ニコッとタウン

無料ブログはココログ

« 6月6日のおはなし | トップページ | 長居植物園 »

2010/06/17

はやぶさ

いま、話題の「はやぶさ」

一つは、東北新幹線の新鋭機。緑色のカモノハシ。
でも近くでみるときっとカッコ良さそう~~。

もうひとつは小惑星探査機「はやぶさ」。
太陽系が形成されるとき、互いの引力に惹かれて惑星や惑星の軌道を回る衛星が育っていきました。
水金地火木土天海(冥)の惑星、矮小惑星や地球の月、火星のフォボス、ディモスのような衛星。

それらの衛星よりも小さくて、でも惑星と同じ太陽の周りを巡ってるものを小惑星、と呼びますが、地球と火星の間の軌道を回ってる「イトカワ」という小惑星に行って岩石、砂を持ち帰る使命を帯びて、7年前地球を飛びたった「はやぶさ」。

今月ようやく7年ぶりに帰ってきました。
でも、岩石採取システムが作動しなかったり、イトカワを離脱したあと行方不明になり、それでも度重なるアクシデントにも屈せず最後まで頑張った科学者たちの努力の果てに、「はやぶさ」はとうとう帰ってきました。

イトカワに着陸したさい、採取システムは作動しなかったのですが、カプセルの蓋は開いていたので、着陸の時に舞い上がった砂がもしかして付着しているかも、と微かですが期待も残しています。

動画サイトも、そんな「はやぶさ」の活躍ぶりを紹介した動画でにぎわってますが、「はやぶさ」の出発から、各機関が撮影した大気圏突入の瞬間をまとめた動画がありましたので、ここに載せます。最後まで残ったひかりは、分離されたカプセルでしょうか。
カプセルを分離する、というシーンを見て、「宇宙戦艦ヤマト」の第一話を思い出したファンも結構居たみたいです。
そのカプセルには地球の未来を導くメッセージを携えた異星の使者が乗っていました。

7分ほどの長さがある動画ですが、時間があれば、どうぞ。


« 6月6日のおはなし | トップページ | 長居植物園 »

夜空」カテゴリの記事

コメント

今、動画でもう一度はやぶさを見て感動しています。
テレビで言っていましたが、トラブル続きのはやぶさに科学者たちはいつしか強い愛情を持つようになり、「はやぶさくん」と呼ぶようになっていたそうです。
はやぶさくんが最後に撮影したのは地球。カプセルを落下させた後、消滅する運命のはやぶさくんに故郷である地球の姿を最後に見せてあげたいshineという思いがそこにあったとも言っていました。
とってもステキな胸がジーンとするお話ですよねconfident

ブルーデージーさんへ

今回のプロジェクトは日本の科学者さんたちの執念と、愛が成せた技でしょうねhappy01手の焼く子ほど可愛いといいますか・・。
距離がありすぎて、タイムラグも大きいのに、ちゃんとアクシデントに対処し、イトカワへの着陸、離脱、地球への帰還へと導いた人たちの、「諦めない」気持ちが凄いなあ、と思いましたねshine
使命を終えて、大気圏突入の摩擦で消えていくはやぶさのお腹から地上へと降りていくカプセルの光。
次世代に命を繋ぐ生命のようにも見えますbearingheart01

カプセルって簡単に開けられないのですね。
日本に届いたら、すぐ開けて中を確認できるのかと思っていましたcoldsweats01
大きいものはなさそうですけど、開けて見て、なにやらちょっとでも入っているといいなぁって期待しちゃいます。

uluさんへ

どうやら砂とかは入っていなかったらしいです。入っていなくても、はやぶさが帰ってきてくれただけで嬉しいよ~~crying・・・・と言いたいところですが、結果が欲しかったのも事実。
でも、遠隔操作など、次の探査衛星を制作する上で経験がきっと役に立つはず!
次に期待ですscissors

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36312/48653416

この記事へのトラックバック一覧です: はやぶさ:

« 6月6日のおはなし | トップページ | 長居植物園 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

すてきなブログ

お気に入りWEB

11月1日のはなし

  • Photo_7
    uluさんの童話に 絵を付けてみました。

お絵かき

  • 1a
    ウィンドウズのペイントで描いたお絵かきです。 拙い絵ばかりですが・・。

楽天トラベル

  • モーションウィジェット