ニコッとタウン

無料ブログはココログ

« ジブリっぽい | トップページ | チャリコ ○○○○ »

2009/07/10

イングリッシュホルン

7月7日七夕の日の夕方、大フィルの練習場で行われた「にしなりクラシック」聴いてきました。

この日の事は以前からネットで知っていましたが、平日なので行けないかも、行けそうなら当日券で見に行こう、と思いつつ過ごし、当日は晩御飯を早めに用意し夫にはその旨告げて、何とか開始10分前に練習場に行くことが出来ました。001

前回は玄関で当日券を販売されていたのですが、この日は玄関には何もなく、すでに沢山のお客さんがいて、「ああ、今日は売り切れか~」と思ったのですが、一応係りの人に聞いてみると奥の事務所で扱ってますよ~と言って下さったので、ほっとしました。

前回は弦楽器のみでしたが、今回はフルオーケストラ。

002_2 演目も七夕にちなんだものが選ばれているので、子供さんの姿が多かったです。

子供さんが多いせいか、以前より和やかで、客席の子供さんが楽団員さんに手を振っていたり。親戚の人かな?

楽団員さんも開始前、休憩中は弦楽器の人たちが集まって談笑してたり、パート練習したりして、身近なオーケストラ、って感じでいい雰囲気です。003_2

 

  

大阪フィルハーモニー会館

指揮とお話:大河内 雅彦
曲 目:
J.ウィリアムズ/映画「スター・ウォーズ」メインタイトル
ヨゼフ・シュトラウス/ワルツ「天体の音楽」Op.325
チャイコフスキー/幻想的序曲「ロミオとジュリエット」
マンシーニ/ムーン・リバー
ハーライン/星に願いを
宮川彬良/「たなばた物語」

「スターウオーズのテーマ」

生で聴くとカッコいい!

チャイコフスキーの「ロミオとジュリエット幻想的序曲」

楽曲の解説を指揮者の大河内さんがして下さるのですが、

「最初にイングリッシュホルンとヴィオラが二人の運命を暗示するような美しい旋律を」

という事だったので、ホルン奏者Horn_2 を注目していたけれど、ホルンは鳴らず、別の処から美しい旋律が鳴ってるのだけれど、誰だかワカラン!!

帰って調べたら、イングリッシュホルンというのはこういう楽器でした。Engph001

 オーボエの一種で、オーボエ奏者が担当します。オーボエ奏者は私の位置からはチェロ奏者の後ろで見えなかったのです。

でも、これが生でオーケストラを聴く楽しさです。気になるフレーズをだれがどんな風に演奏しているのか探すのが楽しい。

この日はイングリッシュホルンだけではなく、いろんなクラリネットや打楽器、シロフォン、パーカッション、チェンバロ、ハープ、ピアノ等が演奏されてまさに楽器の満艦飾、という感じでした。

アンコールでオケの伴奏で客席が「たなばたさま」を歌い、子供たちはちょっと恥ずかしそうに、大人たちは嬉しそうに(私もですが)歌って、最後に坂本九さんの「見上げてごらん夜の星を」で締められました。

 

 

« ジブリっぽい | トップページ | チャリコ ○○○○ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36312/45590203

この記事へのトラックバック一覧です: イングリッシュホルン:

« ジブリっぽい | トップページ | チャリコ ○○○○ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

すてきなブログ

お気に入りWEB

11月1日のはなし

  • Photo_7
    uluさんの童話に 絵を付けてみました。

お絵かき

  • 1a
    ウィンドウズのペイントで描いたお絵かきです。 拙い絵ばかりですが・・。

楽天トラベル

  • モーションウィジェット