ニコッとタウン

無料ブログはココログ

« メイドカフェ | トップページ | 連休4日 »

2010/04/25

ヘルベルト・フォン・カラヤン

夜歩き音楽に使うため、CDを借りてきたと前に書きましたが、

その中のベートーヴェンの交響曲第7番も全曲持ってなかったので借りたのですが、聞き惚れてます。

指揮はヘルベルト・フォン・カラヤン、演奏はベルリンフィルハーモニー。

カラヤンはスゴイ指揮者だとよく言われてますが、今までなにがスゴイのか、よくわかりませんでした。

ですが、今回、本当にすごい指揮者だったんだなあ、と思います。

It300620080727191488c4f2f2e4b7_2 7番の2楽章は昔から大好きな楽章だったのですが、カラヤンは2楽章の、このメロディが美しいから2楽章が素晴らしいのだ、と教えてくれるのです。ベートーヴェンはメロディメーカーではないと言われますが、動きの少ない音譜だけで構成されたハーモニーが重なりあって、どうだこんなに美しいメロディになるんだぞ!とカラヤンは訴えているような・・そんな演奏でした。

そしてまた、カラヤンは自分はこう!と思ったら、それを押し通しちゃう人なんでしょうね、きっと。手元にあったスコアを目でおいつつ(スコアは読めませんが、ある程度のメロディは追えます)聴いていると、リピート(繰り返し)部分をほとんどすっ飛ばして、先に、先に行っちゃいます。でもここはリピート重要!と思ったらちゃんと繰り返してる。

おまけにテンポも早いので、1曲が終わるのが結構早い!

ベートーヴェンはリピートが多い作曲家らしいのですが、当時ベートーヴェンとカラヤンが同時に居たら、おそらく大げんかになってるかも。でも、聴き終わったら、

『ちゃんと俺の言いたいこと、やってくれてるじゃん』

と言ったかも・・・。

« メイドカフェ | トップページ | 連休4日 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます。

カラヤン・・・子どもの頃から聴き続けて今でもよく聴く音楽家です。彼の7番は速いし、特に2楽章の速くてべったりとした歌い方は独特ですね。読ませていただいてたら久しぶりに聴きたくなってきました。何度も録音してるのですが、60年代のと70年代のが特に好きです。

親父りゅうさんへ

わ~。来てくださってありがとうございます。

借りた時にいつの録音か確認をしなかったので、あとでアマゾンとかで調べてみましたが、2番と7番が収録されたアルバムが載っていなかったので、はっきりとはしませんが、録音メモリーに1977、とあったので70年代だと思います。

カラヤンとベルリンフィルの演奏は、一音一音の表現が豊かで、2楽章の第一、第二ヴァイオリンが主旋律を奏でてる後ろでチェロとコントラバスの掛け合いの、そのハーモニーの美しさに、聴くたび感動してます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36312/48181893

この記事へのトラックバック一覧です: ヘルベルト・フォン・カラヤン:

« メイドカフェ | トップページ | 連休4日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

すてきなブログ

お気に入りWEB

11月1日のはなし

  • Photo_7
    uluさんの童話に 絵を付けてみました。

お絵かき

  • 1a
    ウィンドウズのペイントで描いたお絵かきです。 拙い絵ばかりですが・・。

楽天トラベル

  • モーションウィジェット