ニコッとタウン

無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009/11/28

クロ。

お気に入りの犬猫ブログを毎日巡回しています。

しゃべるねこ、としてテレビで紹介され、youtube等でとして有名な黒猫「しおちゃん」のブログもそのひとつ。

そこでこんな動画が紹介されていました。

クロ。

しおちゃんも黒猫なので、飼い主さんも思うところがあったようです。

うる母さんとチャットしたときに、黒猫はナニワさんのテーマだから、とおっしゃって下さって嬉しく思いました。

犬猫ブログでも、哀しい別れの報告があります。

「富士丸」の哀しい報告はさすがに泣きました。自分ちの犬じゃないのにねぇ・・。

2009/11/27

静かなる岡

ゲームにはちょっと詳しい息子。

その息子と娘と私の3人で(夫はテレビ)たわいもない話をしていたら、ゲームタイトルの話になり、

「サイレント・ヒル」というホラーゲームはゲーマー達の間では「静岡」というコードネームで呼ばれている、という話題になり、《サイレントヒル=静岡》という図式を他の都道府県でやるとどうなるか、という実に下らない内容に突入していきました。

東京 → イーストシティ  私はイーストパレスと言ったのですがシティ、だそうです。

北海道 → ノースオーシャンロード 

青森 → ブルーフォレスト

京都 → シティオブシティ(息子が断言)

大阪 → ビックヒル 昔は大坂といったから、という意見。それじゃあ大岡でしょ、という意見は黙殺

鳥取 → キャッチバード それじゃあ取鳥じゃないかという意見は以下同文。

鹿児島 → ディアチャイルドアイランド

沖縄 → オーシャンロープ

岡山 → ヒルマウンテン

石川 → ストーンリバー

おおよそ大卒高卒の男女といい大人とは思えぬレベルの低さですね~~shock

ストーンリバーがでたあたりで、イギリスのストーンヘンジってどういう意味?とかいう話題に移ってこのヘナチョコ変換はおしまいになりました。

250px2006_aug_06_025 ストーンヘンジ。

調べたら「石」「蝶番」という意味らしいです・・。

よく分かりません。 

2009/11/23

おっ昼休みはウキウキうぉっちんぐ♪

今日は祭日ですので、家でのんびりしてます~。

久しぶりにお昼のタモリさんを見ると、今日のゲストは木村拓也さん。

途中から見たので話の流れは分からなかったのですが、タモリさんの、

「もう撮影は始まってるの?」

と質問を向けるとカメラはキムタクの後ろの花輪に。その花輪には

tulip『笑っていいとも出演おめでとう ヤマトスタッフ一同』tulip

わ~~!!!coldsweats02映画化は本当だったんですね~!!happy02

キムタク「始まってますよ~」

タモリ「あれって何もないでしょ?周りの景色とか。全部CGだから」

キ「CGというかVFXなんで・・・そこには本当にないものをあるように視せるという・・。だから周り殆どブルースクリーンですね」

タ「演技しにくいでしょ」

キ「そうですねぇ・・・でも監督が『三丁目の夕日』とか草薙がお世話になった『バラッド』の山崎(山崎貴)さんなんで。すごいですよ」

タ「え~でも、いま、どんな状況っていうのはどういう風に理解できるの?」

キ「たとえば・・・監督が、『今目の前に木星があります』っていうんですよ。『木星』。ハァ・・・?でもどんな感じで?って聞くと、(目の前のノートを広げて)監督がノーパソとりだしてきて(笑)、パカッと広げてクリックすると、その場面がラフなんですが出来あがってるんですよ」

タ「へええ~~」

キ「でも、『どのくらいの大きさで見えてるんですか?』って聞くと、監督がレーザーポインターとりだして(キムタク腕を大きく回して○を描く)このくらい!って(おそらくブルースクリーンに木星の大きさを示したものと思われます)」

タ「それって、聞いたことある!特撮やってる人に!撮影現場であっちに怪獣が出たので、こっちに逃げてくださいって指示が出る」

キ「あはは」

ここでCMに。

そしてCM明け。

タ「一番良いところでCM来たねえ!あとでもっとその話聞かせてね!」

ってどんな話したんですか~~~。来週日曜日の総集編要チェックsign03ですか!

ああ~来年が待ち遠しい。

ちなみに100分の1のキムタクの質問は、自分がヤマトって船に乗ってるので、

「家族の誰かに船乗りがいる方」

で、見事に一人!ストラップをゲットされてました。

2009/11/22

小野竹喬展

お歳暮のシーズンです。

お歳暮を送りに行ったのですが、いつも利用する百貨店が天王寺にあるので、今、天王寺公園にある大阪市立美術館で開催されている小野竹喬展にも行ってきました。

小野竹喬は昔から好きで、画集も持っています。それの実物が見れる、というので生協で前売券を買っておいたのです。

改めて・・・素晴らしかったです。3回往復しました。

氏はもともとは中国の山水画に代表される南画を学ばれたそうですが、10代ですでに画展で入選されるなど、素晴らしい才能を発揮されました。

その後、西洋画や訪欧、セザンヌに強い影響を受けられ、氏独特の色彩豊かな画風へとなっていくのですが、今回の展覧会はその年代を追って、年を追うごとに氏が追い求める画風を見つめるという内容で、すごく良かったです。

20代の頃の作品で「郷土風景」という作品があります。150334_1_3

収蔵されている京都国立美術館のHPより。

故郷の瀬戸内の風景なのですが、この図版では小さくて見えませんが、真ん中右の青い海には細かな波がしらが立っていて、それが光を反射しているのですが、それがあまりにも写実的ですごく印象に残りました。

60代の時に描かれている作品をいくつか。

奥入瀬渓流。

昔から持っている画集を写真に撮ったのでちょっと曲がってますが。

Ts2d0169 100号の大作ですが、画面の真ん中を横切る倒れた木の「静」が川の流れの「動」をいっそう引き立てて、水音が聞こえそうな臨場感がありました。

これも60代の時の作品で、「高原」。

Ts2d0171

この写真では分かりにくいですが、空の色がとても美しいです。

残雪残る高原の向こうから湧き上がる雲。

実際にこの光景に出くわしたら、わあ~描いてみたい!!という願望に私なら駆られます。

「雨の海」S0003005

海に漂う油に興味を示して、と説明がありました。向こうには雨にけぶる島。今そこにある風景を切り取ってしまうのが、氏の作品です。

今回、実際に見て感じたのは、色への拘りもさることながら、海の色、空の色がとても美しい事です。

山の緑も枯れた木も、瑞々しい若葉も深緑も、曇った空も月夜も、この世はこんなに美しいと謳っている絵に大きな感銘を受けました。

クリアファイルと、絵葉書、絵葉書を画集風にまとめた冊子などを買って、美術館を出たのですが・・Ts2d0170

家に帰ってから、昔から持ってる氏の画集をみてガビーン!

展覧会にあった作品が載ってない・・・。展覧会の図版を買えばよかったと後悔中。

ネットでちょっと割高だけど買おうかと思案中・・・。

2009/11/21

お立ち台

わたくし、お立ち台に上がってしまいました・・。

今、うる母さん、ヒロッチさんと一緒に遊んでる

「ニコッとタウン」で。

釣りゲームがあり、そこで大きさを競うランキングに乗りまして。

なんと3位shine

Photo すみません、アバターの名前は伏せておきます・・。

ただし毎日お昼に更新してるので、

うる母さんが確認して下さったときには4位に落ちてました・・。

一日天下。

まあそれでもうれしーlovely

2009/11/20

夜歩き音楽 聴きたい曲は

MD,ウォークマンに入れた音楽を聴きながら歩いてますが、最近、さぼり気味なので、

ちょっと自分的にはずみをつけよう!とCDを借りてきました。

画像は、アマゾンとかで見つけて、ウォークマン上でアルバムタイトル用に貼り付けてあるものです。(知ってる人じゃないと分かりにくいと思いますが・・sweat02

Z0p6ca7mx7fpca1v72otcakdpq1acaca0sg レナード・バーンスタイン指揮

マーラー

交響曲第一番「巨人」

交響曲第二番「復活」

うん、マーラーさんすごいね・・・。

でも勉強不足なのでまた出直しますbearing

41x514xr27l__sl160_aa115_ フルトヴェングラー指揮

ベートーヴェン

交響曲第五番。

シューベルト

交響曲第八番。

俗に「運命」と「未完成」と言われてる名曲。

ちょっと歩く気持ちが前向きにconfident

31cv7deongl__sl160_aa115_ クルト・マズア指揮

ベートーヴェン

交響曲第九番<合唱付>

これは、小澤征爾指揮、サイトウキネンオーケストラ盤を4楽章のみMDに入れていたので、全曲欲しい!と思って借りたのですが、オザワ盤で耳が慣れていたので、違和感がちょっとあったり・・。これはこれで良いんですがcoldsweats01

21qxrjafgrl__sl500_aa130_

佐渡裕&シエナ・ウィンド・オーケストラ

ブラスの祭典2

やっぱりブラスの音は歩きやすいな~。

でも知らない曲ばかりだな~coldsweats02

Epeecav5hzpdcap9zn2vca4u4hq1casmihi CDタイトルの画像がなかったのでイメージ画像。

「グレイト・クラシックス <威風堂々>」

名曲のオムニバス。

ラデツキー行進曲、カルメン第一組曲、ベト7の4楽章、おお運命の女神よ、英雄ポロネーズ、くるみ割り人形行進曲、スペイン狂詩曲、水上の音楽、モツトルコ、軽騎兵序曲、・・・・最後に威風堂々。

耳慣れない曲ばっかり聴いて、そのあとに良く知ってる曲が入ってくると、俄然リズムが良くなって、歩きやすいですhappy02shoedash

今回、5組のCDを借りたのですが、全体的にみてまあまあ良し!といった感じですheart01

さあ、頑張って歩こう!

2009/11/17

パネトーネ

日曜日のコンサート、実家の家族も(強引に)招待していました。

当日、ベーカリーショップ目指して日々研究している甥も来ていて、家のオーブンで焼いたパンを頂きました。

頂いたのはパネトーネ。イタリアのクリスマスに良く出るパンらしいです。

持って帰ったらすぐにパクついちゃったので、こんな写真ですみません。Ts2d0167

しっかりした生地に、ドライフルーツ、ナッツ類が沢山入っていて、おやつ、というより食事パンになるでしょうか。

直径が18センチ以上はあるので、一度には食べられません。

そんなときは冷凍にして、食べたい時に食べたいだけ切って、オーブンまたはトースターで温めると一層美味しいのだとか。

もう半分以上食べちゃてますが。

紅茶と一緒に頂くと本当に美味しいです。Ts2d0168

彼がショップを開けることを祈りつつ・・・

頂きま~すheart04

ありがとう~~。

2009/11/16

音を楽しむ日曜日

11月16日

朝9時。

朝日放送。「題名のない音楽会」を見る。

毎年恒例「振ってみまSHOW!!」後篇。

一昔前の男が将来なってみたい職業のひとつに「指揮者」が上がってました。

全く個性の違う楽器をまとめてひとつのメロディにするという作業、一度やったら止められないらしいのですが、皆さん好きねぇ~~coldsweats01

午後1時。

ザ・シンフォニーホールへ。

ソフィア・ゾリステン&ミラ・ゲオルギエヴァ「名曲の花束」C20091031

夫と母と一緒に行ってきました。

弦楽器のみの合奏団「ソフィア・ドレスデン」とソリストのミラ・ゲオルギエヴァのコンサート。

演目は

J.S.バッハ:G線上のアリア
ドヴォルザーク:ユーモレスク
シューベルト:楽興の時 第3番
パッヘルベル:カノン
ゴレミノフ:収穫と踊り
エルガー:愛のあいさつ ★
マスネ:タイスの瞑想曲 ★
ラヴェル:ツィガーヌ ★

モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク 第1楽章
チャイコフスキー:弦楽セレナード 第2楽章「ワルツ」
イギリス民謡:グリーンスリーヴズ
アイルランド民謡:庭の千草
スコットランド民謡:アニー・ローリー
J.S.バッハ:主よ、人の望みの喜びよ
       :幻想曲 BWV.542
クライスラー:愛の喜び ★
シューベルト:アヴェ・マリア ★
サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン ★

★印はミラとのアンサンブル。

どれも知っている曲なので、ちょっとうとうとしてしまった(またですか~crying)のですが、ラヴェルとかゴレミノフとかはあまり普段聴かない曲、そして「ツィゴィネルワイゼン」という技巧曲はしっかり起きて聞いてました。

うとうとしつつ、これ、オルガン入ってたっけ?とか、管楽器の音がしてるよ~とかではっと目を覚ますと、舞台には弦楽器のみ。すごいですよね。弦楽器は奏法によっていろんな楽器の音を真似ることが出来ることが分かります。

ソリストのミラさんの「ツィゴイネルワイゼン」は圧巻でした!まるでアジサシが獲物を狙って水面に急降下して急上昇するかの様な弓の素早い動きなのに、音は一分の狂いもなく響いてます。第一ヴァイオリンの4人の奏者も同じように弦をはじいて素晴らしいメロディを奏でています。

アンコールはこちら。Ts2d0165

アンコールを一番きっちり聞いていた気がします・・。

でも良かったなあ・・。

実際に聴くのは素晴らしいです。

剣の舞、打楽器がないとちょっと迫力がないかな~的な感じはありますが、最初からそういう曲である、と思って聴くとすごく面白い曲です。

第一ヴァイオリンだけが弓で弾き、あとはすべてマンドリンを弾くように指で掻き鳴らす、という曲もありました。

弦楽器を指で演奏する「ピチカート」とはまた違った音色でした。

弦楽器の技法曲としては、「にしなりクラシック」で『弦楽のための三楽章(トリプティーク)』を聴きましたが、いろんな技法がありますね。座った席がビオラに一番近かったのですが、ビオラも良い仕事してるなあ・・。第二ヴァイオリンも素敵だし。チェロも良い音色。コントラバスもピチカートがよく映えてます。

午後9時。

「N響アワー」普段あんまり見ないのですが、今日は20周年だとかで公開録画で「大河ドラマテーマ曲特集」

ゲストに「独眼竜正宗」の池辺晋一郎さん。N響がヨーロッパビータのため収録が早まって大変だったとか、新鋭楽器を使ったりとか。いろいろ工夫してますね。富田勲の曲も演奏してほしかったけど、林光の「花神」が入ったのでヨシ。

もう一人のゲストは「天地人」直江兼続の子役の加藤清史郎君。出てくるときに

「わしは、こんなところ来とうはなかった!」

の名セリフで入場。でもスーツ姿。思わず「ト○タは減税!」と言うんじゃないかと思いました。司会者のお姉さんへの回答はなかなか大人びていて、それでも、何か言う度に一緒に見ていた娘と、「可愛い~~」。

退場の時は「わしは今日、来れてよかった!」とのたまいました。

第2部は大河がテーマということで、シューマンの交響曲第4番「ライン」とJ・シュトラウスの「美しく青きドナウ」

「ライン」。楽章ごとに拍手が起きてましたね・・。

2009/11/09

旬の奈良

奈良は今が旬みたいです。

日曜日、息子に誘われて奈良県の国立博物館で開催されている「正倉院展」に行ってきました。

002

良いお天気なので、人出も凄かったです。

奈良駅を降りたところで、前売り入場券を販売していたので、

前もって買っていったのが良かったです。

004 すでに長蛇の列。

待ち時間は1時間。

これくらいなら許容範囲。

あの大阪万博を経験したら1時間なんてすぐですよ~happy01

そう思ってましたが、館内に入ると何故か疲れがどっと来て、

「早く出たい」

という願望が頭のなかをぐるぐる。

折角の正倉院展なのだから、ゆっくり見なきゃ・・・

とは思うけれど、ゆっくりみたいところはひと、人、ひと。

展示品の上にある拡大写真をみて、

「見たつもり」で終わらせようとする親子二人。

でも、

「琵琶」「囲碁盤」「奉納舞いのお面」はきっちり見てきました。

千年以上の時を経てるのに素晴らしい保存状態・・。

見に来て良かったなあ、と思いました。

館を出て、若草山が良く見えるレストランで遅いお昼をゆっくり食べて、

「もう帰ろうか」

と駅の方向へ向かいます。

興福寺の境内を突っ切っていけば近鉄奈良駅の近道になることを

以前に来た時に知っていたので、そうすることに。

006_2

007_2 009_2

東金堂で娘のお守りを買って。

折しも、全国行脚を終えられた阿修羅像が仮金堂にて拝観出来る、ということでここもすごい人出でした。

仮金堂、北堂ともに以前見ているので、その人の列を横眼で見つつ駅の方へ。

011_3

014_2 今回、良い天気だったのに散策するでもなく、写真もあまり撮りませんでした。

興福寺を抜け、駅に向かう階段を下りていく途中に小さな祠があるのですが、皆さん集まって写真を撮っておられます。なんだろうと思いつつそのまま通り過ぎようとすると、

「猫」

というワードが耳に。とっさに引き返す私。

0171 祠の中に猫が入っていたんです~。

バチあたりな!という以前に、

「可愛い~heart01

という事でパチリ。

0182

こういう時だけ元気になる私。

アーケードで奈良漬をお土産に買って。

電車の中では爆睡。

ふっと気がつくと奈良と大阪の県境の山を越えたところ。

夕焼けが綺麗でした。

020

今までグーすか寝てたのに、起きたとたんカメラで撮りだすオバさんです。

正倉院展のお土産は、コレ。002_2

紅牙撥鏤尺 甲」

天平時代の一尺の物差しを物差しにした・・?

要するにお土産用の物差しです。

デザインがなかなかグーshine

2009/11/05

車中から紅葉狩り

文化の日、車で高野山へ紅葉狩りに行ってきました。

朝8時に家を出て、10時過ぎに到着したのですが、案の定、駐車場は一杯。

高野山境内の中をぐるぐるしながら駐車場の空きを探しましたが見つからず、ちょっと離れた場所にあるレストランの駐車場に停めましたが、足の弱ってる母を伴って寺院の方まで行くのは無理、と言う事でそのレストランで精進料理を頂いて、高野山の紅葉狩りは終了。

車中よりの高野山の紅葉、お楽しみ下さい。

Photo

それから、龍神高野スカイラインを途中まで走ったのですが、道路には雪が。

045sy

ススキ一面の斜面とか。021susuki

 

 

そして車外から唯一撮った紅葉です。

043s

なんだかんだで、結構楽しかったです。

2009/11/01

泉佐野漁港にある魚市場へ行ってきました。

夫の運転で、夫は助手席の息子と雑談していたので、
後部座席の私は景色をぼ~~っと見ていました。

漁港ですので、当然海の傍の高速道路を通って行きます。
甲子園とかに行くときも、海沿いの高速を通るので
海が見えてます。

で、あることに気がつきました。

旅行に行った時、目的地が海沿いであった時、
その海を見て、

海だ~~~!!066_2

〈写真は鳥取県の日本海です〉

と大騒ぎするのに、

こうやって買い物とか行くときに見える海にたいして

海だ~~~!!

088_4

〈写真は、甲子園浜です〉

と、同じ海なのに感動しないのは何故?
と夫と息子に質問をすると、

息子は
「見慣れている海と、そうでない海の違いじゃないの?
時と場合、買い物とレジャーでは心持が違うせいもあるのでは
それにこの辺の海は日本海みたいに波がないからねぇ」

との回答。

確かに漁港が波立ってると使い勝手は悪いですからね。

そんなもんだそうです。
でも、同じ海なのに、ねえ。

だから、今日はいつもの海を見ながら
心のなかで
『海だぁ~~~』
と叫んでみました。

すると、ちょっとワクワクしましたよ。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

すてきなブログ

お気に入りWEB

11月1日のはなし

  • Photo_7
    uluさんの童話に 絵を付けてみました。

お絵かき

  • 1a
    ウィンドウズのペイントで描いたお絵かきです。 拙い絵ばかりですが・・。

楽天トラベル

  • モーションウィジェット