ニコッとタウン

無料ブログはココログ

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006/09/30

夕陽ヶ丘

テンプレート替えてみました。

大阪市内の高速道路を走っていると、四天王寺の近くに「夕陽ヶ丘」という地名表示が揚げられているのですが、丘らしき場所もなし、周りは高層雑居ビルがニョキニョキ建っててとても夕日を楽しむ、なんてふうには見えません。

司馬遼太郎さんの「大阪の原型―日本におけるもっとも日本的な都市」によると、

その昔、ここには目を見張るような綺麗な砂浜と、外国船が逗留する国際港と、その外国客に日本は文明国だよ!と誇示するごとく四天王寺の伽藍がどーーんと建っていました。でも建物といえばそれくらいで、後は漁師さんの家と、それらを囲むように葦が茂っていたそうです。ここを昔の人たちは「難波(ナニワ)の津の江」と読んだそうです。津とは港の設備を持つ入り江のことだそうです。

ここは都への玄関口。これから大和川などを上って都に人や物資が運ばれます。

でも、旧大和川から運ばれる土砂によって出来た高台に建てられた四天王寺の西門から見る夕日は絶景でした。いつしか、春秋のお彼岸にはこの門から海に沈む夕日、西方浄土のある西に向かって「観無量寿経」を唱えるのが12~14世紀あたりで盛んになりました。以後、四天王寺詣でをして、西門から夕日を見るというのがお彼岸の行事になりました。

この地に「夕陽ヶ丘」という地名が付いたのは、1920年ごろで、命名者はこの地が昔から夕陽が美しいことを踏まえた上で、この名をつけたのであろうとのこと。

Cimg1391_1

この前のお彼岸も天王寺はすごい人出でした。時々お参りしますが、四天王寺周辺のお寺は坂道が多くて難儀します。

同じ上町台地から見た、お彼岸の夕焼け

大阪城から四天王寺を通り住吉大社に至る台地を「上町台地」といいます。「上町断層」が通ってることでも知られています・・・その上に住んでます。(TwTlll)ガーン

2006/09/26

夜だから

最近は減りましたが、釣り好きの主人からたまに、「車で夜っぴて走って釣りにいこか」と誘われるともうワクワク。喜んでついていきます。

夜中、走る車の車窓からは見えるもの。山間の寝静まった家の外灯、併走する道路を1台だけ走ってる車のヘッドライト、山派に落ちていく半月、なぜが白く光る雲。

Cimg1336 そして、見知らぬ土地で迎える朝。

つぼみさんのブログで紹介されていた「夜のピクニック」を読みました。

「ただ夜に歩くだけなのがどうしてこんなに特別なんだろう」。

学校の行事で、24時間で80キロを歩きとおす千人の生徒達。最初はピクニック気分。けれどだんだん行程がきつくなってくる。夜間も仮眠を挟んで歩き通すのですが、読んでいる私もワクワク。こんな行事参加したいなー、でも体力持たないだろうなーとかいろいろ考えを巡らせてました。

夜中にしかも団体で歩くという非日常な行事。普段には無い別の雰囲気が漂います。だから、普段出来ないような事も思い切って出来ちゃうんです。

私も夜歩きしてますが、MDを聴く為に小さいイヤーフォン付けています。これも昼間なら多分出来ないと思います。若い子なら様になるけどいい年のおばさんがイヤーフォン付けていられるのは、やっぱり夜だから、だと思うのです。

Cimg1321_1

2006/09/25

スローで行きたい

わたしんちは、大阪で唯一走ってる路面電車である 阪堺電車の沿線にあります。

Cimg1446_1 当たり前ですが路面を走るので、軌道上に車が居れば古い車両は「チンチン」、新しい車両はそれに加えて「ファンファン」という警笛で露払いをしつつ、併走する車と仲良く、たまにはケンカしながら走ってます。

車が増えたこと、利用者が減った事などから何度か路線廃止論が浮上しましたが、沿線には学校も多いので、阪堺電車さんは頑張って走らせてくれています。沿線の子供達は「チン電」と呼んで親しんでいます。

乗っていれば、住吉大社にも、堺銘菓「かん袋」のある寺地町駅にも、浜寺公園にも行ける(ただし乗り換えあり)便利な電車です。今、スローばやりですが、この電車もスローです。時間があればゆっくり乗って見たいな~と日ごろ思っているのですが。

2006/09/22

みんなの「子守」うた

子供がまだねんねの頃、背中に負ぶいながら歌った子守唄のベストテンを挙げて見ました。

まだまだありそうな気がするけれど、一応ここまで。以前、ウルトラの母さんが話題にされていた「みんなのうた」からの仕入れが一番多いです。

「ひげなしゴゲジャバル」はちょっと可愛そうな猫の話(いたずらっ子にヒゲ無しにされた子猫を哀れに思った大人たちが、奮闘努力する)なんですが、リズムがいいのと歌詞が面白いので覚え易くて歌ってて楽しいです。

「おはようクレヨン」は今でもMDで聞く位、好きな歌です。

♪赤いクレヨン いちばん先に 箱の中で 目を覚ました おはよう、おはよう、おはよう。僕は誰かな?赤い赤い赤い そうだトマトかも知れない♪

滝廉太郎の「花」、子守唄として歌いにくい歌でした。でも好きなので歌ってました。

現在、決まって聞く事がなくなりましたが、たまに「みんなのうた」のテーマが聞こえると耳を澄まして聞いています。

最近のお気に入りは、もう放送は終わっていますが、TUBEの「みんなのうみ」です。唱歌「海」をベースにした壮大で良い歌です。子供が小さかったら全部覚えて、子守唄にしてますね(^o^)丿

この記事を書くにあたって、サイト「みんなのうた缶」を参考にさせて頂きました。

2006/09/19

ピッカー!!

Pikatyu

カンバッチの記事のときにポケモンの話題が出たので、早速長男に持っているポケモンソフト全部出させて写真に撮ってみました。

Cimg1382_2 赤、緑、エメラルド、ルビー、ファイアレッド。金と銀もありましたが妹の所有物とかで、撮影拒否されてしまいました。そのほかにポケモンバトルとかいうのもあります。

でもよく考えたら、記事に出来るほどポケモンの事を良く知らないので、書くことがありません。初期の頃は151匹いたらしいですが、今何匹いるのでしょう。

Cimg1388 で、ワタシはというと、ポケモンピンボールで時々遊んでいます。そんなの何処が面白いの、と子供たちは言いますが、難しいシュミレーションより玉が廻った、落ちたの単純なゲームの方が飽きなくて良いのです。

電気が溜まっていれば、ピカチュウが横から落ちる玉を「ピッカー!!」と言ってボード上に返してくれます。けっこうカワイイ。一応ポケモン収集もするので、新しいポケモンに出合った時は気合が入ります。

それでは皆さん、ピッカー!!Pikatyu_1

2006/09/16

この間、夕方の空を見ていたら空のてっぺんに虹が出てました。

Cimg1376_1 

♪Rainbow 神様との約束のしるしは 涙やんだ空の あどけない微笑み♪

虹を見ると、ちょっとお気に入りのアーティスト、種ともこの「The Rainbow song」の歌詞を口ずさんだりします。15年以上前にレンタルショップで中古CDで買った「音楽」というアルバムの中に入っていて、「水の中の惑星」とか「きみとあるいてく」と共にMDに入れて夜歩くときに聴いています。このアルバムを買ってから、種ともこのCDいろいろ借りまくって聞いたりしてました。

歌詞確認のために、検索したらナント、今年の10月封切りの映画「虹の女神 Rainbow song 」という映画の主題歌になってた。びっくり!

「The Rainbow song」は静かな曲ですが、「キュウリ de Vacation」なんてアップテンポな曲をNHKの「みんなのうた」に提供されてます。歌詞&曲名のセンスが好き!

「ムカデ」なんて歌もあるんですよ。足がたくさんありすぎて一歩もすすめない、って感じの歌ですが面白いでしょ?

2006/09/13

感動したー(^.^) 芸術の秋第3弾

今回は最近の思い出。夏に行った有馬温泉。

宿の周辺散策して、お風呂入って、さあ晩の御膳。

どれもこれも料理長のセンスの良さに堪能したお料理でした。

料理は目で食べる。これを実感させてくれたのがこの一品。

Tyo_009 お品書きには 造り「夏の湖」 とあります。おそらく太刀魚、鯛(平目かも)、蛸のお造り。

皿はハスの葉でしょうか、その上の盛り付けがまたニクイ。

Tyo_009_1 その中央に、胡瓜のカエルがちょこんと。このカエル、横からも、下から見てもちゃんとカエルなんです。その匠の技に感動。

お料理の味は全て絶品でした。もちろんこのカエルちゃんもちゃんと頂きました。

2006/09/12

感動したー(^.^) 芸術の秋第2弾

またまた昔の思い出ですが、子供の頃、アニメ映画といえばディズニーでした。

でも、家族で観に行ったディズニー映画、といえば「ファンタジア」しか覚えていません。

でも、この映画が自分的に印象に残っていたと見え、リバイバル上映のたび連れて行ってもらってました。結婚してから、ビデオが発売されると同時に購入しました。で、改めて観たのですが・・・。

バッハ「トッカータとフーガ」では指揮者と楽団と楽器と音符によるいろんなバリエーションの実験、 ベートーベン「田園」はギリシャ神話 、 デュカス「魔法使いの弟子」はミッキーを主役に、 ポンキエルリ「時の踊り」はカバとワニがバレエ踊って、 ストラヴィンスキー「春の祭典」では地球の誕生と進化。 ムソルグスキー「禿山の一夜」シューベルト「アヴェ・マリア」は一対で深夜の死者の喧騒と神々しい夜明けが描かれています。

0023_02

これは「アヴェ・マリア」の1場面。

そして、私が一番好きなのは、チャイコフスキー「くるみ割り人形」の「花のワルツ」。

花の上で、ティンカーベルの様な妖精たちが目覚めます。大きくあくびをして、持っていたステッキでちょん。妖精達がベットにしていた花は忽ち枯れていきます。妖精たちは冬の精。華麗に飛び交い森に冬をもたらします。 それでも、春の精への気配りは忘れません。風で種を撒き、落ちた種の上に枯葉の布団を掛けてあげます。

二人の冬の精は湖上にもやって来て水面を華麗に滑ります。フィギアスケートのエッジが氷面に軌跡を描く如く、湖面には妖精のつま先の軌跡が残りそこからあっという間に凍っていきます。やがて、地上が凍ったのを待っていたかのように、空から雪の精が舞い降りてきて、森は冬に包まれていきます・・・。

この作品、第二次大戦戦前に作られています。だから、CGなんて魔法は一切無し、全て手作業です。ワンシーンにどれ程の時間と労力と画材が使われたか。撮影にも様々な工夫が試され、この時代で可能な限りの技術が使われていることと、その美しさに感動です。

ビデオは1991年発売でしたが、今年の7月、DVDが発売されたみたいです。税込み2940円。0000002301_f お茶目な魔法使いの弟子のミッキーが目印。

2006/09/11

感動したー(^.^) 芸術の秋第1弾

Cimg1386_1_2 これ、なんに見えるでしょうか。

30年ほど前、京都の美術館でこの絵に会ったとき、最初に目に入ったのはこの部分。

青い線だけの絵で、「?」と思いつつ視野を広げていくと・・・。

 

Cimg1386_2_1 青いみみずが行進してる・・・

そう思いました。

さらに視野を広げると・・・。

  

 

Cimg1386_3 これが全体図。

偶然入った福田平八郎遺作展で出会いました。

「漣(さざなみ)」です。

絵画で初めてショックを受けた絵でした。ひたすら青いみみずのような線がが画面を覆っています。でも、それだけで、風に揺れる水面が表現されています。線の一つ一つが必然性をもってそこにある、そのことにとても感動しました。

ずっとこの絵の前に立っていると、水面がゆらゆらゆれているような錯覚を感じたのを覚えています。

余談ですが、美智子妃殿下がこの絵をデザインした洋服を着ておられるのをテレビで見たことがあります。

 

Cimg1361 これは近所の池の漣。

Cimg1357 これも好きです。

   

2006/09/08

こんなん出ましたけど

通学用の備品(ネクタイとか、バッチ)を入れてる引き出しには、子供たちが小さい頃集めていたカンバッチが入っています。

多くはないですが、買ったもの、貰ったもの様々です。一体どんなのがあるんだろう、と思って出して並べてみました。

Tyo_006 特定場所もの。

左が、長居の自然史博物館で買ったもの、右が奈良のあやめ池遊園地で、これは娘が幼稚園の時、お泊り保育で行ったときに貰ったものではないかと思います。一昨年閉園しているので、貴重かも?

あやめ池もそうですが、宝塚ファミリーランド、そして今年は奈良のドリームランドが閉園しました。就学前の小さな子供達が安心して遊べる遊園地がどんどん無くなっていってる、そんな気もします。

バッチ一つにも色んな思いがありますね。

  

Tyo_007 キャラクターもの。

セーラームーンとポケットモンスター。セーラームーンは買った覚えがあるのですが、ポケモンは何かイベントこなして貰ったような覚えが。

ポケモンといえば、新しく「パール」バージョンが出るらしく、これで「金、銀、パール」が揃った・・・それが言いたかっただけです。

 

Tyo_008 企業、その他もの。

ぜんぶ貰いもんです。

この頃は、こういうカンバッチをあっちこっちで買ったり、貰ったりしてましたが、今はどうなのでしょう。もうカンバッチなんてアイテムは古いのでしょうか。

2006/09/05

去年の思い出

「ウォーキングって楽しいらしいですね」と聞かれて、

「あんまり楽しくないです」と答えてしまいました。

なにしろ、歩くのが夜だし、同じ場所ばっかり歩くので、そういう感想になってしまったのですが、これが飛鳥路だとか、田んぼや畑や川があったりする場所だったら、楽しいのだろうな~と思ってしまいます。

で、その楽しくないのを、音楽を聴いて歩くことで誤魔化しているのですが、昨日はMDプレーヤーのバッテリー切れに気づかず持って行ってしまったので、聴く事が出来ませんでした。

仕方ないので、音楽なしで歩いていましたが、どうせ歩くならきれいな景色を想像しようと思ってるうちに、去年、日帰り夜行バスで上高地に行った時の事を思い出しました。

Cimg0022 適度なアップダウン、美しい景色。ウォーキング、登山をするために朝早くからやってきた人々の群れ。

爽やかな景色と空気を思い出しつつ、歩いていましたが、その日は、韓国からも若い人たちが大勢来ていて、すれ違うたび「おはようございます」と言うと、「アンニョンハセヨー」とか「こんにちはー」と返事が返ってきて、自然の中では国境はないなぁーと感動したのも思い出しました。

Cimg0030 私達夫婦は山小屋で折り返す7~8キロのコースを歩いたのですが、私達より、もっと年上の方は、慣れた様に奥のコースへと進んでいきます。「今年はあそこまで行こうなー」とか仰られていて、とってもパワフル。

あらためて中高年の方たちのパワーを知ったのでした。

結局景色より、そっちの方が強烈に思い出され、頑張っていつもどおりの距離を歩いたのでした・・。

2006/09/01

おみやげインターナショナル

Cimg1265 9月に入った途端、急に爽やかになりました。空を見上げれば、うろこ雲が浮かんで(昨日の空ですが)、秋の風情が漂います。また、そのうち暑さがぶり返すのだろうけれど・・・・。

息子が合宿先から、お土産を買って来てくれました。 伊勢の名物、赤福餅♪このほかにも幾つか。Tyo_002_1

で、息子が帰ってきた直後、近所の奥様からおすそ分けを頂きました♪すぐに息子のお土産でお返し。

主人がお知り合いのおうちへ訪ねたら、海外旅行(世界一周!!)のお土産を貰って帰ってきました。

娘もお知り合いからお土産をゲット。

と、言うわけで我が家にいきなりお土産がどっさり。

Cimg1291 ワイン(カナダ)、チーズクッキー(伊勢)、チョコレート(ベルギー)、メイプルシロップ(カナダ)、紅茶(スリランカ)、明太子(博多)、バウムクーヘン(滋賀)、オイルサーディン(宮津)。

このほかに地蔵盆で貰った(子供たちはすでに大きいのだけれど、お供えもっておまいりするといつも頂く)お菓子。Cimg1248

これだけあれば、地震が来ても大丈夫・・・な訳ないけれど、お菓子がいっぱいでうれしいな♪

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

すてきなブログ

お気に入りWEB

11月1日のはなし

  • Photo_7
    uluさんの童話に 絵を付けてみました。

お絵かき

  • 1a
    ウィンドウズのペイントで描いたお絵かきです。 拙い絵ばかりですが・・。

楽天トラベル

  • モーションウィジェット