ニコッとタウン

無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012/08/23

今年も行ってきました、甲子園

8月13日の月曜日、お盆でお店がお休みだし、義母はデイサービスに行ったので、甲子園に一人見に行きました。

第一試合には間に合わず、第二試合から。もうすでに内野はチケットはなし、外野ももうスタンドには入れない状況でしたが、なんとか席を確保出来ました。

第二試合 済々黌(熊本)×鳴門(徳島)

3-1で済々黌(熊本)が勝ち進みました。

応援団が凄いーー!!

0141

3塁アルプスを埋めつくしたこの応援団、どうやって熊本から来たんだろう?と大感心!

02015

鳴門の応援団がこじんまりと見えますが、皆大体こんな感じです。

試合が終わって、すぐに応援団の交代がありますが、大応援団は撤収も大変そうでした。

0213

第三試合は

大阪桐蔭(大阪)×木更津総合(千葉)

8-2で桐蔭が勝っています。

試合開始は1時過ぎ。この日は暑くて暑くて、頭がぼぅ~~とし始めたので、3回が終わる頃には席を立ちました。熱中症で病院に担ぎ込まれたら大変ですもんね!

0275

桐蔭のスーザフォンの砲列!!

トロンボーン、トランペット等の数が半端ないです。さすがですね。パーカッションも軽快なリズムで応援を盛り上げていました。

0306

木更津総合、オレンジの応援団。打楽器のリズムが心地よかったです~。

10分の1 戦艦大和

「航空母艦赤城を作る」、今船体の作成ばかりをやってます。

004

横から見たところ。DSで支えております。

何しろ初めての作業なので、お手本通りの綺麗な貼り合わせは出来ません。でもネット上で、どうしても空くところは最後にパテで補修も出来ると教えて頂いたので、出来る範囲で嵌めていこうと思います。

こういう作業をやっているので、模型本も読んでみたいなーと想い、自分が今まで見た中で一番デッカイ模型の作成記録を纏めた本を見つけたので早速アマゾンで購入。

そのデッカイ模型とは。

Cimg0603

でかいっすーー!!

呉市海事歴史科学館「大和ミュージアム」 

戦艦大和 10分の1スケール。26mあります。これは2006年に見に行ったときに撮った写真です。新事実が発見される度に改修されているので、現在とは少し違ってるかも知れません。

この模型が収められた「大和ミュージアム」の館長、戸高一成氏の著による、

「戦艦大和復元プロジェクト」角川書店

311y9npybrl__aa115__2

1㎝のものでも10分の1なら1㎜の工作物になる、という言葉が、このプロジェクトに係わる覚悟を物語ります。

1㎜といえば立派な工作物です。実際に今作ってる赤城の小さな砲台も直径1㎜ですが、立派な砲台です。

戦艦大和には図面が殆ど残っておらず、残ってる図面も断片的なもので、それが竣工図面なのか、補修図面なのかもはっきりしません。でも作るからには「完璧」に近づけたい。工作物が好きな人ならこの気持ちはよくわかると思います。

この模型製造に係わったのは地元の造船会社さんだそうですが、その会社に歴史のある技術を持った方がおられたのも、このプロジェクトを成功させた一因だそうです。ただし、この造船会社さんの社長さんのツブヤキが、

「大和が出来あがるまでに会社あるかな?」

拘ると足が出る出る、請求書は残る~~。本当にご苦労様でした!!

2012/08/22

空のライヴペインティング

18日の大阪の雷は本当に怖かったです。

いきなりどどーんと大音響が響いたかと思うと、空には稲妻が縦横無尽に走り、そのたびにぱりぱりぱり・・・・という空をひき裂くような音が断続的に続きました。

大気はびりびりと振動し、自宅から、垂直に太い稲妻が長居公園の方向に落ちるのを見ました。試合や歩いてる人が少なかったら良いのになあ、と思っていましたが、まさかイベントを開催してるとは知りませんでした。

自宅では土曜日だったので、姑はディサービスで不在で、1階に夫、2階に私と子供2人が居たのですが、皆、夫のいる1階の居間に避難して、雷雲が遠ざかるのを待っていました。TVでは甲子園夏の大会の一時中断を写していました。

このところ、ずっと大気は不安定ですね。

夕方には素晴らしい夕焼けが見えるけれど、高密度の黒い雲も流れてきて、お出かけには傘は必須の毎日です。

昨日もそんな夕方でしたが、空が不思議な色をしているので、急きょカメラを持って見晴らしのいい場所に行ってきました。

殆ど同じ時間の空ですが、東西南北で色々な色、雲の形が変化していき、虹も出現して散歩している人、犬を連れた人が立ち止まって空を見上げ、私と同じ場所にカメラを持ってきた人もちらほらと・・・そんな空のライヴをどうぞ。

003

004

011

015

022

042 058

059 

057

060

067

071

空の青さが素晴らしかったと、近くに居た人たちと語り合っていました。

2012/08/07

木製キッドってそういうこと!!?

さて、赤城建造も佳境に入り・・・入る訳ないだろっとセルフツッコミ~~~。

まだ木星圏にもいっとらんわ~~と言いたくなるほど、細かい作業が延々と・・・。

それでも艦橋はなんとか出来た・・・と思うけどタラップを塗料でつぶしてしまったという・・・・、それでもやり直したくないので放置、という状態です。

で、ようやく船体外壁に取りかかった模様です。

016_2 

なにやら細くて平べったい棒が入っています。

なになに?これを水か湯に浸けて曲げやすくして、躯体の枠に貼りつけて行く・・ほうほう。

えっ。

もしかして・・・・これが船の外壁!!?

プラ版とか貼りつけるんじゃないの?

最初からもう船の曲線とか形成されてあるのを貼りつけるんじゃないの?

船の曲線を自分で作らないといけないの!!!?

えーーーーーー!!!

018

えらいもんに手を出してしまったと初めて後悔した瞬間。

艦首、艦尾も結構大工作業が必要の様で・・・・がーーん。

木製キッドってこういうシロモノだったのか・・・・。

プラモデルしか組んだ事がないので、甘く見てました。

取り敢えず紙やすりを買いにコーナンへ走ってきました。

うわー。完成できるかな~~~??

木製といえば今朝木星と金星が綺麗でした・・・・・。

013

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

すてきなブログ

お気に入りWEB

11月1日のはなし

  • Photo_7
    uluさんの童話に 絵を付けてみました。

お絵かき

  • 1a
    ウィンドウズのペイントで描いたお絵かきです。 拙い絵ばかりですが・・。

楽天トラベル

  • モーションウィジェット