ニコッとタウン

無料ブログはココログ

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014/12/28

ほんのり雪景色の高野山

高野山、そろそろ雪が降ったかな・・・
そう考えて高野山に行くことにしました。

義母がデイサービスに出る前に、家を出さしてもらいました。

そうしないと時間が足らないからです。
南海高野線の「天下茶屋駅」に着いて、ちょうど入ってきた区間急行の「林間田園都市」行きに乗り、そこからまた乗り換えて高野山を目指します。
 
 
Photo
林間田園都市駅 眺望が良いです。
 
 
Photo_2
電車の終着駅「極楽橋」からケーブルカーで高野山へ。ほんのり雪景色。
 
 
 
 
 
ケーブルで高野山駅に登り、それからバスに乗り継ぎ、最初の停留所の「女人堂」で降りてそこから「奥ノ院」を目指して歩きます。
 
 
 
Photo_4高野山はうっすらと雪化粧。
 
 
女人堂に詰めておられた方の話では、もっと積もったほうが情緒があるのだそう。
「少し早かったですね」
 
 
 
 
Photo_5
ネコちゃん居たー。ちょっと警戒されてる?
 
 
 
Photo_6
ここは春には桜、秋には紅葉が見事なところ。
 
 
Photo_7
帰り、やっぱり時間が足りなくなったので、橋本から特急利用。
 
行きは2時間半かかったのに、帰りは1時間弱で帰れました。
特急料金は伊達ではないですね~。
 
 
年内はもう動かないと思います。
皆様、よいお年をお迎えください。
 
 

2014/12/16

明石海峡大橋を見上げてみる

最近、JRに乗ることが多いです。

乗りなれないので、いつも迷います・・・・。
 
Photo
海だ、海だあ~
大阪梅田から東海道本線、山陽本線の快速に乗って、垂水駅に向かいます。目的は・・・
 
 
Photo_2
明石海峡大橋~。
 
 
Photo_4
明石海峡大橋を仰ぎ見つつ歩こう!
 
 
Photo      
JR垂水駅
 
 
 
Photo_2       
緑地帯の入り口付近の植栽の紅葉が綺麗。
 
 
Photo_3     
団地で住民による餅つきが行われていました。なんか良いなあ。
 
 
Photo_4
同じ倍率で撮ってくれたら良いのに。ビミョーに変えてくれるキャノンのコンデジ君。
こういう時、広角があったら良いですね!使いこなせないけど・・・。
この日、見た目は穏やかですが・・・。
 
 
Photo_5
実は強風びゅうびゅう。
帽子かぶっていても耳が痛い~~。
沖合のタンカーが大波被っています。
 
 
 
Photo_6
大型カーフェリーの「さんふらわあ」が橋の下を潜って西へ。
このフェリーも沖合で大波被っていました。
結構揺れたのではないでしょうか。
 
 
 
Photo_7
目指す明石海峡大橋の付近には、以外にも洋館が何棟か建っています・・。
そして、あの四角いコンクリートの塊は何だろう?
 
 
Photo_8
洋館は、旧鐘紡舞子倶楽部と・・・
 
Photo_9
孫文記念館。
 
いずれも県立舞子公園内にある建物です。
 
 
Photo_10
そしてコンクリートの塊!
橋の橋脚みたいなモノ?と思っていましたが・・・
実は、橋を支えるケーブルの張力をその自重で受け止める、アンカレイジでありました。初めて知った・・・。
 
Photo_15
隣接する橋の科学館のアンカレイジの模型
 
 
Photo_17
《土木協会HP 吊り橋はどうやって作るの?より
アンカレイジはケーブルをつなぎ止めるおもりの役目をするものです。とても巨大なものですから、地中のやわらかい部分を取り除いてコンクリートで固めてから、地上部分をつくります。明石海峡大橋には2つのアンカレイジがありますが、明石側の方は約52万立方メートルもあり、地中部分だけでも霞ヶ関ビルがほぼ入ってしまいます。》

強高度亜鉛メッキ鋼製のワイヤー127本を1本に纏めたストランドが左右にそれぞれ290本づつ固定されています。
その左右のストランドは左右2本のメインケーブルとして纏められ橋を支えており、錆による腐食を防ぐため、ケーブルは筒に収められ、その中には常に乾燥した空気が送り込まれているそうです。
橋に詳しくないので、間違っていたらごめんなさいです・・・。
 
 
15
そしてなんと~。
アンカレイジだけでなく、橋の真下にある展望台「舞子海上プロムナード」の入り口にもなっています。入場料310円。
エレベーターで8階まで登ります。
見えているのは作業員点検用足場。
左右の空洞通路が展望台通路です。
 
Photo_12
スリルを味わいたい方は、高さ47メートルのガラス橋をどうぞ・・・だそうです。
もちろん橋だから、端を渡りましたとも。
めっちゃ怖いです!
 
 
 
Photo_13
でも景色は抜群。
 
 
Photo_14
慣れると、下を見る余裕も出てきます。
 
 
 
19  
大きな構造物に圧倒されます。
 
 
20
喫茶室もあります。
 
 
22
日本の標準時、明石天文科学館。
 
 
23
展望台を降りて、改めて橋を見る。
 
 
24
凄いですね~。
 
もう少し歩くつもりでしたが、風が強くて断念。結局一駅間歩いただけになりました。
橋をじっくり見れたから、それはそれで良かったです。
 

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

すてきなブログ

お気に入りWEB

11月1日のはなし

  • Photo_7
    uluさんの童話に 絵を付けてみました。

お絵かき

  • 1a
    ウィンドウズのペイントで描いたお絵かきです。 拙い絵ばかりですが・・。

楽天トラベル

  • モーションウィジェット