ニコッとタウン

無料ブログはココログ

« あの頃君は若かった。 | トップページ | MDこわれちゃった »

2009/05/11

ご近所クラシック

音楽ネタが続きますが諦めずに(゚ー゚;お付き合いくださいcoldsweats01

家から電車で2駅、自転車でも行ける距離のところに天下茶屋という駅があり、その傍に大阪フィルハーモニーの練習場があります。

Indc5_01_2 (画像は奥村組HPより転載)

隣には屋内サッカー練習場、駅前ショッピングモールなど、もろ「町ん中」。

そこで、土曜日の昼下がりに「にしなりクラシック」なる催しがあることが分かり、電話で問い合わせると当日券は「若干あり」ということでしたので、オーケストラ聴いてみたい!と言っていた息子と一緒に行ってみることに。

このコンサートの趣旨は「近所にお住まいの方に気軽に楽しんでもらえるクラシック」という事なので、中学生以下1500円、大人2000円というリーズナブルなお値段。

当日券を無事にゲットし、会館の中には入ると全席自由席なので、すでに30人位の人が並んでいます。私らもそのあとに並んだのですが、次々とお客さんがやって来て、あっというまにホールは人の螺旋で一杯に。

佐藤しのぶさんのコンサートがあったシンフォニーホールには、「他所行き」のおべべを着た人たちがほとんどだったのですが。

このコンサートには「駅前に買い物のついでにちょっと」という普段着の御婦人や、商売の途中で聴きに来たよ、という感じの前掛け姿のおじさんらがいたり、ご近所さん感覚。いざ開場すると500席ほどの席はあっというまに満席になりました。

Indc5_02_2 (画像は奥村組HPより)

ホールは、体育館に客席を備え付けたような感じです。そりゃそうです、練習用ホールですから。

でも客席はちゃんと傾斜があって、後ろの座席でも舞台(台じゃないけど)見渡せるようになっています。

この体育館的なホール、トイレ休憩に立ったときなどは舞台(台じゃないけど・・)の横を通るので、譜面台などを観察出来たりして、ちょっと普段のコンサートでは味わえない、学校の吹奏楽部の演奏を聴きに来てるような親近感が。

003_2 0051_2 しかし、パンフレットは本格的なものが用意されていて、2部構成のしっかりしたクラシックコンサートでした。

今回は「弦楽合奏の美学」

私たちが耳になじんだ曲目をメインに構成されてました。

「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」「カノン」など。芥川也寸志の曲もあり、聴き応え十分でした。アンコールには「G線上のアリア」ほか。

弦楽器だけでも、管楽器、打楽器の音色を十分補える事、弦は弾くだけではなく、はじく、叩くといった奏法がある、という事など、指揮者の方のトークを交えて、楽しく過ごせました。

近いし、また行けたら行ってみよう~o(*^▽^*)o

« あの頃君は若かった。 | トップページ | MDこわれちゃった »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ご近所クラシックっていいですねnote
ついついクラシックというと敷居が高く感じがちですが、これなら気構えせずに行けそうですね!
息子さんの感想はどうでしたか?
きっと「また行きたい!」と言われてるのではsign02

ブルーデージーさんへ

近所に練習場があることは知っていましたが、行っても周辺うろうろするだけならつまらないし、と思っていたら、そういう催しがありますというHP上の告知を知って、行きました。

息子は、「良かった」とは言いましたが、「また行きたい」とは明言しませんでした。
知ってる曲ばかりだけれど、やはりオーケストラは見どころ押さえておかないと退屈です。私も何度かうつらうつらとしてました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36312/44972325

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所クラシック:

« あの頃君は若かった。 | トップページ | MDこわれちゃった »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

すてきなブログ

お気に入りWEB

11月1日のはなし

  • Photo_7
    uluさんの童話に 絵を付けてみました。

お絵かき

  • 1a
    ウィンドウズのペイントで描いたお絵かきです。 拙い絵ばかりですが・・。

楽天トラベル

  • モーションウィジェット