空を見ることが好きな僕は、今日も公園のベンチに座って空を見ていた。
しばらくすると空に浮かんだ雲が、何かの形になってきた。
大きく目を見開いて様子をみていると、どこかの島のようになってきて、
その真ん中で一瞬『キラッ』と何かが光った。
もしかしたら、宝の島かもしれないぞ。

ふと気が付くと、なんと僕は、その島の海岸に立っていた。