ニコッとタウン

無料ブログはココログ

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008/05/30

夜の水面

先日テレビで、色んなものにベスト3をつける、という番組をやってました。

好きな番組ですが、その中で、「美しい景色」の定義として、「夜景」「水面」が挙げられ、その基準のなかでベスト3を選ぶ、という事をやってくれました。

テレビの前で、「うんうん、分かってくれているじゃないかheart01」とうなずきつつ、水面に映し出される闇と光の風景を堪能しておりました。

私も負けじと(負けてますが)「水面に移る夜景」写真をUPしてみます(同じ場所ばっかりですが・・・coldsweats01Cimg5402

Cimg5408 Cimg5405

水面に映る景色というのは、完全な上下対称ではないし、風によって崩れたりもします。でもその不安定感が、もしかして心くすぐるのかな。

その美しさも、やはり光があってこそ。光と闇の競演。それが夜景の魅力でしょう。

2008/05/23

イロイロあるとは思いますが。

20日火曜日、京セラドームにてセパ交流戦の初日、阪神×オリックス戦の試合を、去年と同じくご招待で行ってきました。ご招待、とは言ってもお金は払います。でもお弁当付きでアノお値段はお得。やっぱりご招待です。

Cimg5638 敵地なのでタイガース応援団は3塁側寄り。かなり前列を取っていただいたので、迫力はありますが、球の行方を追うのが難。

もうちょっと上段のほうが良かったかも~。でも文句は言えません。楽しんで来ました。来ました・・・といいたい所ですが、3点リードで7回まできて機嫌よくジェット風船飛ばして、その裏に、オリックスに4点ボコボコっと逆転され、そのまま負けで終わってしまいました。

貰った券で負け試合、というは慣れてますが、先日の甲子園で勝利の味を覚えちゃったので、この負けはウルトラの母さん同様凹みますsweat02

せっかく応援歌覚えていったのに~(金本だけだけど)。♪きったえったそのからだ、あっふれっるそのきはく、さ~ここまでぶちこめライトスタンドへ~Cimg5728

金本も凹んでる~rain

6月の甲子園ではきっともっとたくさん応援歌覚えて歌うぞ~。

その応援ですが、外野席応援団席にて、応援リーダーらしき人を確認!!Cimg5679

応援団には何人かは指揮をとる人がいるのですが、その司令塔である応援リーダーらしき人は、参謀が示す応援カードに応じて手信号でサブリーダーに指示をおくり、それで外野一体が纏まった応援をしているみたいです。白い手袋がステキheart01長~い棹の先に黄色い旗がくくりつけられたのを振ると、バッターボックスの選手の応援歌、斉唱!!

甲子園では外野の応援に合わせて内野も一緒に応援するので、その指揮者ともなると、年末によくやる「ウン万人の第九」の指揮者に匹敵するのではdiamond

だから、責任重大!

ファンが気持ちよ~く感情移入して応援できるよう引っ張っていかなきゃならんのですから。これからも頑張って下さい。

オリックス側は、マスコットの「ネッピー」君と「リプシー」ちゃんが健気に士気を盛り上げてました。Photo

応援席も、すごく迫力ありました。オリックスの球団テーマ曲が憶えやすくていい歌でした!

さて、そのオリックスなんですが・・・。

コリンズ監督のいきなりの監督辞任劇。ちょっとびっくり。なんで、いきなり。。。でもご本人にはず~っと思うところがあったようです。

球団もいろいろあるみたいですが、選手たちが自分のプレーが出来る球団にしてあげて欲しいです。

2008/05/21

バラの花道歩いてきました。

Cimg5600 日曜日、市内西区の靭(うつぼ)公園のバラ園に行ってきました。

こんな大きなバラ園が市内にあったのを今まで知らなかったのですが、夫が連れて行ってくれました。

昔から愛される花だけに、色んな系統の改良種がありました。バラにはまったく詳しくないので、とりあえずプラカードと花をセットにして撮影してみると、三系統の種類が撮れていました。

纏めてみますと。

ハイブリット・ティー系

1867年にフランスのギョーがハイブリッド・パーペチュアル系の「マダム・ビクトル・ベルディエ」を母にティ系の「マダム・ブラビー」を交配し「ラ・フランス」を作出し、これがモダンローズの第一号となり、品種改良が一層進むことになった。「ラ・フランス」が冬を除けば一年中花を咲かせる性質は「四季咲き性」と言われ画期的なものであった。英国のベネットはこれに追随し、ティ系「デボ二エンシス」とハイブリッド・パーペチュアル系「ビクトール・ベルディエ」を交配し、「レディ・マリー・フィッツウィリアム」を1882年に作り出し、これを新しいバラの系統として「ハイブリッド・ティ」系と命名。ベネットの新品種は整った花容から交配の親として広く利用されていった。(Wikipediaより)

Photo_7 バラはもともと八重のような花弁ですが、この種類は花弁一枚一枚が整ってる、いわゆるもっとも「バラ」らしい花でした。

フロリバンダ系

詳しくは避けますが、ヨーロッパ北方の寒さに耐えられるよう、デンマーク人の方が品種改良した種類だそうです。本当に「八重!!」とういう感じに十重二十重に花弁が重なる花が多かったです。

Photo_5

ダマスク系

これは一種類しか撮ってなかったのですが、もっと他にもあったかも知れません。

Photo_6

日本にも古来からバラは知られていて、源氏物語にも出てきます。このバラは今知られている八重の花弁ではなく、一重の花弁で、野いちごの花のようであったようです。「茨城」の地名はバラの名に由来するらしいです。

でも、バラの花、何時見ても心奪われる花ですね。最後にお気に入りの一枚を。Cimg5635

2008/05/10

荒城の月

佐藤しのぶの母の日コンサート、今年も行ってまいりました。

毎年の構成で、前半はクラシックの歌曲、オペラを、後半は日本の唱歌を中心に歌われるのですが、今年の趣向としてアンコールのアヴェ・マリア以外は全て日本語で歌われました。

外国語の歌曲と、日本で作られた歌曲を交互にすべて日本語で歌われたのですが、やはり歌曲というのもは作られたその国語が一番しっくりいくのだなあ、と再認識させられました。夕鶴は良かったです~。

後半、「荒城の月」を歌います、といわれたときはちょっと会場がざわめきました。女性歌手が歌うべき歌曲を主に歌っておられるので、力強い「荒城の月」を佐藤しのぶが歌う、というのにちょっと驚いた、という感じでしょうか。

歌われる前に、「荒城の月」の歌詞の要約を教えてくださったのですが、私はこの歌を、松尾芭蕉の「兵どもが夢のあと」のような歌だと思ってましたが、実は落城前夜の兵士たちがかつての繁栄を誇った城の松の枝葉から漏れいる月の光を偲び、栄枯盛衰の世を儚むという歌であることを知りました。

その意味を含めて聴く佐藤しのぶの「荒城の月」。素晴らしかったですhappy01

しのぶさん、前半は豪奢なドレスでしたが、後半もチョウチョの柄がステキな衣装でしたheart04

Photo_2 うろ覚えですが、こんな感じ。デザイナーはもしかしてあのチョウチョのデザイナーさん?

2008/05/05

有馬の休日

「ローマの休日」といえば、さる国の王女さまが庶民の暮らしを一日だけ味わう、というお話ですが、これが我が家風になりますと、逆になるわけで、題して

「有馬の休日」

連休を利用して、親子三代揃っての有馬遊山に行って参りました。

夫の運転で、お昼に有馬へ到着し、さっそくお昼。

Cimg5526 鰻の蒸しご飯定食。

鰻が軟らかくて美味しいです~。

さて、お昼を終えて、お世話になる旅館に入ります。中の坊 瑞苑

お部屋に案内される前にお抹茶と柏餅を頂きます。

案内されたお部屋は最上階の角のお部屋。

三笠宮、グレース王妃などの方々がお泊りになったお部屋だとか。

Cimg5531 ひろびろ~。この部屋のほかに、ソファー置いた洋室、ベットルームが続いてます。

Cimg5530大きな部屋にテンション上がる息子と大きい部屋なのに隅っこでメール打ちする娘Cimg5546と既に我が家の如く寛いでる夫と義父。Cimg5533

私は窓の外に向かってセレブだぁぁ~と叫んでいると、息子が一流を表ざたにするのは二流のすることだ、とツッコミ。なにを。もとから純庶民の私にそんな言葉が通用すると思ってか。

お風呂は朝5時から夜中の12時半まで利用出来ます。ですのでちょっと汗をかいたらお風呂へ直行。風呂は元湯の金泉(赤湯)のかけながし、そして沸かし湯の二つとサウナ。

お風呂の出入口にはドリンクカウンターがあり、ジュース、お茶、リンゴ酢、ビール等が飲み放のウレシイサービス。義母はリンゴ酢がお気に入りのようでした。

さて、楽しみな夜ごはん。献立はこちら。

Photo_2 

Cimg5569 Cimg5570 Cimg5575 Cimg5576

お料理はもっとあったのですが、気がついたら食べちゃってました。

デザートに二郎苺という地産苺が出たのですが、形は細長く、甘みは強い美味な苺でございました。

惜しむらくは、夜寝るときに、室温が高すぎて寝苦しかったことです。

夜中にかいた汗は朝風呂で解消。ハアさっぱり。さあ朝ごはんだ~。

アマダイの焼き物は絶品でした。

これで寿命も少し延びたかな~といいたいところですが、風呂上りに測った夫の血圧が高いのにびっくり。健康であってこその食べる楽しみ。夫にはちょっと節制してもらわないといけないかも(私もですが。体重的に・・・crying)。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

すてきなブログ

お気に入りWEB

11月1日のはなし

  • Photo_7
    uluさんの童話に 絵を付けてみました。

お絵かき

  • 1a
    ウィンドウズのペイントで描いたお絵かきです。 拙い絵ばかりですが・・。

楽天トラベル

  • モーションウィジェット