ニコッとタウン

無料ブログはココログ

« お土産~~❤ | トップページ | そろそろ夜歩きせむとCDレンタル屋にむかいてCD借りれば »

2010/03/28

クラシックこんさーと

金曜日と日曜日、続けてクラシックコンサートに行ってきました。

べつにはしごをしたかったわけじゃあないんですが、『フルハップ』のコンサートチケットが当たったのと、買ってあったチケットが重なっただけなんですが。

まず26日の金曜日。「日本フルハップ クラシックコンサート」

兵庫芸術文化センター(西宮市)、兵庫芸術文化センター管弦楽団。

この楽団は、「題名のない音楽会」の司会者、佐渡裕氏が芸術監督を務められ、楽団員も世界中から将来有望な若手を発掘して育てる画期的な楽団だそうです。

指揮は、岩村力氏。ヴァイオリン奏者の漆原啓子さんがゲスト。

指揮者の岩村氏が司会も務めるファミリーコンサートでした。演目もビゼーの『カルメン』組曲より『闘牛士の行進』他、チャイコフスキーの『白鳥の湖』から『情景』他。

ゲストの漆原氏とともに演奏されたヴィヴァルディの「四季」の「春」の第3楽章は、ソロヴァイオリンとソロのチェロのハーモニーが絶妙。素晴らしかったです。

圧巻はチャイコフスキーの大序曲『1812年』で、ラストには大砲を大太鼓ではなく、舞台袖から出てきた大道具の大砲から煙とともに大音響の大砲の音が。

演出的には大変面白いコンサートでした。

これは娘と二人で行ったのですが、終わった後、お茶を飲みながら,

「コンサートマスターが暴走してた」という感想で一致したのでした。第一ヴァイオリンのボゥイングもあってないし、アンサンブルが『ビミョ~』だったね~と・・・。

で、28日の日曜日。

『道上洋三の春休みファミリーコンサート』

夫と、姑と、三人で聴きに行きました。

ザ・シンフォニーホール、大阪シンフォニカー交響楽団。

指揮は寺岡清高氏、ゲストにピアニスト黒田亜樹さん。

司会は朝日放送アナウンサーの道上洋三氏、秋吉英美さん。

大阪シンフォニカーは1980年創立だそうですが、創立当初、本当かうそかは定かではありませんが司会者の話によると、「車のメーカー」に間違われたそうで、『大阪シンフォニカー交響楽団』になったそうですが、同意語がふたつ並ぶのはどうかと長年言われていて、今年、大阪交響楽団という名前にかわるそうです。

でも、さすがですね。演奏は安心して聴けました~。

曲目はムソルグスキー『展覧会の絵』より『プロムナード』、ヴィヴァルディ『四季』より『春』第一楽章、ビゼーの『カルメン』等々・・・金曜日の演目とかぶる曲が多かったです。

まあ、有名どころの方が耳馴染みがあっていいものですけど、演目内容は金曜日のフルハップのほうが、構成が上手だったな~と。演奏は日曜日の方が一枚も二枚も上手でしたが。

ところで、道上洋三氏、大の虎キチ。司会に入るたびに、「今、京セラドームでは、タイガースが2点を追って・・・」と途中経過を逐一報告。でも、『道上洋三』だからな~。

最後も、六甲おろし、フルコーラスで、終演後のロビーのアンコール掲示板に

「本日のアンコール曲 『六甲おろし』」

とあって、笑いそうになりました~。

ファミリーコンサートも面白いですね!

ちなみに、両方のコンサートとも、「指揮者体験コーナー」があって、小学生の子供たちが必死に指揮棒振ってました!

« お土産~~❤ | トップページ | そろそろ夜歩きせむとCDレンタル屋にむかいてCD借りれば »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36312/47936511

この記事へのトラックバック一覧です: クラシックこんさーと:

« お土産~~❤ | トップページ | そろそろ夜歩きせむとCDレンタル屋にむかいてCD借りれば »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

すてきなブログ

お気に入りWEB

11月1日のはなし

  • Photo_7
    uluさんの童話に 絵を付けてみました。

お絵かき

  • 1a
    ウィンドウズのペイントで描いたお絵かきです。 拙い絵ばかりですが・・。

楽天トラベル

  • モーションウィジェット