ニコッとタウン

無料ブログはココログ

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005/12/26

クリスマスの晩餐

昨日のクリスマス、主人が朝早くから釣りに出かけ、カレイ8枚釣ってきました。流しに並べて写真をパチリ。まだ生きているのもいました。

CIMG0197

大きいのは23センチくらいあったと思います。数もその日では多かったそうで、堤防に舟を渡している船頭さんもポラロイド写真を撮ってくれたそうです。

クリスマスの晩餐はカレイになりました。

CIMG0203

CIMG0201

CIMG0202

大きいのは刺身に、小ぶりなのは煮付けに、残ったあらは油で揚げてほねせんべいにしました。新鮮なのでどれも美味でした。

2005/12/24

がんばれロボコン

昨日、NHKで放送した高専ロボコン全国大会、皆さん御覧になりましたか?

まるで映画「ロボコン」のような展開になってましたねー。家族で大いに盛り上がりました。
優勝した津山高専Bのロボットはもちろん高性能なのですが、予選では何故かその実力を発揮できずトラブルの連続。ところが、対戦相手も尽くトラブルを起こし、なんとなく「運」で全国大会にやって来たように放送されていたので、私たちもそれを真に受けてしまったのですが・・・。

しかし、今回は全国。「運」では先へは進めません。ところが・・・。何故か今回も相手がトラブル。あれよあれよ、と言う間に決勝へ。

何度もいいますが、その津山高専のロボットはすごい性能です。今回はロボコン競技の中でも難易度の高い障害物競走。はしごを潜り、平均台を渡り、ハードルを飛び越します。この競技ではロボットは落ちる、こけるの衝撃に耐える事が重要ですが、この津山ロボはさらにこけたら起き上がるという根性付です。

バトンを持ったリモコンロボがそれらの障害を乗り越えて、自走ロボにバトンを渡します。
自走ロボは、最後の難関、2メートル以上はあろうかと思われる垂直の壁のてっぺんの小さな穴にそのバトンを入れなければなりません。障害を乗り越えるだけでも大変なのに登攀までしなければならない今回は、高専ロボもかなりの技術力が必要です。夜遅く予選を見ていたという主人によれば、まともに動いたロボは僅かだったそうです。

さて、決勝の相手は東京高専Aのロボット。こちらは最初からその高性能ぶりを発揮し、スピード、機能共に優れ他を圧倒して決勝に臨みます。

勝負は最初から見えていました。東京ロボのスピードと安定感、誰もがこのロボの勝利を予想したでしょう。

ところが。

今まで完全ノーミスだった東京ロボ、平均台で違反があったとリトライ宣告が。

その間に大きく遅れを取っていた津山ロボ追い上げます。ところが、東京ロボ、リトライ平均台も難なくクリア。あっという間に遅れを取り戻します。そしていち早く自走ロボにバトンが渡りました。そのとき津山ロボはまだ平均台を渡りきっていません。

これで決まった!と見ている私たちは思ったのですが・・・。

ところが。

ここから、見ていた私たちは全員「うっそ~~」と叫びました!!

なんと東京の自走ロボ、制御不可能。壁を登らずあらぬ方向へ走っていきます。その間に津山ロボはバトンを穴へ投入。優勝です。すごい。すごすぎ。「ロボコン2」これで決まり、といった感じ。ここまでやられると「運」も勝負の内といわれても納得できます。

まあ東京ロボは「ロボコン大賞」とってましたけどね。

2005/12/22

雪がつもりました。

CIMG0194

といっても1センチもないですが。

朝、起きると風がごうごうと鳴って横殴りの吹雪。家や車の屋根は真っ白。正月前の雪なんて最近ないですからちょっとはしゃいでしまいました(この雪で困ってる方もいるというのに・・・ごめんなさい)
ところが、近畿地方はあちらこちらで停電が起き、大阪の地下鉄も一時ストップしたりして、今度はちょっとあせり始めたり。

もし、我が家の周辺が停電してしまったら。
暖房器具は電化製品のみ。石油ストーブは子供が小さい頃危険だからと片付けてしまいました。

暖を取るためには、
①生協で買った「防災毛布(薄い銀色の布です)」が人数分あるのでそれを使う。
②お風呂を目一杯あっためてサウナ状態にする。
③家族みんなでおしくら饅頭で過ごす。

そんなことをあれこれ考えているうちに、お昼前には雪はとけてしまいました。

2005/12/21

雨柱?雪柱?

毎日寒いですね。

昨日の夕方、空全体が赤く染まっているのに気づきました。
ベランダに上がってみると、はるか遠方にある雲から赤い柱が地上に伸びていました。
CIMG0189

おそらく、そこでは雪か雨が降っているんでしょう。
それが夕焼けの光を反射して空を染めていたんですね。
ちょっと不気味な景色でしたけど珍しいものを見た気がします。

雨柱とでもいうんでしょうか。じゃあ雪なら雪柱。霜柱は土の中。
周りに水気を含んだ土がないので、霜柱なんてうん十年ご無沙汰です。あのしゃりりっしゃりりっとした靴の裏の感覚をもう一度味わってみたいなぁ。

2005/12/19

ありがとうございます。

カウンターが1000を越しました。
訪れて下さった方々、本当にありがとうございます。

まだまだ下手な文章しか書けませんが(写真も下手)、どうぞこれからも宜しくお願いします。

男たちの大和

「男たちの大和」観てきました。
初日だったので、指定席制の座席は当然満席で、中高年の方が多かったですが、学生さんも結構観に来ていました。

全体的な構想は「タイタニック」を想わせます。ある出会いが生き残った乗組員の回想を導くといった感じで。

やっぱり、実物大の威力は絶大ですね!甲板とか司令塔とかを俯瞰、鳥瞰等様々な視点から見せるので、大きな砲台やその下で動き回る小さな人びとがそれぞれ存在感を持っています。

悲壮感はあんまり感じませんでした。20数年前、中井貴一がデビューした「連合艦隊」は全体的に重苦しい感じだったのに対し、「男たちの大和」は爽やかな感じがします。炊事担当責任者(役職はなんていうんでしょうか)をメインに据えているため、艦上での生活感を感じる事が出来ました。(衛生面はどうなってるのかなと一瞬思いましたが、海上の釣堀と同じと考えればいいんでしょう・・・人数半端じゃないですけど)

後半は当然激しい戦闘シーンがずーっと続きます。「連合艦隊」に比べて、CG等映像技術の向上と、実物大のセットがより一層克明に、破壊されていく巨艦の姿を描きます。艦上の人びとはパニックに陥りながらも自分の持ち場を離れません。未だ幼さの残る15歳前後のたくさんの少年兵達が命を落としていきます。
僅か60年前に起きていた出来事です。私は完全な戦後生まれなので、戦時中の出来事を身をもって知ることは出来ません。ただ、このような情勢下に於いてでも、頑張って生きていた人びとがいて、そうした人たちが日本を復興させて来たのだということをこの映画に感じました。

ネタバレを1つ。機関室への浸水シーンはなかったです。閉所恐怖症(?)なので、この手のシーンは苦手なんです。

2005/12/15

年賀状早よ出せキャンペーン

今日から年賀状の受付がはじまり、ポストの投函口も年賀状用に変わっています。

人事みたいに言ってますが、年賀状買っただけでまだなんにも準備してません。

事務所用 230枚。
義父母用 170枚。
自宅用 70枚(少なー・・)。
娘用 ?枚。
息子用 ?枚。

まだ名簿の確認もしていないよーどうしよう。事務所用は宛名印刷だけでいいんですが。
これからプリンタは大忙し。きっちり働いてもらいます。そういえば去年の今頃HP製のプリンタが、はがき印刷が出来なくなり急遽○ジマに買いに走りました。今年はそんなトラブルがない様祈るばかりです。

05121514

郵便局で年賀状買うとこんな応募はがきがもらえます。左右切り離して使います。
「ご購入キャンペーン」 50円はがき貼って出します
「早出しキャンペーン」 15日から24日までに年賀はがきと一緒に出します。

切手代が勿体ないので後者で応募。去年はこれを出し忘れたので今年は必ず一緒に出します。

2005/12/12

模試の帰り道

昨日五木模試の会場がある河内長野へ行ってきました。

会場は小高い丘の頂上にあり、通学路も緩やかな斜面に沿って続いていました。

05121107 05121107 受験生を送り届けた帰り、来た道とは違う道があるのに気づきそちらから降りていきました。こちらは道路ではなく、ひたすら階段が続く「帰りはよいよい行きは怖い」の通学路なのでした。でも公園の中を通り抜けているらしく、眺めは綺麗で、この学校の生徒さんたちは日ごろ四季折々の景色を楽しみながら通学しているんでしょうか。でもこの階段はきつそう。

2005/12/10

来年のカレンダー

事業所の来年のカレンダーを配る季節になりました。

毎年100本。配るところは殆ど決まっていて余りは出ません。

今年もウチの事業所には不況の北風が吹き荒れましたが、外でも風はきついらしく、貰うカレンダーの数も年々減っています。

05121014 05121014  そんな中、カレンダーを配ったお得意さんから、逆にカレンダーを頂く事があります。今年もお得意さんの支店さんから頂きました。

本店、支店さんの広報カレンダーですが、頂くとやっぱり嬉しいです♪

                  

2005/12/05

丸見えターン

新しい洗濯機くん(さんでも可)を紹介します。

05120508 前任者さんは「愛妻号」という洗濯は女房の仕事だと云わんばかりのお名前でしたが、最近は洗剤のCMにも女性の姿はあまり見かけない、という風潮を気にしてか、「全自動洗濯機」というそのまんまのお名前です。

この「全自動洗濯機」略して「全」くんは御覧のように蓋の1部が透明で、脱水時の中が見え、2槽式しか知らない我が家にとってすごい見ものでした。見ている内に、脱水機とは遠心分離機である事にも気がつきました。すごい発見です。

05120509 そして、設定すれば、お風呂から残り湯を内蔵ポンプで汲み上げ使ってくれます。おまけに冷風乾燥まで付いてます。体操服が乾いていなかったので、早速使いました。ジャージ上下で1時間とのことで、半そで体操服をそのコースで乾かしました。結果は・・・「ビミョー」。冷風なので完全に乾ききらない事も、と説明書に言訳(?)が。やっぱ乾燥はドラム式か・・・。

ふだんから全自動使ってる人から見たら、なんのこっちゃと思うだろなあ。

2005/12/02

洗濯機がこわれた

今朝洗濯機が故障しました。

最近回転音がおかしいなあと思っていた矢先の出来事、しかも洗濯物はMAX状態でのブロークンにしばし唖然。早いかなと思いつつ9時前にいつもの電気屋さんに電話をすると、お店は開いててご主人は昼前に来てくれました。

モーターがもうだめとの事で、薦めてくれた新しい機種は、いま流行の乾燥付きドラム型洗濯機。

うっひょー、最先端!!

壊れた洗濯機も2槽式という、電化製品は常に2歩も3歩も遅れている我が家に、ついに最先端機種が!!!

が、問題発生。この機種を導入すると、間取りが狭い我が家の脱衣場の殆どを占領してしまう事が発覚。でも最近購入されるのは8割がたこのドラム型ですよ、と電気屋さんは仰る。

しかし、脱衣場はやっぱり必要。スッポンポンで隣の台所に立ってるわが姿はあまりにも情けない。で、最先端ではないけど最新型の全自動洗濯機を買うことに。

さらば最先端。メーカーさん、今度買うときまでに狭い場所でも使えるドラム型作ってね!(その時は既に次の最先端機種が・・・)そういえば以前洗濯機に最洗ターンというのがあったな・・・ふっ。

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

すてきなブログ

お気に入りWEB

11月1日のはなし

  • Photo_7
    uluさんの童話に 絵を付けてみました。

お絵かき

  • 1a
    ウィンドウズのペイントで描いたお絵かきです。 拙い絵ばかりですが・・。

楽天トラベル

  • モーションウィジェット