ニコッとタウン

無料ブログはココログ

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014/04/24

花咲く季節 2014年の春

夫は「緑の手」を持っています。

 

四季を通して花を咲かせては道行く人に喜んでもらうのが楽しいみたい。

 

私は枯らす専門なので、道行く人と同じく見る側で楽しませてもらっています。

 

Photo

3年目越しのガーベラは、今年も大輪の花を5輪も咲いてくれました。
昨年も5、6輪咲き、通りかかった人が写真を撮られていました。

 

 

 

Photo_2

シクラメンも2年越し。
風通しのいい場所に位置を変えると、盛り花のごとく咲き誇ってくれました。

 

 

 

Photo_3

カルセオラリア(巾着草)も2年越し。
黄色い袋をいっぱい付けています。

 

 

 

Photo_4

 

金魚草のフローラルシャワー。
これも2年越し。
最初は蕾がポツポツと咲いていた程度だったのに、あっという間にてんこ盛りの状態で密集して咲いています。

 

 

 

Photo_5

観葉植物のアエオニウム。
珍しい植物だから・・・と昨年花屋さんで買ってきました。
霜にあてると枯れてしまうので、冬は常に室内に居ます。

 

 

 

咲く花もあれば、枯れる花もあるわけで・・。

 

新人さんも、今年はたくさん入ってきました。

 

顔見せは、また次の機会に。

 

 

 

2014/04/22

堺市役所から堺駅、浜寺公園

土曜日は、仕事、用事がなければ歩くようにしています。

 

先日の土曜日は、南海高野線、本線を使って浜寺公園まで行こうと思いました。

 

浜寺公園駅は、南海本線の駅ですから、本線だけで行けますが、その前に行っておきたい場所があり、その場所は南海高野線の駅の傍にありました。

 

Photo_4

 

 

Photo_8
南海電車高野線 堺東駅。

 

 

 

Photo_9
その駅の南の方に、目指す建物が。

 

 

 

Photo_10

堺市役所庁舎。
庁舎の最上階、21階に年中無休の展望ロビーがあります。ワンフロアなので、360度展望。
一度訪れてみたい場所でした。 うれしい無料であります。                           

 

 

 

Photo_11
展望室、北側。喫茶コーナーもあり、美味しいコーヒーとケーキも置いています。

 

 

 

 

Photo_14
北方面展望。

 

ハルか向こうにハルカスが、カスんで見えています(冷たい風typhoonが吹いた方、ごめんなさい)

 

 

 

 

Photo_15
時計回りに、東方向。

 

反正天皇陵が見えています。

 

 

 

 

 

Photo_16
南方向。

 

仁徳天皇陵が見えています。

 

係の方が話かけて下さったので、「上から見たら、前方後円の形がはっきり見えると思ったのですが・・」と聞いて見ると、「皆さん、そう仰られて上がってこられるんですが、ここでがっかりされてますね。ここにハルカスが建っていたら、見えたかもしれません。それ位、規模が大きいのです」とのこと。

 

仁徳天皇陵を含む百舌鳥古墳群及び古市古墳群は、世界文化遺産を目指して運動されているそうです。今年は日本国内での候補には上がらなかったのですが、来年候補に上がれば、2年後には世界遺産に指定されるかも。

 

                                                        「今日は霞んでいますが、空気が澄んでいる時は、生駒山系、六甲山系、淡路島、明石大橋が綺麗に見えていますよ。また天気の良い時に来てくださいね」

 

 

 

Photo_17
この方向に、淡路島と明石大橋が~・・・。

 

澄んだ日に、また来たいです!

 

 

Photo_18市庁舎を出て、西に歩きます。
堺市は歩道も道路も広い~。
立っているポールは、広すぎる歩道に誤って車が入ってこないための車止めでしょうか。

 

 

 

Photo_20
よく見ると凝った造型です。根元には堺市章、頂点には・・・。

 

 

Photo
錨マーク?かつて世界と交易していた都市、堺を彷彿させますね。                   

 

 

 

Photo_2堺駅に向かう途中の塀には、世界地図や南蛮の人々の陶板画がありました。                                     

 

Photo_3
南海本線堺駅周辺は、鯉のぼりがいっぱい泳いでいました。
                                                            

堺駅で、公園で食べる昼食用に、パン屋さんでサンドウィッチ等を買って、和歌山方面行きの各駅停車の電車に乗ります。

Photo_5
浜寺公園駅。
以前に一度来たことがありますが、なんだか懐かしいというかレトロな雰囲気ですね。

 

Photo_6
昔のJRの駅ってこんな駅が多かったような・・・。ここは南海電車ですが。

 

Photo_7
浜寺公園駅、全景。  
1907年に建てられ、そのまま保存されている駅舎で、1998年に登録有形文化財に指定されています。

かつて、浜寺公園には、「新東洋」「羽衣荘」という大型宿泊施設があり、一度泊ったこともあったのですが、その系列の旅館も含めて廃業し、今ではスーパーやマンションになっています。
浜寺公園駅は、今は工業地帯になっている場所にあった海水浴客や宿泊客をたくさん迎え、送った駅です。

 

 

Photo_10
浜寺公園。公園の入り口前には、路面電車阪堺線の「浜寺駅前」駅もあります。

 

Photo_11
広い園内には、バーベキュー専用区域もあり、たくさんのグループがバーベキューを楽しんでいました。

 

Photo_12
西側には、浜寺水路を望む岸壁がずっと続いています。ここでお昼ご飯のサンドウィッチを食べると、浜風が気持ちいい。

かつてここは海水浴場として栄えた場所でしたが、今は堺泉北臨海工業地帯が眼前に広がっています。

 

Photo_13
夜にここに訪れたら、「工場萌え」の方は大喜びしそうなロケーションかも。
高速道路が邪魔してますけどね。

見えている煙突は、高速道路を通る時、「ハイ、煙突は何本でしょう?」、とその時は幼かった子供たちにクイズを出した煙突です。

見る位置によって、2本に見えたりするので、「2本!」と答えて貰うのが親としてベストbleah

 

Photo_14

岸壁を河口の方まで歩いて行くと、交通遊園の電気機関車が走ってきました。
バラ園前と、交通遊園前を結ぶ線路は、人気がありそうです。

 

10

客車は小さくても立派な鉄道です。                               

 

11

無料で入れる交通遊園には、蒸気機関車D51の実物が展示されていて、その動輪の大きさに感動し、ピストンから動輪に伝えられる回転運動はどのようにして連動するのか…などなど考えていると、動いている蒸気機関車を見に行ってみたいなあ~とか考えるのでありました。

 

 

堺市役所21階展望ロビー ・・・・堺市堺区南瓦町3-1

浜寺公園 ・・・・大阪府堺市西区浜寺公園町

堺東駅~堺駅、浜寺公園前駅~浜寺公園散策 歩数計 14680歩

2014/04/19

パワースポット

先月、89歳の義母を連れて、熊野三山に一泊二日、車で旅をした時のこと。

義母は足腰がかなり弱ってしまっていて、車の旅でも、電車バスを利用するツアーでも、レンタルしている車いすを持っていかないと、一緒に観光することが出来ません。

寺社仏閣を回るときは、なるべく境内近くの駐車場まで車を持っていき、そこから車いすに義母を乗せて、拝観します。

熊野本宮、速玉大社は問題なかったのですが、那智大社は、一番近い駐車場でも、義母にとっては長い階段を登らなければなりません。

ここは無理だろう、と夫だけ参拝と牛王宝印(護符)を戴きに階段を登り、私と息子は義母と共に階段下で待つことに。

階段は老若男女、いろんな人々が次々に登っていきます。

「私も、登るわ」

Photo

息子が付き添い、私も後ろから登ります。

途中でばてるかな、と思ったのですが、頂上まで登り切り、皆で参拝することが出来ました。

熊野はパワースポットと言われていますが、その効果があったのかな?

 

 

私が熊野で一番行きたかった場所は、大斎原。熊野川の中州にあります。

 

Photo

明治22年の大水で流されるまで、熊野本宮大社の12の社殿は横一列に並んで参拝者を迎えていたそうです。

本当は近くまで行きたかったのですが、時間もとれないので、近くのホームセンターの駐車場に車を停めてもらい、写真だけ撮りました。

またゆっくりと時間をとって、熊野本宮大社周辺をぐるりと歩いて回ってみたいです。

2014/04/16

ありのままで

松たか子さんが歌う、ディズニー映画「アナと雪の女王」の主題歌「Let It Go」(ありのままで)がyoutubeにアップされていて、その動画が気に入って何度も聞いています。

もともとは娘が卒業旅行の飛行機の中で映画を見て、主題歌が凄く良いの!!とスマホで見せてくれたのが最初ですが、その時は英語バージョンでした。

サビの「Let It Go」をそのままの訳で「ありの~ままに~」と歌いあげる歌詞も良いけど、松たか子さんの歌もすごく良い!!

動画もすごく良いのですが、雪の女王が今までの自分を捨てる決意として、ティアラを捨て、纏めた髪を解くシーンがすごく素敵。

Matu


「アナと雪の女王」、アンデルセンの童話を元にしているそうですが、雪の女王って、昔読んだことがあるんですが、雪の女王に攫われた男の子を、女の子が探しに行って助けるって話だったような・・。

雪の女王に焦点を当てた作品なんでしょうか。まだ見ていないので・・・。

2014/04/14

高野山の登山鉄道

Photo 高野下駅 極楽橋駅からの電車を待つ車掌さん                                                  

 

 

 

高野山の、奥の院弘法大師御廟にお参りするとすごく心が落ち着くので、土曜日に思い立って一人で行ってきました。

 

南海電車を利用しますが、高野山行の急行も多く走っているので、特急券のない割引往復券を買うとお得。

 

 

 

Photo_2 

 

はっはっは。前方展望車~~♪・・ではなくて、先頭車両の扉の窓から。

 

 

 

Photo_3 

 

難波から堺あたりまでは都会ですが、そこからは鄙びた景色が広がっていきます。
止まる駅ごとに、桜の花が見えるのがこの季節の素晴らしいところ。

 

 

 

Photo_4 

 

橋本駅を過ぎると、単線になります。                                  

 

 

 

Photo_5 

 

その単線区間内で、踏切もないのに列車方向指示器があります。
たまに誰かが線路を横切って通られるんでしょうか?

 

 

 

Photo_6 

 

橋本から、極楽橋までは各駅停車。その間は座っているのがもったいない。
ずっと立って、外の景色を眺めます。
ただし、細かいカーブが多いので、レールと車輪の擦過音のきいきいという音が連続するので、その音が苦手な人には、辛い区間かもしれません。                         

 

 

 

Photo_7 

 

下に走っている道路は、車で高野山に行くときによく利用する国道370号線。

 

 

 

  Photo_3 

 

隠れてしまいましたが、国道の上を走ったりもします。

 

 

 

Photo_4

 

国道370号線とはしばらく並んで走ります。

 

 

 

Photo_5 

 

山間の家々に咲く桜が綺麗です。

 

 

 


Photo_7 

 

どの駅にも、桜が咲いていました。                             

 

 

 

Photo_8 

 

Photo_9 

 

この光景。スイスのユングフラウの登山鉄道に勝るとも劣らない素晴らしい景観が大好きです。 ちょっとオーバーかな?

 

 

 

Photo_10 

 

この駅にも桜。                                            

 

 

 

Photo_11 

 

 

電車での終着駅は極楽橋駅。
ここから、ケーブルカーに乗り換えます。

 

電車を降りたカメラを抱えたお客さんが足早に走っていき、ケーブルカーの後部座席の乗り場付近で到着を待っておられました。撮影ポイントがあるんですね。

 

 

 

Photo_12 

 

満員の特急の乗客を一度に運べるというケーブルカーを引っ張るケーブル。
5年ごとに取り換えるそうです。                                          

 

 

 

Photo_13 

 

ケーブルカーと言えば、やっぱり中間地点の対向車との離合ですよね!!

 

 

 

Photo_14 

 

やっぱりこれですね~~。

 

 

 

20 

 

 

 

中間点を過ぎてから終点の高野山駅までの勾配が、日本でも有数の勾配だそうです。

 

 

 

21 

 

高野山駅からは、バスで高野山の各エリアに行きます。

 

今回も、ケーブルの駅から一番遠い奥の院まで行き、御廟にお参りしてケーブル駅に一番近いバス停の女人口まで歩きました。                                   

 

 

 

22 

 

今年もパワーを頂いてきました。

2014/04/11

待つ3分 行動する3分

個人情報とかが記載された書簡等を裁断処理してくれるシュレッダー。

事務所で使うけど、場所を取られたくないので家庭用のものをネット購入。

プリンターの横においても邪魔にならないサイズ。

A4サイズなら二つ折りで1枚、はがきも1枚ずつ処理できる。

さて、早速使ってみる。

がががが~~~。

ほほ~。細かく切ってくれているじゃないか、使えるね、君。

ふと、横の注意書きに目を落とすと、

「連続使用3分、待機時間40分」 と、ある。

なんだって~。君は3分しか連続使用できないのかいっ

それじゃあどこかの星のヒーローと一緒じゃないのかね?

Photo

カップラーメンの待つ3分は長いが、

作業をする3分はアッという間。

時間をいちいち見てるのも面倒なので、どこかの星のヒーローと同じような

カラータイマーも一緒に付けてほしかったな~。

時間が迫ってきたら・・・

ぴこーん、ぴこーん、ぴこーん・・。

2014/04/09

国道292号線

4月の雪、といえば昨年5月の連休に88歳の義母を連れての家族旅行で、草津、日光方面のツアー旅行に参加しました。

 

Photo
妙高山だったかな~。すごく綺麗。

 

大阪からJR特急「サンダーバード」で金沢まで行き、そこからバスで草津、日光、鬼怒川をめぐる2泊3日の旅。

 

最初は義母が高齢なので、無理なのでは・・・とか思ったが、義母は乗り物が好きで(私と一緒)、お手洗いの時間に気をつければ大丈夫なのでした。

 

娘、息子も参加してくれたので、車いすを持ちこんでの移動は、手が多い事もあり旅はスムーズでした。

 

さて、金沢を出たバスの車窓から立山連峰、妙高山と、雪を頂いた山々を見れて大満足している内にいつしか高速を降り、国道292号線を一路草津へ向かいますが。

 

 

 

Photo_2
えっ?スキー場??

 

バスはスキー場の横を通り過ぎ・・。

 

 

 

 

 

Photo_3

立山アルペンルート!?と思えるような雪壁の横を走り。

 

 

 

 

 

Photo_4

 

ど、どこ走ってるんですか~??

 

そこで添乗員さんの解説。

 

「ここは、国道292号線で、日本で一番標高が高い場所を走る国道です。この道路、5月の連休前にやっと除雪作業が終わって開通しました」とのこと。

 

そうだったんですか!
狭い道なので、バスは徐行しつつ走ります。
その後には後続の車の長ーい行列が出来ておりました。
ちなみに、開通前は道路はスキー場になってるそうです。

 

 

ヨーロッパ旅行のインターラーケンに向かう山道でも、同じようにバスの後に行列出来てたなあ・・・。

 

 

 

2014/04/08

4月の冠雪

Photo_5

阪堺上町線を走るパンダ電車。

阪堺線の我孫子以南で走っていた「堺トラム」が、天王寺発着出来るようになったので、ちょっと乗って見る。

 

Photo_6

住吉鳥居前から乗車。                                              

 

Photo_7

大和川駅で降りる。

 

乗り心地は普通の路面電車と変わりませんが、前(後)部の座席が対面ではなく、ロマンスシート式なので、空いた席に座って見たけど、視点がちょっと変わって新鮮。

中央の座席は対面式。面白い構造ですね~。連結器があるのが新鮮。

この電車はワンマンで、運賃は回数券もしくは現金を降りるときに運転席横のボックスに入れる方式だったのですが、4月からICカードも使用できるようになりました。

堺トラムは人気で、普段乗りなれないお客さんも多いようで、後部の乗り口にもう一人乗務員がいて、降りるお客さんから回数券や現金を受け取っておられました。

昔、バスに乗ってたバスの車掌さんを彷彿。                                  

 

Photo_8

下流の「大和橋」から上流を望む。                                       

 

Photo_9

生駒山地の冠雪も見れました。
もう4月なのに、この寒さ。

2014/04/07

いながわ桜まつり

Photo

甥っ子パン屋さんが出店を出すというので、
「いながわ桜祭り」を見に、夫の車で出かけ、途中実家に寄って母も連れて見に行きました。

通行止め区間があるので、一緒に見に行く、と言ってくれた姉の車で先行してもらい、駐車場まで案内してもらいました。

パン屋がある日生中央駅まで、いつも車で上がる道。
そこを通行止めにして、歩行者天国になっていました。

 

Photo_4

ふだん通り過ぎる道をゆっくり歩くと、こんなにも素敵な道だったのね、と再確認。

屋台のパンも売れ行き好調のようで、お天気も持ちそうなので、一安心。

 

 

 

Photo_2

屋台テントのすぐ後ろは田畑が広がる。

のんびり散歩するのにはとても良いお天気でした。                            

 

 

 

 

 

Photo_3

田植え前の肥料用の菜の花が一面に咲いている田圃もあり・・・。

畦で、のんびり屋台で買ったものでお昼ご飯を食べている人、はしゃぐ子供たち。

母も、一昨年から始まったというこのお祭りには初めて来れたので、喜んでくれたので良かったな~。

 

2014/04/04

渚のにゃんこ

3月の始め頃、小豆島に行った時。

干潮時に道が出来るエンジェルロードの渚に居たねこちゃん。

Photo
ここの看板さんらしい。

撫でさせてもらった。

 

 

Photo_2

このエンジェルロード、カップルで歩いて渡ると、恋が成就するんだって。

2014/04/02

ヨーロッパ旅行 7、8日目 帰国 夜のフライトはプラネタリウム

78_1

いよいよ帰国の日。
朝6時にホテルを出るので、朝食はドアの外に置かれたお弁当で。
ポーターさんも居ないので、各自スーツケースを持って、バスに積み込みます。 

 

 

 

 

私たちが寺院巡りで素敵な思いをしていた前日の、他のメンバーの行動は・・。

 

ノートルダム寺院には、もうひと組のご夫婦と一緒に向かいました。そこで別行動をしたのですが、その後、パリを巡って、添乗員さんおススメのムール貝専門店で美味しい晩餐をされたそうです。                                                  

 

 

別の熟年姉妹&夫さんのグループも、ノートルダム行きを希望されていたのですが、行ける自信が無い、ということで、添乗員さんが一緒に行かれたそうです。
折角だからとエッフェル塔にも登られたそうですが、4時間以上待ったそうです。クリスマスですからね~。
その間、添乗員さんはずっと待っていてくれたのだそう。                             

 

 

モン・サン・ミッシェル組は、良かったよ~!という感想でしたが、娘が写真をみせてもらったら、すごい風にあおられている光景が。

 

 

 

クリスマスのフランス周辺は、低気圧の強風が吹き荒れてました。                  

 

 

 

私たちの乗る飛行機は、KMLオランダ航空で、アムステルダムを中継して関西空港に向かう便なのですが、アムステルダム空港が、強風の影響で離着陸出来ない状況になっていて、乗機が4時間以上遅延する事、アムステルダムから日本に向かう便は、欠航になる可能性が強くなっていました。                                    

 

 

 

私たちは、あらまあ~、もう一泊しちゃうかも♡とか気楽でしたが、添乗員さんの奮闘努力の結果、エールフランスの関空直行便を使える事になりました。

 

 

 

到着時間は30分早まるというサプライズ(?)付き。                       

 

 

 

乗機も決まって、最後の買い物をここ、フランスのドゴール空港でしなくてはなりません。
アムステルダムでも買いたいものあったんですけどね~。仕方ないですね。

 

 

 

 

Photo

有名店の「マカロン」を、思い出(ネタ?)にと地産地消し。
「マカロン」が美味しいとは思えない私ら母娘です。
マカロン好きの方、ごめんなさい。                                 

 

 

 

78

エールフランスには航路表示に日本語がある~。

 

 

 

784

機内食。
サービスはどちらも良いんですが、オランダ航空の方が親近感があったような気もします。
エールフランスの日本人CAにちょっと冷たい対応をされて、娘は憤慨してましたが。

 

 

 

しかし!今回の飛行機変更で良かったこと。
窓際3席を、私ら母娘で使えた事ですね。母娘ともう一人座っていたのですが、新婦さんのようで同じように乗機変更だったのか、、席変更が出来たみたいで移って行かれました。

 

 

 

783

 

夕闇の中を飛ぶ。就航灯が幻想的。

 

 

 

 

 

日本に付いたら朝なので、今のうちに寝ておかないといけません。でも、朝に出発してすぐ寝る、というのも大変で・・・。こんな時、エコノミーは狭いです。

 

 

 

行くときと違って、帰る時は太陽の動きと反対方向に飛ぶので、「夜」の地域にも入ります。
少し眠って、目が覚めたら、外は真っ暗でした。
機内の光をさえぎる為、毛布を頭から被って窓の外を見ると・・・。

 

数えきれない星々が!光ってる。瞬かないで。
オリオン座の三つ星の下にある、オリオン大星雲が肉眼ではっきり見える。
すばるの7姉妹の星と、その周辺の星星がはっきり見える。
夜空にはこんなにも隠された星があったのか~~。

 

一人興奮して、リアルプラネタリウムを楽しんでおりました。
娘は眠い目をこすって「知ってる」と言いつつ、ちょっと覗いたりして付き合ってくれました。

 

 

 

785
夜明け。 

 

 

 

 

 

786
朝と夜の境目が見える。                                           

 

 

 

 

787
雲の上の朝焼け。素晴らしい。                                         

 

 

 

7885
雲の絨毯。ここはもう本州にさしかかったところ。

 

 

 

788
雲上の世界を楽しむ。
向こうに見えるのは、雲の塊?山?

 

 

 

789
四国の徳島か香川の山の峰みたい。
冠雪が美しいです。                                            

 

 

 

 

 

7810_2
高度がどんどん下がって、雲が近づいてくる。

 

 

 

7811
雲にダイビング。                                            

 

 

 

 

7812_3
水中から水面を見ているような感じ。一筋地上に光っているのは紀ノ川です。

 

 

 

7813
泉州沖。まもなく着陸。
8日間の長い旅の終わりです。                                      

 

 

 

急な乗機変更の為、預けたスーツケース等はアムステルダムに飛んで行ってしまったらしく、関西空港に着き次第、自宅へ送ってもらう手続きをします。
翌日の出勤でお土産を渡す予定だった人もいて、「渡すのは年明けかあ~」とちょっと困ってられた方も・・・。お気の毒です。皆さん、お元気で!

 

旅の間、仲良くしてくださってありがとう!

 

そして、この旅行をさせてくれて、留守をしてくれてた夫と息子に感謝します。
旅の間、常に守ってくれた娘に感謝します。
スムーズな旅をさせて下さった添乗員さんに感謝します。

 

最後に、この長い旅日記を読んで下さった皆さんに感謝します。

 

 

 

7814
入国ゲートを出たロビーで、全日空の各セクションの職員さんたちによる、クリスマスコンサートが行われていました。

 

帰国した日は、日本もクリスマス。

           
                                                 

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

すてきなブログ

お気に入りWEB

11月1日のはなし

  • Photo_7
    uluさんの童話に 絵を付けてみました。

お絵かき

  • 1a
    ウィンドウズのペイントで描いたお絵かきです。 拙い絵ばかりですが・・。

楽天トラベル

  • モーションウィジェット