の甲子園には一度は足を運ぶ心算で居ますが、今年は8月8日の土曜日しか日程が空いてませんでした。
 
前日に新聞で土曜日の出場校を確認したのですが・・・・。
 
第一試合が「早稲田実業×今治西」
 
ぐぇっ!!!
 
第二試合以後も「敦賀気比×明徳義塾」 「大阪偕星×比叡山」 「下関商×白樺学園」
 
これは、朝早く行かないと、外野にも入れないぞ~~、という訳で、一緒に行く息子にダイヤを調べてもらってまず阪神電車の梅田駅に。
 
6時45分発の甲子園に向かう特急はもう超満員。
 
なんとか押し込んでもらって、なんとか7時前に甲子園球場に。
 
内野、アルプス席のチケットを求める長蛇の列には目もくれず、無料の外野席に向かってダッシュ。
 
その時はまだ座る席はありましたが、7時半を過ぎる頃には外野はほぼ埋まってしまいました。
 
Sn3r0043_2
 
こうなってしまうと、球場には入れても、グラウンドと客席の間にある通路を通って外に排出されるだけ、になってしまいます。
 
 
アルプス席はもう完売です。
 
午前8時、試合開始。
 
私は試合より応援合戦が好きな方です。
 

早稲田実業の応援はどんなかな~。
 
Photo
 
あの有名な早稲田の応援曲「コンバットマーチ」や、おそらく早稲田のオリジナル応援曲が次々演奏されます。
 
定番の「アフリカンシンフォニー」やアニメの主題曲はなかった気がします。
 
 

 
Photo_2
 
今治西は鮮やかな応援団。
 
女子は可愛い麦わら帽子を被って、横一列に学ランの応援団が士気を高めています。
 
演奏曲も多彩で、チャンスの度に赤と黄色の花が咲いたみたいになってました。
 
この位置からの、3塁側の応援団は全体が見えないのでちょっと残念。
 
野球オンチなので、誰が注目されているかという情報はまったく仕入れてなかったのですが、早稲田の一年の清宮選手が注目されていたんですね。
 

7回、その清宮選手がヒットを打った瞬間の応援団。
 
Photo_3
 
バッターボックスに立った清宮選手を応援すべく大太鼓を叩く先生(?)
 
 
Photo_5
 
ヒット打ったぁ!!
 
 
Photo_6
 
応援団総員大喜び~。
 
 
Photo_7
 
間を置いて、校歌(だと思います)が演奏され、一同肩を組んで大合唱。
 
 
Photo_8
 
Photo_9
 
5本のスーザホンが左右に大きく振られています。
 
つくづく、応援の吹奏楽部はいつも大変な仕事やってるなあ~~と思いますね。
 
試合は早稲田実業が6点を取って勝ちましたが、今治西もすごく攻めていました。
今治西、打ってるんだけど、打った球が守備位置に吸い寄せられるように落ちていくんですね。
 

早稲田マジックなのでしょうか・・・。
 
第二試合は敦賀気比×明徳義塾。
 
最初は明徳義塾が先制点を挙げていました。
 

Photo_10
 
敦賀気比の応援団の吹奏楽部。
 

指揮者は常に試合を見ながら指揮をしています。大変ですね~。
 
 
Photo_11
 
あれ?と思ったのは、指揮者が次の曲を指示していたこと。
 

吹奏楽部と応援団の両方の指揮をされてたんですねー。
 

ご苦労様です!!
 

敦賀気比、勝ち越ししてましたね。
 

この試合も最後まで見たかったのですが、暑さで試合に集中出来なくなり、4回終了時に席を立ちました。
 
満席だったので、動きが取れず、よけい暑さが増してしまいました。
 

保冷バックに入れた保冷剤も、ほっかほかになってました・・・。

通路

Sn3r0043_3

 

   
係員さんが、トイレ、売店は三階のを利用ください。座席に二度と戻れません、と叫んでます。

2015/08/01

餘部ふたたび

Photo
 
 
山陰山陽鉄道旅の途中。
 
曇った車窓の向こうの餘部駅を見ながら、ああ、降りたいなあ・・・・と思っていたら・・・。
 
 
Photo_2
 
降りちゃいましたーー!!
 
 
 
というのは夢で・・・
 
ではなくて、私が山陰鉄道旅行に行った1か月後、夫が山陰に釣りに行くついでに家族全員で湯村温泉に行くことに。
 
 
 
Photo_11
 
湯村温泉から餘部の駅まではそんなに離れていないので、寄ってほしいとお願いして・・・。     
 
こんなに早く、餘部の駅に降り立つという夢が叶うとはΣ(`0´*)
 
 

 
 
Photo_3
 
餘部駅のすぐ下にある道の駅。
 
そこに車を停めて、90歳の義母の車いすを押して、高さ40メートル上の餘部の「空の駅」に向かったのですが・・・。
 
 
 
Photo_5
 
スロープはありますが、結構急こう配で距離も長い。
 

 
 
Photo_4
 
2、3か所に階段もあり、息子と娘の協力がなかったら、車いすを押しての登りは諦めたと思います。
 

 
そういう私は、列車が駅に近づいてくる気配を感じて、車いすを子供らに託して急こう配を駅に向かって猛ダッシュ。

坂道を走るなんて、普段絶対しないんですけどね~・・・
 
 
 
 
Photo_6
 
はあはあ息を切らして撮った写真がこれ。
 
 

 
 
Photo_7
 
鳥取行の快速列車。
 
このあと、5分ほどここに停まっていました。
 
もしかして、プロムナードに降りて見学できる時間設定があったのかなあ。
 
でも、降りたのは一組の夫婦らしき人だけ。
 

 
 
Photo_8
 
余部鉄橋「空の駅」の入り口。
 
プラットホームの駅名は「餘部」なので、ブログでは「餘部」と表記します。
 

 
 
 
Photo_9
 
新しく橋梁を付け替えるとき、旧線路と鉄橋の一部を残して遊歩道にしたのが「空の駅」。
 
 

 
Photo_10
 
こちらは現役の「餘部駅」。鳥取に向けて列車が発車して行きました。
 
 
駅員さんもいないし、遊歩道から駅の中には自由に出入り出来るので、切符をもたずにひょいっと列車に乗ることも出来ますね。
 
 
ワンマンカーシステムだから、次の駅で降りるときに運賃を運転席横の運賃箱に入れればOK。
 
おおらかだな~。
 
 

 
 
Photo_12
 
空の駅らしく、グレーチングを通して下を覗ける場所があります。
 

 
 
 
Photo_13
 
金網の向こうの、餘部の住宅街も見下ろせます。
 

 
 
Photo_14
 
空の駅の外から虚空に伸びる線路が、かつての餘部鉄橋を偲ばせます。
 

 
 
Photo_15
 
鉄橋の一部も記念として残されています。
 

 
 
Photo_16
 
翌早朝に餘部に釣りに行く夫に付いて行ったときに、波止場からようやく撮れた餘部橋梁の全体像。
 
鉄橋時代にこの景色を見たかったです・・・。
 
 
Photo_17
 
餘部の海も美しいところでした。
 

 
 
Photo_18
 
湯村温泉も良いところでした。
 

川沿いの石畳は、地熱で温められていて裸足であるくと熱いくらいで気持ち良かったです。
  

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

すてきなブログ

お気に入りWEB

11月1日のはなし

  • Photo_7
    uluさんの童話に 絵を付けてみました。

お絵かき

  • 1a
    ウィンドウズのペイントで描いたお絵かきです。 拙い絵ばかりですが・・。

楽天トラベル

  • モーションウィジェット