ニコッとタウン

無料ブログはココログ

« 琵琶湖疏水を歩く | トップページ | 旅先で出会う鉄道 »

2015/04/26

山の辺の道を歩く

4月最後の土曜日は、奈良の「山の辺の道」を歩きました。

朝9時過ぎ出発。

奈良に行くときは近鉄を使うことが多いのですが、今回はJRで大和路線と万葉まほろば線に乗りました。
 
Photo
 
Photo
 
近鉄では山越えをすることがあっても、ほぼ街中を走っている印象なのですが、JR大和路線は、野趣豊かな路線だな~~という感じです。
 
奈良に到着後、「万葉まほろば線」に乗換えします。
 
 
「万葉まほろば線」は2両編成のワンマンカー。
 
それだけなら別に珍しくはないのですが、進行方向から2両目のドアが全く開かず、乗客は1両目で乗り降り、しかも運転席の後ろには、バスにあるような運賃箱と運賃表。
 
 
「万葉まほろば線」の駅の殆どが無人駅で、改札も切符販売機もないみたいです。
 
なので、奈良駅以降の途中の駅から乗ってきたお客さんは、降りるときに運賃表で自分の乗った駅からの運賃を確認して運賃箱で払うシステムのようです。
 
路面電車的ですね~。
 
実際、長柄駅で降りるときに一緒に降りたおばあちゃんが、運転手さんに「いくら?」と聞いて運賃箱にお金を入れて降りられていました。列車とホームに段差があるので、運転手さんが席を立っておばあちゃんが降りられるのを手助けされていました。
 
 
Photo_2
 
 
Photo_3
 
ICカードの読取機は、駅の出入り口に設置されてあるので、私はこれで駅をでました。
 

こんなのどかな「万葉まほろば線」の駅舎ですが、何故か未来的な雰囲気もあったのでした。
 
10時半頃に長柄駅に降り立ち、山の麓に沿うようにある山の辺の道に向かって歩き出します。
 
Photo_4
 
少しでも雰囲気が伝わればと、Google map の航空写真版を使ってみました。
 
黄色い点が歩いた道、緑の点が山の辺の道になります。
 
車の往来が多い国道169号線を少し歩いて、農道に入ります。
 
道に迷わないかなあ・・・と思ったのですが、念仏寺で山の辺の道と合流。ハイカーの方が何人か歩いて居られたので、一安心して歩きます。
 

念仏寺の側で草餅を売って居られたので2個買い、一つを頬張りながら歩いたのですが、その草餅の美味しい事。
 
 

 
Photo_5
 
ほぼこのような道が続きます。
 
新緑が美しく、草の匂いが初夏を思わせました。
 
 

 
Photo_6
 
柿本人麻呂の歌碑がありました。
 

『衾道(ふすまじ)を引き手の山に妹を置きて 山路を行けば 生けりともなし』
 

後ろに見えている山が「龍王山」で、柿本人麻呂が妻を亡くした悲しみを抱きながら歩いた山と言われているそうです。
 
歌碑の横に訳文も立ててありました。

『引き手の山(竜王山)に妻の屍を葬っておいて 山路を帰ってくると 悲しくて生きた心地もしない』
 
 
 

 
Photo_7
 
 
歌碑から少し歩いて、長岳寺に拝観します。
 
 
Photo_8
 
長岳寺の楼門。
日本最古の鐘楼門だそうです。上層に鐘を吊った遺構があるので鐘楼門と呼ばれるそうです。
 
 

 
Photo_9
 
御本堂の中には、阿弥陀如来像や観世音菩薩像、多聞天、増長天像がおられました。
 
 

 
Photo_10
 
綺麗に整地された小高い丘が見えてきました。
 
崇神天皇陵です。
 

 
Photo_11
 
御陵の堀の周りには遊歩道があり、山の辺の道のすぐ側だったので登って歩いてみました。
 

 
 
Photo_12
 
こちらが山の辺の道。石畳の道もあります。
 
 

 
 
Photo_13
 
御陵の隣にある池。ウシガエルがもう鳴いていました。
 

 
 
Photo_14
 
道が二手に分かれている・・・。
さあどっちかしら!!?と迷いかけましたが、ちゃんと道標とプラカードがありました。
 

細い道が殆どですが、このような道標が随所にあるので、地図さえあればほぼ迷いません。
 
 

 
Photo_15
 
遠くに見えるのは桜井市街でしょうか。山の辺の道の景色はどこを見ても気持ちが良いです。
 
 

 
Photo_16
 
地図があって、道標があっても、田んぼや畑の道がずっと続いていて自分がどこにいるのか分からなくなってしまった時にこの案内図が道標の上にあるのに気が付きました。。
 
すごく安心しましたね~。
 
このあと、国道沿いの食堂でお昼を済ませて巻向駅で帰路についたのですが、山の辺の道の脇でお弁当を広げている方も多かったので、お弁当かパンを買って行っても良かったな、と思ったのでした。(でも一人弁当はちょっと淋しいのよね)
 
 
○o。+..::*おまけ○o。+..:*○
 
奈良駅から長柄駅までの駅名が面白かったので、ちょっと書き出します。
 
奈良━京終━櫟本━天理━長柄
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
なら━きょうばて━いちのもと━てんり━ながら 
 
 
「きょうばて」と「いちのもと」が読めませんでした。
地名って面白いですね。             
 
この日は4月25日でした。
十年前のこの日、福知山線の脱線事故で107名の方が命を亡くされました。
 
こんな事故が二度と起こりませんように。
 

« 琵琶湖疏水を歩く | トップページ | 旅先で出会う鉄道 »

きょうはどこまで?」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
新緑が眩しい「山の野の辺」の道を歩かれたのですね。
かなりの距離?でしょうか?

お天気も素晴らしいsun
さぞ気持ちよかった事でしょう。

駅名読めませんね?
またお楽しみくださいませ。

ナニワさん、お久しぶりです!
新緑の香りを楽しみながらの散策だったようですね。
それにしてもかなりの歩行距離になったのでは?
またオジャマさせていただきますね♪

マコママさんへ

今はどこにいっても新緑が綺麗ですね~。
それを眺めつつゆっくり歩けるのは、とても幸せなことだと思います。
お天気も良かったですよ~。
山の辺の道はやっぱり人気があるんですね。
個人、団体、ペアといろんな方が歩いて居られました。
道標があっても、分からないところも数か所・・・

そんな時は誰かの後についていけばOK!

駅名は難しいですね~。とくに京終(きょうばて)は難解でした。
                 
                    
                  
      
ブルーデージーさんへ

おひさしぶり~~~~~~happy01
お元気でしたか?
私も一昨年はブログ殆ど更新してませんでしたが、
昨年、ブログタイトル変更して、1週間か2週間に一度の更新ですけど、なんとか続けております。

歩く距離はあまり気にしてなくて、歩数計で15000前後を目指して歩くようにしています。
だって普段は動いてないしねっ
ものすごい亀更新ですけど、また遊びに来てくださいね!!

山の辺の道は、結婚一年目(36年前)に妻と歩きました。
民宿に2泊し、一日はレンタサイクルを借りてありこち走った記憶があります。

今頃の季節が一番いいですね。
また行ってみたいと思います。

まほろば線はほんとうにローカル線。昨年の秋を含めるともう4回も乗りました。
今年の秋も奈良に行きますよ!

ヴォルフィーさんへ

まほろば線にもう4回も乗られているんですか!
私はおそらく初体験だと思います。
でも、まほろば線は一度乗ると、くせになりますね!
景色が素晴らしいし、車内の雰囲気がすごく良いんですよね~。

山の辺の道も初めて歩きましたが、春と秋はやっぱり良いですね。

秋にも奈良に来られるんですね!
良い旅になりますように!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36312/61499418

この記事へのトラックバック一覧です: 山の辺の道を歩く:

« 琵琶湖疏水を歩く | トップページ | 旅先で出会う鉄道 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

すてきなブログ

お気に入りWEB

11月1日のはなし

  • Photo_7
    uluさんの童話に 絵を付けてみました。

お絵かき

  • 1a
    ウィンドウズのペイントで描いたお絵かきです。 拙い絵ばかりですが・・。

楽天トラベル

  • モーションウィジェット