ニコッとタウン

無料ブログはココログ

« 「大和」を見に(その2) | トップページ | MDこわれちゃった »

2006/04/12

「大和」を見に(その3)

ロケセットから尾道駅え向かう連絡船に乗り合わせた地元のご婦人から、「あんなハリボテに500円(入場料)払うんだったら、呉の「大和ミュージアム」で500円払う方が値打ちがある」と言ってくださったそうです。

事前に、「尾道と呉の両方見に行く」という事を一度は検討しました。でも、一日で周るには距離がある事、呉の方はずっと存続しているということで今回は尾道だけに絞ったんです。

ですが、そのご婦人の一言で主人は俄然行く気になっちゃったみたい。仕方ないので、付き合う事に。尾道で呉までの乗車券と呉から大阪までの乗車券を買いなおしました。その切符がこれ(駅員さんがいる改札を通って、記念にといって頂きました)。

Cimg0630 Cimg0631

Cimg0632

特急券も、同じ列車の広島からの指定席に替えて貰いました。3時発でしたが、まだ朝の10時台、十分余裕があると思ったのです。「変更は1回のみですが」と言われたのですが、あまり遅く帰宅したくなかったので、それで良いですと言いました。

山陽本線の尾道から三原へ行く列車はサクサク走ってました。三原から呉線に乗り換えのため、三原駅のホームに降り立ったのは10時40分頃。そこで、呉線の時刻表を見て愕然。

なんと、連絡駅である広までの列車はもう出た後、次の列車は11時58分。1時間以上待たなきゃ乗れない!!!電車は遅くても2、30分間隔位であるだろうという町住まいに馴れた者の浅はかな考えが甘かった。ついでに三原から呉までの距離もこのとき忘れていたのでした。

「ど~すんのよ、も~~~!!」とイレギュラーに弱い私はパニック状態。主人は、駅のサービスセンターに直行し、呉までに向かうバスとかないか聞いてみましたが、ないとの回答。仕方がないので、次の列車まで待つことにし、広島からの特急券の指定時間も替えてもらおうとしたら、「1度変更した特急券はもう変更出来ません」と言われてしまいました。

つまり、後の列車には乗れるが席の指定は出来ない、との事。3時には到底間に合いそうにないし、せっかくの指定料金が無駄になっちゃいました。

ぶ~たれたまま、三原で昼食をやけ食べしてる間に時間は過ぎ、列車に乗る時刻となりました。いかにもローカルな2両の電車です(うちの近所には1両の路面電車がw)。そこそこの乗客を乗せ広に向かいます。

Cimg0583 Cimg0584_1

Cimg0587 Cimg0588

のんびり、のんびり、ごとごと、ごとごと。各駅停車の電車は走ります。

ああ、いいなあ。こんなの。

新幹線の、車内トイレの行き帰りで感じた浮揚感も良いですが、ホントはこんな旅行がしたかったんだなぁー。しかも単線。さっきまでのぶーたれは何処へやら、です。

主人は窓の外をしきりに覗き、「あ~、あれ、僕の学校」と言いました。大学生時代広島あたりにいたことは知っていましたが、この沿線に学校があったとは。呉に行こうといったのもこの線に乗りたいから、かしら。でも、三原から呉までこれほど距離があったことは忘れていたそうです。

呉に着いたのは午後1時50分ごろ。

「大和ミュージアム」。

そこには、100分の1スケールの「大和」が鎮座していました。船の模型好きな人なら一度は訪れるだろうな~と感動です。

Cimg0606 Cimg0603

ここには、「大和」を建造するまでの日本の経緯、建造技術の発展に関する資料が多く展示されています。そして、その他の「兵器」も展示されていました。

「回天」もありました。

棺桶を背負った魚雷、そう見えました。見ていて涙が出ます。主人もタオルで顔をぬぐっていました。

多くの人々の手紙、記録。

「ハリボテよりこっちのほうが」と言われたご婦人は、虚構より現実を見て、と言われたのかも知れません。ともあれ、呉に来て良かったなと思いました。海軍工廠も見たかったのですが、またの機会にしようと思います。

帰りの新幹線、なんとか座れた自由席で殆ど寝てました。「お前、電車乗るたび寝とったやんか」と言われましたが。

最後まで読んで下さった方、ありがとうございます。

この旅行で学んだこと。

①ネットで列車予約するときは、特急券だけにして、乗車券は当日買いましょう。

②途中予定変更する事も考えて、ルートは2,3案考えておきましょう。

です。

« 「大和」を見に(その2) | トップページ | MDこわれちゃった »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ナニワさん 楽しい旅の報告をありがとう楽しく読ませていただきました。
ちゃんと事前にネットで調べて万全の計画立てても、ちょっと予定が変わるとこういうハプニングがおきちゃうんですね。
わが家の旅なんて、行き当たりばったりなのでいつもハプニングだらけです。

旅行ってこういうハプニングがあったほうが印象に残って楽しいのかも知れませんね♪帰って子供に報告したら、「またお父ちゃんの気まぐれかー」って笑ってました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36312/9548470

この記事へのトラックバック一覧です: 「大和」を見に(その3):

« 「大和」を見に(その2) | トップページ | MDこわれちゃった »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

すてきなブログ

お気に入りWEB

11月1日のはなし

  • Photo_7
    uluさんの童話に 絵を付けてみました。

お絵かき

  • 1a
    ウィンドウズのペイントで描いたお絵かきです。 拙い絵ばかりですが・・。

楽天トラベル

  • モーションウィジェット