ニコッとタウン

無料ブログはココログ

« 夕陽ヶ丘 | トップページ | イカをメシ上がれ »

2006/10/02

登りは体力 下りは筋力

1週間前の日曜日、子供を置き去りにして夫婦でドライブに行きました。

もとは姑と一緒にどこかへ行こうと思っていたのですが、直前にキャンセルになったのでせっかく車も出したので二人でいこう、となったのです。

行くアテもなくただ山のほうを向いて走っていくとお寺の案内板が。お参りしていこう、とそのお寺目指して車は坂道登っていきます。やがて駐車場へ車を止めて、入山案内をみるとここから20分ほどで本堂に着くとの事。

では、いこかーと一歩を踏み出そうとした時、門前を掃除してらしたおじさんが、「けっこうあるよー大丈夫?」と声を掛けてくださいました。そのときは「そうですか、ありがとうございます」とかるーくお礼を申し上げたのですが・・・。

Cimg1401最初は幅広い階段が続き、このくらいなら、平気、平気。

しかし。いくら登っても、階段は終わらない。やがて階段は砂利に埋もれた石段へと代わり足元は悪くなります。階段に沿う壁面には手すり代わりの鎖が取り付けられています。

「私ら登山にきたん?」と思ったほど。降りてくる人がうらやましく思えます。階段の随所には休憩用のベンチがあり、そのたびに座って息を整えて行きました。

Cimg1415 Cimg1416 

Cimg1419

 

でも、上を見ると見事なもみじの葉が。Cimg1417 紅葉の時期は見事な景色になるのでしょう。そのときにもう一度来たいな・・とは思いませんでした^_^;

で、約1時間かかってようやく本堂へ。ここに来てやっとこのお寺の名前を知りました。

「槇尾山 施福寺」でした。

Cimg1429 よくぞこんな標高500メートルの高台にこんな立派なお寺が建ったものだ、と感心しきり。昔の人は偉いなぁ。

Cimg1425 とおく山々を望む展望台には茶店があってうどんとおでん頂きました。茶店は結構賑わっていて、やっぱり元気な中高年の方々で、月2回来るよーという猛者もいらっしゃいます。脱帽。

さあ、後は下るだけ!

ところが。

とんとん、と下っていくうち、膝ががくがくしてくる。力が入らなくなってきて怖くなって何度も止まってしまいました。屈伸したりして足の震えを止めようとするのですが結局最後まで膝の笑いは止まりませんでした。降りるほうが大変でした。

ようやく参道の入り口までくると、これから登る方たちが主人に「どうですか」と聞かれたので、「金比羅さんより大変だった」と答えてました。ちょっとオーバーじゃないかなぁ・・。でも大変だったのは確か。

 

今朝のNHKの朝のワイドショーで、これからの登山について。

登りは体力、下りは筋力」と女子アナさんが述べておられました。

いやまったくその通り。

« 夕陽ヶ丘 | トップページ | イカをメシ上がれ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~。
入山案内板って誰を基準に書かれていたんでしょう?それとも、違う地点までの時間だったのかな~?(笑) 一時間とは、また凄いですねぇ。でも、山登りと同じで目的地に着いた時って爽快感というか達成感みたいなものを感じるんでしょうね!? そうですね。確かに上るより下る方が足への負担が掛かります。私も以前、駅伝(というほとでもないけど)をやった時に下り坂を走る方が大変だと感じました。。。

ところで、今更気がついたのですけど、ナニワさんの投稿者ネームがnaniwaとローマ字表記になってたんですね?(笑)

登山(笑)お疲れ様でした!
頂上からの絶景写真を見るだけで、どれくらい大変な道のりだったかがわかりますね。
でも、こんなに美しい景色が見れたら登った甲斐がありますね。
空気もおいしそうだし、たまには森林浴もいいものですね♪

↑あーホントだ!ナニワさんの名前がローマ字になってますね。変えたんですか?!

そろそろ来てますか?筋肉痛!
明日からが楽しみだ♪♪ニヤッ(^^♪
若い時は次の日、もう少し年をとると1日遅れで来るそうですよ!イッヒッヒッ♪
筋肉痛の事後報告もよろしくぅ~~♪

私も以前四国八十八ヶ所のお寺の何ヶ所かで痛い目にあってます。車で観光気分で行くのですが、なが~い階段上がらなければたどりつけないお寺がたくさんあります。

アッ!階段登ったのは1週間前でしたのね?
じゃあそろそろ筋肉痛も治まった頃でしょうか?
筋肉痛の事には一言もふれていないという事は、日頃の鍛錬・夜のウォーキングの成果で全然平気だったとか?(それってくやしい!!・・って何が?)
それともその事には触れたくないほどだったとか?(笑)

登山ご苦労様です。

eimeisさんがおっしゃってますが、坂道や下山するときの方が、急には止まられないので、案外足に負担がかかります。 
きっと二日後に筋肉痛ですね。
お大事に~


eimeisさんへ

あら、ほんとだ!半数のまま打って気がなかったのでみたい。ご指摘、ありがとうございます。

案内板の表示、間違ってはいないと思います。ただ、さっさっと休憩取らずに行けばその時間で行ける筈。でもあの傾斜で休憩取らないってこの歳では無理ですよ~。入り口の売店に「ご自由にお使い下さい」の杖があるのも降りてから気が付いたし。

 
ブルーデージーさんへ

標高500メートル登頂してまいりました!!
本当に参道の周りは木々に囲まれてすごく良かったです。この景色を見たり写真に撮ったりしていたので1時間掛かってしまったでしょう。

頂上の景色も抜群!
ただ一つ気になったのは、その抜群の景色の前で茶店開いてる人たちは、毎日ここに登って降りてをやってらっしゃるのか・・ここにお住まいだとして日々の生活、商品の補充はどうしてるのか・・地下鉄より問題だ~。

ちょっと間違えてしまいまして・・ナニワで変更なしです(^o^)丿


 
アンさんへ

そういやどうしてanneからアンになったのですか?

うふふふふ・・筋肉痛はありませんでした\(^o^)/
傾斜はけっこうあったけれど距離的にはそうでもなし、休憩ばっかりしながら登ったので。ウォーキングの成果もあったかも(おほほほほ)。ダンナからは常に遅れて歩いていたけど。体力ないです(T_T)。

アンさん、四国霊場全部制覇されたとか?
そっちのほうがすごいよー。もちろん歩き遍路ですよね♪


 

店主さんへ

お寺にお参りしてきたのに、登山の報告になってますね(p・Д・;)アセアセ

本当に、降りるとき怖かったですよ~。こけないようにするのが精一杯でした。
筋肉痛はなかったですが、ちょっと疲れが出ましたね。やっぱり歳?
ウォーキング1週間休んでしまいました。

これに懲りずに、綺麗な山を歩いてみたいです。

 


 

20分くらいなら ちょっと登ってみようって気になりますよね~。
それが一時間の登山?とはお疲れさまでした。

でも、木漏れ日を浴びながら森林浴しながら、それはそれで、気持ちよい登山?だったのでは?
あっ、でもやっぱりしんどかったかな?
初めから1時間くらいかかると書いてあれば、それなりの心の準備?をして望めて、疲れ方も違ったかもしれませんね。(^_^;)

私も数年前厄除けに石山の立ち木観音に何度か登ったことありますが、あそこは最初から急な階段で、帰りはそれこそ、膝がガクガクでした。

お寺やお店で働いておられる人達は毎日登ってこられるとは思えないし、別ルートがあるんでしょうね~?

ヒロッチさんへ

みなさんへのお返事かいてた時に来てくださったんですね!まさに秒違い。

「1時間」とあったら多分登ってないかも。途中なんども引き返そうかと思った程です。でも緑があまりに綺麗だったので、休み休みで登ればいつかは着くだろうと景色を楽しみながらそれでもあえぎながら登ってました。

お店の人、気になりますよね。私も別ルートがあるのではないかと・・それとも山の真ん中にエレベーターがあるとか。(まさかね)

こんにちわ~♪anneで~すW
「もちろん四国八十八ヶ所は歩き遍路です!!」・・・な訳ないじゃないですか。もちろん車で、それも人の運転の横でウトウトしながら、その上八十八ヶ所通しでもなく 天気がいいい日に「じゃあ ちょこっとドライブがてら行って見るか・・」と数ヶ所づつに分けてです。でも延べにすると3巡りくらいはしています。なにしろ本場ですからw   (お寺までの石段は自分の足で歩かなくてはいけないので『その日の夜←強調!』から筋肉痛のこともありました。)

何か思う所があって真剣に四国遍路をしている方にはヒンシュクかいそうですね。すんませ~ん。(歩き遍路だと通してまわると50日~60日くらいかかるそうです。夫の友達で休暇のたびにに歩きで八十八ヶ所通して、もう3回も廻った(それも1巡り30日前後で)と言う驚くべき人がいます。)「飛んで廻ったの?」と聞くと「ウン飛ぶように歩いた」って言ってました。

たくさんのお寺の中にはなが~い石段エッチラオッチラ上がって行ったら境内に車が停まっていた!なんていう所もあります。密かに?関係者用の車道があるんですね。でもそんなの無くて皆歩くしかない所もありますけれど、四国八十八ヶ所のお寺にはぜ~んぶのお寺の石段に信者さん寄進の手すりがあります。(石段迂回用の坂道がある所もある)

グリーンゲイブルズ閉じたのでanneを名乗るのも気がひけるし(anneほど若くもやせっぽちでもない)あんまりかけ離れた名前にするのも淋しいしanneにするためには入力を英数に切り替える1手間がよぶんにかかるし・・で今のところアンです。(アッチャンのアンw)

長々と書き込みスミマセヌm(__)m
昨日近くの畑田(ハタダ)と言うお菓子屋さんに行ったら阪急バスが二台もとまってて(観光コースにも入ってるらしく各地の観光バスがよく停まっています)ナニワナンバーだったのですぐナニワさんの事を思ってしまいました。
いつも楽しませてもらっています。またね(^.^)/~~~

バスでも、霊場に行くにはかなり歩くと聞いていました。本当に大変ですね。でも歩きで3巡されたお友達さん、猛者です、すごい。

ひーこら登った境内に車・・アハハハと乾いた笑いが。そうかそういう手があったのですね!見えない所に車道があるのかも。

また遊びに来てください。ア○ミさんのアッちゃんへ。

そういえばどっかのお馬鹿な一家が同じような経験をしていたような・・・・はて、どこだったかしら?

あの間接が大笑いしている感覚、何ともいえませんよね・・・・。

それにしてもそんなすごいとこになんでまたお寺が。なんかの修行ですか?罰ゲーム?

ピケルさんへ

そうそう、ヒイコラ登ってる時、ふっとあの真夏の彷徨を思い出しました・・誰だったか忘れたなぁ。

そんな凄いところのお寺の最盛期には千人からの僧侶さんがいてはったそうです。崖っぷちに宿坊とか建ってたんでしょうか。それもコワイ。でも信長さんの焼き討ちにあったんだって。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36312/12123110

この記事へのトラックバック一覧です: 登りは体力 下りは筋力:

« 夕陽ヶ丘 | トップページ | イカをメシ上がれ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

すてきなブログ

お気に入りWEB

11月1日のはなし

  • Photo_7
    uluさんの童話に 絵を付けてみました。

お絵かき

  • 1a
    ウィンドウズのペイントで描いたお絵かきです。 拙い絵ばかりですが・・。

楽天トラベル

  • モーションウィジェット