ニコッとタウン

無料ブログはココログ

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005/11/30

清少納言

あるブログのコメント欄に、ある作家の作品名を出して、あなたの姿勢はこの作品の主人公のようだ、と書き込んだところ、その主人公の名を出して謙虚に答えて下さる。

こういうやりとりがあると、ああ、この人この作品知っているんだ(もちろん知っているだろうと予測してコメントしているのですが)と、解って貰える嬉しさ。そんな気持ちを求める人が多いからこそブログがこれだけ発達したのだと思います。

田辺聖子の「むかし・あけぼの 小説枕草子」を再度読み終えました。なぜ再度かはこちら

タイトルどおり清少納言の「枕草子」を小説化した作品ですが、角川書店の「野生時代」に連載されたらしいこの小説は、そのフィールドに合わせた明朗快活な作品です。

家に閉じこもるだけの人生はしたくない、と夫の則光に宮仕えを申し出て、10年後にようやく許しを得ます。彼女のお父さん、おじいさんは共に有名歌人。お父さんに教えてもらったり、家ある彼らの作品やら資料やらを読み齧って育った彼女は、宮中において培ったそれらを開花させます。

それを、しっかり受け止めてくれたのが、宮中サロンの女あるじ、定子中宮でした。その「ツーカー」(原文ママ(笑))のやりとりに酔いしれる彼女は、このあるじと運命を共にすることを誓います。そして華やかな宮廷ぐらしが始まるのですが・・・。

貴族以外は人間じゃないと言い切る彼女がやりこめられると、庶民の自分はザマーミロ、と思ってしまいますが、それでも憎めないキャラクターなのです。

清少納言と紫式部はよく対比され、どちらかというと清少納言は世間一般的にウケが悪いです。男社会に出喋って自分の教養をちらつかせる厭味な女だと言われますが、この小説では田辺聖子は清少納言の弁護、というか、彼女が何を求めて男社会に交わったかが描かれます。

ちょっと違うかもしれませんが、私たちのブログでの発信と、清少納言の宮中での発信は似ているような気がするのです。

2005/11/27

プログラムの追加と削除

ウィルス対策ソフトの有効期限が切れたので、バージョンアップ版の購入を勧められダウンロードしていたものを、昨日インストールしようと思ったら、先のバージョンの削除を要求されました。

コントロールパネルから「プログラムの追加と削除」の項目に入り、アンインストール。さあ、次は新バージョンのインストール。ところが。削除されていないとのメッセージが。さっきちゃんとやったじゃん、とプログラム項目を確認すると、確かにソフトメーカーのアイコンが残ってる。それもクリックして削除しようと思ったら、まだそれを使用するアプリケーションが残ってるだの、インストールに致命的なミスがあっただのと言って削除出来ません。

ソフトメーカーに電話しようと思ったら、土曜で休み。サポート対策は土日祝日関係ないだろー、とは自分勝手な言い分。で、翌日の今日、パソコンメーカーのサポートセンターに電話。ここは土日祝日関係なし24時間体制でサポートしてくれ、おまけに10回までなら無料で相談に乗ってくれます。今までに何度お世話になったことか。

しかし、結果はソフトメーカーに聞いてください、とのこと。やっぱりね。

で、気を取り直し、ソフトメーカーのHPにアクセス。何か対策方法載ってないかと探したら、やっぱりありました。コントロールパネルで削除出来ないときは、メーカー用の削除ソフトがあるんです。早速それをダウンロード。見る見る内に残ってたモノを掃除していきました。

ああやっと。悪戦苦闘の末ウィルス対策ソフトの新バージョンをインストール出来ました。こういう事は時間に余裕がある時にやったほうがいいですね。時間に追われるとあせってしまって余計上手くいきません。

でも、新バージョン、結構うるさいわぁ。守ってくれるのはいいんだけど。

2005/11/24

写真の写真

05112413 日曜に行った箕面勝尾寺の写真が出来上がったのを、デジカメで撮ってみました。

ちょっとまぬけ。

2005/11/22

節操なくてすみません

またまたデザイン変更してしまいました。

くじらさん気に入ってたんですけど・・・。

これで決定!とは限らないかも知れませんが、どうぞ懲りずにお付き合いください。

2005/11/21

お札をもらいに参ります

合格祈願のお札をもらいに行って来ました。

京都の秋も見たかったので、北野天満宮に行こうよ、とダンナに言ったらば、「市内でいい」で片付けられ、車は市内の天満へ。ところが近くまで来ると、何故か車は北上を始め、いつの間にか箕面の滝へ。「気が変わった」んだそうです。そうならそうといってくれれば、カメラ持ってきたのにウギー!!!と言っても後の祭り。きれいな紅葉は記憶のカメラで撮りました、ううう。2車線の道路は一方通行で、滝に近づくと1車線を駐車場にしていました。既にすごい数の車が止まってます。

目的はここではないので、スルーして、箕面の勝尾寺へ。

駐車料金と拝観料金きっちりはらって、お札と必勝アイテム購入。もちろんお土産のもみじカステラも。(広島のもみじまんじゅうのようなお菓子です)

05112113

←五角(合格)えんぴつ。英国社数理5本入り。

抹茶とお菓子でティブレイク後、途中の分岐から、更に北上。妙見山まで行ってしまいました。ダンナの気まぐれドライブ、いつもこんな感じ。駐車料金も拝観料もなくきれいな紅葉見れました。星嶺のなんとかという五稜郭を立体にしたような建物が出来ていて、そこでフルートとピアノの演奏に聞き入りました。毎月1回催されているそうで、次回は山深い寺ゆえ3月からとの事。

お寺巡りできて良かったなーというダンナの横で、カメラをかばんに入れる癖をつけよう、と心に誓った一日でした。

2005/11/18

しし座流星群

今、夜空は1年で一番きれいな季節ですよ~。

昨晩から今朝にかけて、しし座の流星群が極大を迎えていたそうです。4年前の大出現の時は爆睡して見れませんでした。

昨日は夜9時過ぎに歩いたのですが、流星の放射点であるしし座がまだ昇っていなかったのと、薄綿のような雲がずっと流れていたので確認出来ませんでした。

頑張ってしし座が昇る0時過ぎまで起きてベランダから見ていましたが、結局1つも流れませんでした。やっぱり明け方かな。そこまで起きる気力なし。夏のベルセウス座は公園歩いていても2、3個見ることが出来たのに。

でも、空は澄み渡り、少し欠けた月、火星、シリウスなどがくっきり。

すばるは、傍を月が通過していたので、煌々とした光に隠れてしまって星の数を数えることは出来ませんでした。

2005/11/17

冬の夜空

べは寒かった・・・。歩きに出るのがだんだん億劫になって来ますが、ここで負けてはいけません。

でも、寒い日の夜空というのはどうしてあんなにきれいなのでしょうか。折りしも月は満月、その月に照らされてか雲の白さもなおさら。それらが全てくっきりはっきり見え、空を仰ぎながら歩いてました。

でも、寒いものは寒い。イヤーマフ、手袋そして外套のミ○ノのブレ○サー○は必需品です。後は寒さに負けない勇気をくれる音楽。今半額やってるのでまたレンタルしてせっせとMDに入れなきゃー。

2005/11/15

遅読書の秋

図書館で本を借りたいのですが、自慢じゃないですが、すっごい遅読なんです。

図書館で借りられる期間は2週間。でも、行ったからにはあれも、あ、これもと、ついたくさんの本を借りてしまい、結局読みきれず返却なんてこと数知れず。

結局、期間に捉われずにゆっくり読みたいので、本屋か古本屋で買ってます。

古本も安いから、と、まとめて買うのですが、こんどはそれが山になる。整理すればいいんだけれど、お気に入りの本をついうっかり捨ててしまったり、なんてこともあるので中々出来ません。本屋さんで買った田辺聖子の「むかし、あけぼの」の上下巻のうち上巻をそうやって失くしてしまいました。

でもこの間、失くした上巻を古本屋で見つけ、また買ってしまいました。今読み直していますが、やっぱり面白い♪

2005/11/14

やあ、いらっしゃい。

CIMG0120 今年も渡り鳥たちが渡って来ました。

10月の半ばあたりにはもう居たのですが、やっと写真に撮れました。

公園に散歩にくる人たちが、パンくず等を池にまくと、最初はおずおず、やがてずーずーしく食べてます。野鳥は団体さんでは鴨のほかにムクドリとか。アオサギ、ゴイサギなども時々見かけます。あ、スズメも野鳥ですね。昼間、運がよければアジサシがホバーリング&ダイビングしているのを見ることが出来ます。

でも、1羽名前が分らない鳥がいるんですね。夜に時々池のほとりでぼ~っとしているのを見かけます。ガチョウかな?見かけるときに限ってカメラ持ってないんですよね。でも夜中なのでフラッシュたいたら鳥さんびっくりするだろうな。

2005/11/09

ススキの怪物

だんだん夜歩き日記となりつつあります。

春からず~と見ている不思議な植物。夏の終わりごろからず~っとこの姿です。なんという植物?
葦?とうもろこし?ススキ・・にしてはでかい!3メートル近くあるんですよ~。

05110822

夕べは下弦の半月が西の建物の間に沈んで行くのを眺めながら歩いてました。
地平線の天体がでっかく見えるのは対象物があるせいだ、といわれていることを思い出しながら赤みがかった月が沈んでいくのを見てました。写真はもちろん撮りました。で、撮れた写真を見てふっとため息つきましたともさ。ああ~、月の写真撮りたい。


星座の高度が上がって、大好きなオリオン座がますますはっきり見えてきました。三つ星の下のオリオン座星雲も良く見えます。
すばるの星がいくつ見えるかで、その場所の観測状態がわかるといいますが、昨日はよ~く目を凝らして三つ見ることが出来ました。


2005/11/07

もみじは紅葉

日曜ごとに雨。

やンなっちゃうな。紅葉でも見に行こうか、と思ってたのに。

最近テレビで雑学ものが流行ってますが、「もみじ」と「かえで」の違い。知ってました?
かえで、といったら、カナダの国旗。だから、三つ葉が「かえで」で五つ葉が「もみじ」!とテレビに向かって回答しました。

ぶー。

答えは「もみじ」は紅葉した葉、「かえで」は木の種類。だからかえでだろうが、桜だろうが、うるしだろうが紅葉すればみなもみじ。

ほ~。ひとつ賢くなりました。


05110715


「かえで」は五つ葉とは限らないようで・・・。

2005/11/04

秋の一日

CIMG0089

文化の日に、上村松園生誕150年を記念した展覧会に行ってきました。

近鉄奈良線の学園前駅からバスで10分ほど、きれいな公園と池に囲まれた閑静な場所にある松伯美術館で、松園の息子さんである日本画家の上村淳之氏が館長を務められています。

CIMG0076

CIMG0081

学生時代から大好きな画家でしたので、今回実物を見られて感激です。
切手にもなった「序の舞」があれほど大きな作品だったこと、模写したこともある「雪月花」、「花がたみ」の花籠のなんと美しいこと。

初々しい少女の顔、妹を思いやる顔、娘を見守る顔、死に臨む顔、狂気の顔。
大和絵で描かれる様々な表情。鬢の美しいこと。何度も何度も巡回し、堪能しました。

昼過ぎ美術館の玄関を出ると、少し雨模様の庭の散策路にホトトギスが咲いておりました。
落葉樹がきれいに色づき始めていました。

CIMG0086

あいかわらず、下手な写真で申し訳ないです。

2005/11/02

骨煎餅

夕べは炬燵に勝ったぞ!!!
というか、足を入れなかっただけだけど。いつまで続くやら。

昨日、義母が小アジを15尾ほど買ってきてくれました。
とんかつの心積もりだったので、そのままアジフライに移行。残った豚は今晩網焼きで大根おろしでもかけて食べようかと。

骨煎餅が上手く出来ました。
アジは3枚におろし、はらわたと頭は捨てて身と中骨を残しておきます。
中骨に軽く塩して、小麦粉まぶしてやや強火で揚げながら、その間に身に塩コショウしてフライの衣付けをし、終わった頃中骨を取り上げます。
 
やっぱり骨煎餅は強火長時間がコツです。あ、語呂が合った。
何時もは骨の硬さが残るのですが、昨日のはサクサクでした。嬉しい。
骨の方がおいしいとまで言われ、ちょっと複雑。


2005/11/01

たかが炬燵されど炬燵

事務所にある真四角な椅子のカバーが出来たので置いてみました。

CIMG0072

殺風景な事務所なので、これで少しでも華やかになれば・・・と思っているのですが、これに気づいてくれたのは義母だけ。でも「いいねー」っていって呉れたので。デザインは高橋恵子先生の本を参考にしました。

昨日はハロウィン。

娘が「トリックオアトリート」って言って、というので、その通り言ったらお菓子をくれました。
逆じゃないのか。娘よ。でもありがとう。

こちらに、「万聖節の前夜祭。古代ケルトが起源で、秋の収穫を祝い悪霊を追い出す祭り。アメリカでは、カボチャをくり抜き、目鼻口をつけた提灯を飾り、夜には怪物などに仮装した子供たちが「Trick or treat (いたずらかお菓子か)」と近所を回り菓子を貰ったりする。(All hallow's Eveともいう )」とあります。ハロウィンと聞くと、以前アメリカで日本の男子留学生が訪なう家を間違い、その家の主に射殺された事件を思い出します。悲しい事件でしたが、アメリカの銃社会に一石を投じた事件として語り継がれています。

お菓子をくれた娘は今受験生。

彼女の為に炬燵を早めに出しました。さっそく使ってくれてるのはいいんですが、思わぬ弊害が。

夜、歩きに行く前「ちょっとだけ」と炬燵に足を突っ込めば、もう底なし沼。出れません~~~。

今何時?と傍にいる者に時間を聞きつつ、もう行かなきゃ、もう、の繰り返し。時間だけが過ぎていく・・・。気が付けばタイムリミット。ああ~~。

炬燵はウォーキングの敵だ!

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

すてきなブログ

お気に入りWEB

11月1日のはなし

  • Photo_7
    uluさんの童話に 絵を付けてみました。

お絵かき

  • 1a
    ウィンドウズのペイントで描いたお絵かきです。 拙い絵ばかりですが・・。

楽天トラベル

  • モーションウィジェット