ニコッとタウン

無料ブログはココログ

« 有馬の休日 | トップページ | バラの花道歩いてきました。 »

2008/05/10

荒城の月

佐藤しのぶの母の日コンサート、今年も行ってまいりました。

毎年の構成で、前半はクラシックの歌曲、オペラを、後半は日本の唱歌を中心に歌われるのですが、今年の趣向としてアンコールのアヴェ・マリア以外は全て日本語で歌われました。

外国語の歌曲と、日本で作られた歌曲を交互にすべて日本語で歌われたのですが、やはり歌曲というのもは作られたその国語が一番しっくりいくのだなあ、と再認識させられました。夕鶴は良かったです~。

後半、「荒城の月」を歌います、といわれたときはちょっと会場がざわめきました。女性歌手が歌うべき歌曲を主に歌っておられるので、力強い「荒城の月」を佐藤しのぶが歌う、というのにちょっと驚いた、という感じでしょうか。

歌われる前に、「荒城の月」の歌詞の要約を教えてくださったのですが、私はこの歌を、松尾芭蕉の「兵どもが夢のあと」のような歌だと思ってましたが、実は落城前夜の兵士たちがかつての繁栄を誇った城の松の枝葉から漏れいる月の光を偲び、栄枯盛衰の世を儚むという歌であることを知りました。

その意味を含めて聴く佐藤しのぶの「荒城の月」。素晴らしかったですhappy01

しのぶさん、前半は豪奢なドレスでしたが、後半もチョウチョの柄がステキな衣装でしたheart04

Photo_2 うろ覚えですが、こんな感じ。デザイナーはもしかしてあのチョウチョのデザイナーさん?

« 有馬の休日 | トップページ | バラの花道歩いてきました。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ナニワさん、またまた素敵なお時間を過ごされたみたいですねshine
「荒城の月」はそういう歌だったのですね。
歌の意味を知った後にその歌を聞くと、きっと今までとは違った感じで耳に入ってくるのでしょうね。
佐藤しのぶさんのドレスも素敵です!

ブルーデージーさんへ

今年も何とか行くことが出来ました。でも来年は怪しいな~。
とはいえ、本当にいい時間過ごさせてもらいました。

しのぶさん、歌う曲によって、衣装は変らないのに少年にもなり、恋人思う婦人にもなり、で、さすがプロだなあ~と思いました。

今年も、「さとうきびばたけ」でまた涙がでてしまいました。

「荒城の月」って音楽の教科書に載っているのに、子供達はよく知りません。もったいないsign02
それにしても佐藤しのぶさんの歌声、素敵だったんでしょうねheart04
コンサート、そのうちゆっくり行きたいな。

ウルトラの母さんへ

何年前かのテレビで、海外のアーティストに「荒城の月」は人気があると報じていたことがあります。
100年も前に出来た歌(歌唱曲として成り立ったのはもうすこし後)だそうで、しのぶさんが歌うとすごく臨場感ありました。

いいコンサートがあれば思い切って行ってみるのもいいでしょうね~wink

こんにちは。
「荒城の月」、歌詞、メロディともにいい名曲ですね。
私の知っているグループホームでも人気がありました。

kemukemuさんへ

はじめまして!おはようございます。
コメント有難うございます。

「荒城の月」は子供の頃、歌詞の意味が分からないながら口ずさむ事が多かった歌です。

「希望」という詩、無常のこの世から解き放たれる魂の解放を詠っておられるのでしょうか。良い詩ですね!これの歌唱曲もあるのでしょうか。

「希望」の歌唱曲、
私もしらべてみたのですが、ないようです。

kemukemuさんへ

調べてくださったんですね。ありがとうございます。

ないんですか。残念ですthink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36312/41158165

この記事へのトラックバック一覧です: 荒城の月:

« 有馬の休日 | トップページ | バラの花道歩いてきました。 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

すてきなブログ

お気に入りWEB

11月1日のはなし

  • Photo_7
    uluさんの童話に 絵を付けてみました。

お絵かき

  • 1a
    ウィンドウズのペイントで描いたお絵かきです。 拙い絵ばかりですが・・。

楽天トラベル

  • モーションウィジェット